カテゴリー別アーカイブ: レンタルサーバー

レンタルサーバーというと、大体の人が思いつくのがブログといった提供会社になると思います

レンタルサーバーというと、大体の人が思いつくのがブログといった提供会社になると思いますが、今のレンタルサーバーは、ブログだけではなく写真などを保存するアルバムといった場所を提供したりしている場合でもレンタルサーバーといえます。

今回、このサーバーについてのメリット・デメリットそして特徴をご紹介します。
このレンタルサーバーのメリットはまず、多くのサーバーは無料で使用できるという事です。
その中で、広告を張り付けたりして宣伝させてくれるなら無料で使用できますよという条件や中には一部有料化して、提供しているサーバーもあるため、少し前に比べいろんな会社からいろんな提供場所が増えているのが
現状です。

また、メリットとしてはこれらの役割として一つのパソコンやスマホ等から複数の人に向けて発信できたりするためこちらが最も大きなメリットといえます。
他にも、その逆といって複数のサーバーから一つのパソコン等にまとめて送れそこから保存したり、発信したりする事が
可能になっていたりするのがもう一つのメリットと言えるでしょう。

続いてのデメリットは、そもそもレンタルサーバーには有料と無料があり、有料版だとサービス等の終了リスクや月額いくらで契約した場合、一年置き等で再契約をしたり月額を支払ったりしないといけないという少し面倒なデメリットがあります。

また、これらがあるおかげで本来無料で入ってくるバーナーや広告等の乱入等を防いだり、迷惑メールやウイルスといった物からもb少なからず対処でき、無料のより安心して使用できたりする場合があります。

これらは、本人が求めてるスペック含め自分がどの会社のサーバーを使用したいか。
また、どのサーバーを使用しこれらら使っていきたかでかなり、変わる事があります。

そのため、自分に合ったサーバーを使用する事が大切になってきます。

有料のレンタルサーバーを利用するメリットは?独自サイトを作りたい方へ

01

 

ホームページを作成する時に重要なのはアクセスを集めることです。

YAHOO・GOOGLEといった検索エンジンはドメインを取得することも推奨しており、評価する対象としています。そのため、個人、法人、趣味、アフリエイトサイトまで独自ドメインを取得したWEBサイト方を作る方が多くなっています。

独自ドメインを取得しWEBサイトを作るには有料のレンタルサーバーを利用する必要があります。

また、有料のレンタルサーバーは、無料ブログと異なり自分の独自のホームページをつくることができ自由にカスタマイズできることが魅力ですね。

無料のブログだとテンプレートが基本で人と同じようなWEBサイトになりがちです。

独自性があるものを作りたい方は独自とメインを取得し、有料レンタルサーバーを借りるのがベストだと思います。

また、有料のレンタルサーバーは、複数のメールアドレスを取得できるのもメリットですね、

レンタルサーバーを選ぶ基準は?慎重に選びたい方はこちら

server

レンタルサーバーを選ぶ場合には、長く将来的に運営するかどうかということがポイントになります。

URL が途中で変更になるのは高いリスクがあります。

それまで訪問していたユーザーの人たちに対して、手間を余計にかけるようになります。

 

また、最悪の場合には、訪問しなくなる場合もあるでしょう。 そのため、慎重にレンタルサーバーは選ぶ必要があります。 当然ですが、会社のサイトを制作しようと思っているような場合は有料のレンタルサーバーが必須です。

身内だけに見せるような個人のサイトの場合には、無料のレンタルサーバーでいいでしょう。

また、とりあえずサイトを作ってみようというような場合には、無料のレンタルサーバーを利用してもいいでしょう。

、信用度ということでは、有料のレンタルサーバーが非常に有利でしょう。ユーザーがサイトを見た場合に、レンタルサーバーが無料で、しかも広告の無料のレンタルサーバーにあるようなものが掲載されていると信用できないでしょう。

レンタルサーバーの無料と有料の違いは?メリットデメリットのまとめ

server

 

無料のレンタルサーバーのメリットとしては、無料であることです。

また、デメリットとしては、表示する速さが遅い、容量が大きくない、商用で利用できない場合が多い、データが大きい場合などは断られることもある、広告を貼る必要があることも多い、何かサーバーにあった時でも、サポートを期待することができないことがあります。

 

一方、有料のレンタルサーバーのメリットとしては、マルチドメインというドメインを複数登録することができるものなども対応可能な場合が多い、無料のものに比べて表示速度などが安定している、

メールアドレスが自分のドメインで持てる、広告などが表示されない、充実したサポートがあるところが多いことです。

また、デメリットとしては、お金がイニシャルコスト・年間費などにかかることです。

アクセスが大量に見込めるWEBサイトは転送量に気をつけるべき

13

 

アクセスが大量に見込めるWEBサイト構築予定の方は、レンタルサーバーを比較する場合は、転送量に注意すべきです。

転送量というのは、どのくらいのファイルを月に表示できるかということで、転送量が多いかすくないか?によって表示速度が変わってきます。

 

転送量はファイルなどをアップする際にも使用しますので、情報量の多いWEBサイトはできるだけ転送量の多いレンタルサーバーを選ぶ必要があります(ただ、アップロードする場合と比べて表示速度の転送量は非常に少なくなります。)

 

昔はこの転送量も大切でしたが、現在ではそれほど大切ではありません。

容量と同じように、レンタルサーバーの激安の場合でも、転送量を十分に準備しているためです。

 

ただ、アクセスが大量にあるようなウエブサイトを作りたいのであれば、この転送量が大切になってきます。

大量にアクセスがあるようなウエブサイトを作る場合に、レンタルサーバーを比較するのであれば、転送量に注意しましょう。

レンタルサーバーの表示速度は転送スピードをみるべき

123

 

レンタルサーバーのスピードというのは、主としてファイルを表示する転送スピードです。

 

このレンタルサーバーのスピードは、速いほどホームページを快適に見ることができます。

また、ウエブサイトをオープンソースのブログソフトウェアで制作するのであれば、スピードも大切になってきます。 しかしながら、レンタルサーバーの仕様に、スピードについては記載されていない場合がほとんどです。

そのため、実際にレンタルしてみなければ分からないということがあります。

 

また、レンタルサーバーが同じ場合でも、遅い場合と速い場合があるため、運不運があります。

スピードと価格は一般的には比例しますが、安いにも関わらず速いサーバーや、高いにも関わらず遅いサーバーが中にはあるため注意しましょう。 しかしながら、レンタルサーバーの有料の場合には、レンタルサーバーの格安の場合でも「使用できない」くらい遅いものはないため、それほど心配はいらないでしょう。

初心者がレンタルサーバーを選ぶ基準と比較するポイントは?

まず、レンタルサーバー初心者価格がおそらく最も気になるでしょう。
イニシャルコストと月額料金を一緒に比較する場合がほとんどです。
レンタルサーバーの月額料金としては、100円程度の安いものから数万円程度のものまであります。
1000円程度以内の月額料金であれば、レンタルサーバーとしては格安と言えるでしょう。
イニシャルコストについてはレンタルサーバーの格安の中でも違っていますが、相場としては1000円~3000円程度で、イニシャルコストが無料のものもありますが、非常に稀です。
容量は、どの程度のファイルをレンタルサーバーにアップすることができるか?その大きさを表しているにすぎません。
昔は容量は大切なポイントでしたが、現在ではそれほど大切なポイントではありません。
というのは、現在ではレンタルサーバーの激安の場合でも、容量が10G程度準備しているためです。
そして、容量が10Gの場合でも、よほど動画や写真をアップするサイトでなければ問題ありませんね。

海外レンタルサーバーよりも国内レンタルサーバーの方がおすすめ

国内サーバーのメリットとしては、サポートは日本語で行ってくれる、運営が日本の国内の法律に則って行われている、テキストコンテンツが文字化けするようなリスクはない、海外サーバーに比較して決済する手段がいろいろある、などが挙げられます。

国内サーバーのデメリットとしては、通貨価値が単純に違っていることや、激しい価格競争の違いがあると考えられるが、機能が同等のものでも海外サーバーに比較して価格のサービスが高くなる、海外に顧客の多くがいるケースでは、地理的なサーバーの距離が遠くない方が有利に接続スピードがなる可能性がある、日本においては設置が難しいようなコンテンツを置くことができることがある、顧客に対して海外へ展開することを検討しているようなイメージを与える恐れがあるかもしれない、などが挙げられます。

やはり海外レンタルサーバーでは上記のような日本では当たり前のことが当たりまえではないため、中小企業ホームページでは国内レンタルサーバーの方がおすすめできます。

国内サーバーと海外サーバーのそれぞれのメリットとデメリット

レンタルサーバを利用する場合、国内サーバーと海外サーバーがあります。
では、国内サーバーと海外サーバーのどちらを利用する方がいいのでしょうか?
海外サーバーの場合は、英語に全てなっているため、英語が理解できるかどうかがまずは国内サーバー、海外サーバーを選ぶ一つの基準です。
国内サーバーと海外サーバーのそれぞれのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

国内サーバーのメリットとしては、日本語でサポートしてくれる、転送スピードについては多く国内の顧客がいる場合は速い接続スピードになる、データを緊急時に取り戻すことが簡単である、ということが挙げられます。
国内サーバーのデメリットとしては、高い維持費であることが挙げられます。

一方、海外サーバーのメリットとしては、価格帯が同じ場合は機能や自由度が優れている、反応スピードについては多く海外の顧客がいる場合は速い接続スピードになる、安い利用料である、ということが挙げられます。
海外サーバーのデメリットとしては、信頼性が高くない、中継点が多いため転送スピードが遅い、ということが挙げられます。

格安レンタルサーバー比較表一覧

 

>>ロリポップサーバー詳細はこちら

 

ロリポッププランは、月額105円~導入できる超格安レンタルサーバーです。

ロリポッぷの特徴をまとめると下記のようになります。

ロリポップサーバーを導入してみて


ロリポップの最大のメリットはというと、やはりリーズナブルということでしょうか。ですので、レンタルサーバーをちょっと使ってみたい人にはおすすめだと思います。

コロリポプラン、ロリポプラン、チカッパプランなどのプランが用意されていて、用途に合わせて選びやすくなっています。それぞれのプランの比較表も掲載されているので、用語がある程度わかる人であれば、自分に合ったプランを選べると思います。

最も安いのはコロリポプランで、月額たったの105円なんですけれども、それでも商業利用が可能で独自ドメインも使えて、MovableTypeもWordPressも使えるのはとても有り難いですよね。ですので、まだ何がやりたいかわからないけれども、とりあえずホームページをつくって公開したいという人にとっては、おすすめのプランと言えると思います。

公開されているマニュアルもかなり豊富で親切ですので、ある程度パソコンが使える人であれば、使いやすいレンタルサーバーと言えるのかもしれません。

ただ、デメリットもやはりあります。これはどこのレンタルサーバーも同じなのかもしれませんけれども、とにかく専門用語だらけなんですよね。
しかもロリポップの場合、メールサポートのみで電話サポートが存在しないため、パソコンのことがあまりわからない、レンタルサーバーもまったく初めてという初心者の方にはあまりおすすめできないと思います。

また、独自ドメインの取得は、運営会社は同じでも「ムームードメイン」という別のサービスになっているのも不便に感じることがあります。慣れてしまえばどうということはないとは思いますけれども、初心者の方にとっては、難しく感じるかもしれませんね。

 

>>ロリポップお試し無料30日間はこちら