カテゴリー別アーカイブ: トレードの基礎

リスクオフの荒相場


バラックです。

前回、9月の利上げはないとマーケット参加者の
多くが判断すれば、ドル円は120円を割り込んでも
おかしくないと書きましたが、これを書いている
時点では、まさにそのとおりの展開になっています。

現在USD/JPYのレートは、200日移動平均線のある
119.700アラウンドです。

今回の急激なドル/円の乱高下は、中国が発端となった
世界同時株安を受けて

9月の利上げ観測後退によるドル売り
リスクオフによる円買い

という、2つの要素が重なったからだと思います。

そのため、ユーロもポンドもスイスフランも豪ドルも
皆、円に対して値を下げたのです。
その後、EUR/JPYだけは、何とか値を戻してきましたが。

さて、今回の相場の動きから、特に初心者の方に
覚えておいてほしいのは、以下の3点です。

① 相場は一瞬で乱高下することを知っておく。
② 相場にはオーバーシュートがあることを知っておく。
③ 逆指値注文は万全ではないことを知っておく。

①が起きる理由は単純です。
直近の安値とか、移動平均線やトレンドライン付近など
チャートポイントの前後には、ストップロスオーダーが
溜まっているからです。

今回のドル/円相場も、120円を割ったと思ったら、
いきなり大陰線を出して、116円台を割る寸前にまで
下落しています。
それは、ほんの数分間の出来事です。

多くの逆指値注文が発動し、売り注文が殺到したため
いきなりの大陰線となったわけです(たぶん)。

そして、そんな時はパニック状態でもありますから、
売りが売りを呼び、レートはとてつもない勢いで
急騰・急落し、結果的にチャートポイントからも
大きく逸脱して、オーバーシュートするのです。

で、覚えておくべき3点目として、そんな時は
ストップロスオーダが意味をなさないこともある
という、恐ろしい事実です。

どういうことかと言うと、逆指値注文というのは、
そのポイントを過ぎたら発動する成行注文だからです。

だから、相場がいきなり値を飛ばしたような場合、
逆指値で設定したはずのレートから大きく離れた
金額で注文が成立してしまうことがあるんです。
ローソク足が窓を空けだような場合です。

決して、自身の設定した金額で確実に注文が刺さる
わけではない、ということは覚えておいてください。

だから、ヤバそうな時は、一旦持ち玉を決済して
ポジションをスクエアにしておく勇気も必要なんです。

記憶に新しいスイスフランショックの時は
それで、破産した人がたくさんいたそうです。
アルパリという有名なFXブローカーも破綻しています。

乱高下が終わり、相場の方向性が見えて来てから
参戦を考えた方が、はるかに低リスクで確実に
利益を上げられるとは思いませんか。

結局、相場の世界で生き残ることができるのは、
すんなステディなマインドも持ち主なんです。
あなたも、クールでステディなトレーダーを
目指してください。

そうすれば、きっと勝てるようになります。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.25

隣の芝生”は危険な色


バラックです。

中国人民銀行が、人民元レートの切り下げを
発表した直後、ドル/円相場が乱高下したことは
記憶に新しいと思います。

その時の個人の持ち玉についての外為ドットコムの
情報が伝えられているので、ネット上の記事などで
ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

それによると、ドル/円が125円台に上昇した11日は
ショートポジションが前日の38.5%から47%へ上昇し、
123円台まで下落した翌日には、それが29.5%まで
低下した上で、ロング勢が前日の53%から70.5%に
上昇したそうです。

外為ドットコム総研の神田取締役は、
「米国の利上げが見通せる以上はドルは強いだろうと、
割と素直な予想に沿ってドルを押し目買いをしており、
彼ら(個人投資家)は非常に上手く立ち回っている。」
と話しています。

初心者の方が、こんな記事を読んで、
「フムフム、こんな風にすれば儲かるのか」
などと思ってはいけません。

なぜなら、米国の利上げが近いという不確定要素を
前提にした、逆張りトレードだからです。

11日に増えたショート勢の思惑は、
125円アラウンドの節目のポイントで跳ね返されて、
反転下落するだろう、というものだったはずです。

また、12日のロング勢は、
9月にも米国の利上げがあるのではないかと
言われる中、ドルの上昇トレンドは続くはずで、
一時的に123円まで下落したのであれば、
その辺で止められて、上昇に転ずるはずだ、
というものだったのではないでしょうか。

でも、そこには何の保証もなかったはずです。
競馬の予想が当たったようなものです。

こういった短期の動きに乗るのは、
当たればデカいがバクチと同じ、と考えて下さい。

相場は、短期的にはその時々の市場参加者の
刹那的な欲望や恐怖心で揺れ動きます。
ただし、それがどちらに向かうのかは、
神のみぞ知る、ということです。

東日本大震災の直後、日本経済に甚大な影響が
あるにもかかわらず、逆に円高に振れたことからも、
予想なんて、当たるとは限らないんです。

今回の話も、たまたま予想が当たっただけで、
それを、「上手く立ち回っている」
なんて言われても、困っちゃうんです。

初心者が、山勘の予想に基づいた短期の勝負を
仕掛けても、多くの場合、上手く行きません。

チャート分析に基づき、大きなトレンドに乗ることを
心掛けてください。
それが、トータルでの利益につながる一番の王道です。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.18

FX初心者が最初に覚えるべきチャート②


バラックです。

前回、まず覚えるべきテクニカルチャート
として、ローソク足と4種類のラインについて
解説させていただきました。
今回はその続きです。

ローソク足で相場の動きを視覚的に捉え、
レジスタンスライン/サポートラインや
トレンドライン/チャネルラインで
レートの動きが止められやすいポイントを
確認した後に何をするかというと、

相場の流れをもう少し俯瞰的に眺め、
その時点の市場心理を予測する

という作業ではないでしょうか。

そこで役に立つのが、移動平均線です。
一口に移動平均線といっても、
たくさんの種類があります。

ただ、最初に覚えてほしいのは、、
SMA(単純移動平均線)です。

SMAは一定期間の終値の平均を1本の線にして
結んだものです。

たとえば日足で、20期間の移動平均線を
描画させると、過去20日間の終値の平均値が
表示されます。

21日前のデータを切り捨てながら
新たに加わった直近のデータを加え
その平均を点にして結んだものです。

それをローソク足チャートの上に表示させる
ということは、過去の平均値に対して
現在のレートが高いのか安いのかを見ている
ということです。

相場は人気投票のようなものです。
市場参加者が合意して決まったレートの
直近の平均値よりも現在の相場が上にあれば
市場参加者が強気だ、ということです。

当然、下にあれば弱気になっていることを
示唆しているわけです。

少し乱暴な言い方をすると、

ローソク足
値動きそのものを見る

レジスタンス/サポートライン
過去に動きが止められたポイントを見る

トレンド/チャネルライン
相場の向きと値動きの幅を見る

移動平均線
相場との乖離から市場心理を読み取る

こんな感じになるでしょうか。
いずれにせよ、ほとんどの人がが見ている
大切なテクニカルインジケーターですから、
押さえておくべきものだと思います。

それから、移動平均線の設定期間が
長くなればなるほど、1つの数値が
全体に与える影響が薄まるので
線の傾きは緩やかなものとなります。

それを利用したのが、ゴールデンクロスや
デッドクロスと呼ばれるサインです。

たとえば、75期間の線に対して20期間の線が
下から上に鋭く突き抜けた、という場合なら
直近の相場が強気に転じたのかもしれない
ということを示しています。

下抜けならその逆です。
要は、トレンドの転換点を示唆しているのが
ゴールデンクロスやデッドクロスなのです。

あなたの参考になれば幸いです。

Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

12月11日(木)
05:00 NZ RBNZ政策金利発表
08:50 日 機械受注/10月
09:30 豪 新規雇用者数、失業率/11月
16:00 独 消費者物価指数(CPI、改定値)/11月
16:45 仏 消費者物価指数(CPI、改定値)/11月
17:30 ス 国立銀行3ヶ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
18:00 欧 ECB月報
22:30 米 新規失業保険申請件数/前週分
22:30 米 小売売上高・11月
22:30 米 輸入物価指数、輸出物価指数/11月
24:00 米 企業在庫/10月

12月12日(金)
13:30 日 鉱工業生産(確報値)/10月
16:45 仏 経常収支/10月
19:00 欧 鉱工業生産/10月
22:30 米 卸売物価指数(PPI)/11月
23:55 米 ミシガン大学消費者態度指数(速報値)/12月

12月15日(月)
08:50 日 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断/10~12月期
08:50 日 日銀短観・四半期大企業製造業先行き/10~12月期
08:50 日 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資/10~12月期
09:01 英 ライトムーブ住宅価格/12月
22:30 米 ニューヨーク連銀製造業景気指数/12月
23:15 米 鉱工業生産/11月
23:15 米 設備稼働率・11月
24:00 米 NAHB住宅市場指数/12月
30:00 米 対米証券投資(短期投資除く)・11月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.12.11

学べば学ぶほど負けるのがFX?


バラックです。

前回、ロクな勉強もせずに、目の前の1分足で
山勘トレードを始めた知人の話を書きましたが
それとは反対なら上手く行くのでしょうか。

さまざまなノウハウを勉強する人の場合です。

一見、知識を蓄積しているようにも思えますが、
このテの人に多いのは、ノウハウコレクターに
陥ってしまっていることです。

いくら学びが必要とはいっても、
私たちが手に入れるべきものは、相場で勝つための
知識であって、物知りになることではありません。

山ほどあるテクニカルインジケーターの使い方を
片っ端から覚えてみたところで、意味はありません。

自分が扱いやすいと思える道具を探し出し、
それをどのような相場環境の中でどのように
使い分ければ勝ちにつながるのか、ということを
見つけるのが、目的であるはずです。

それがトレードスタイルを確立するという
ことだと思います。

当然、同じ状況の中にあっても、やり方は
皆それぞれ異なるはずです。
ゴルフに例えれば、同じような場面や距離で
異なるクラブ選択があるのと同じです。

以前、FXの教室を開いている人が

自分よりはるかに多くの知識を持った受講生も
珍しくないが、そんな人は道具に振り回されて
いるだけで、道具を使いこなしていない。

と言っていたことを覚えています。

ノウハウコレクターになるのは、英和辞典の
※印のついた重要単語をaから順番に覚える
ようなものです。

それで入試に合格したり、TOECで高得点を
取れるようになるとは、到底思えませんよね。

前にも書きましたが、一流のプロたちは
意外にシンプルなトレードをしているものです。
相場観を磨けば、最後はライントレードに
行き着くのかもしれません。

ただ、私たちはまだそのような相場を読む目を
持ち合わせてはいないから、それを補うために
いろいろな道具が必要になるのです。

ただ、少し乱暴な言い方をすれば、
相場は人気投票のようなものですから、
人気者が分かればよいわけです。

ならば、多くの人が使っている道具を使えば
人気の動向を把握することができるはずです。
誰も見ていないインジケーターなんて
あまり役に立たないんです。

初心者の方には、ぜひそのことを理解して
ほしいと思います。

Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

12月3日(水)
09:30 豪 四半期GDP(季調済)/7月~9月
10:45 中 HSBサービス業PMI/11月
15:45 ス 四半期GDP/7月~9月
17:55 独 サービス業PMI(確報値)/11月
18:00 欧 サービス業PMI(確報値)/11月
18:30 英 サービス業PMI/11月
19:00 欧 小売売上高/10月
22:15 米 ADP雇用統計/11月
22:30 米 非農業部門労働生産性(確報値)/11月
23:45 米 サービス業PMI(確報値)/11月
24:00 米 ISM非製造業景況指数(総合)/11月
24:00 加 BOC政策金利発表
28:00 米 地区連銀経済報告(ベージュブック)

12月4日(木)
09:30 豪 小売売上高/10月
09:30 豪 貿易収支/10月
21:00 英 BOE政策金利発表
21:00 英 資産買取プログラム規模
21:45 欧 ECB政策金利発表
22:30 欧 ドラギECB総裁定例記者会見
22:30 米 新規失業保険申請件数/前週分
24:00 加 Ivey購買部協会指数/11月

12月5日(金)
16:00 独 製造業新規受注/10月
19:00 欧 四半期域内GDP(改定値)/7~9月期
22:30 米 非農業部門雇用者数変化、失業率/11月
22:30 米 貿易収支/10月
22:30 加 新規雇用者数、失業率/11月
24:00 米 製造業新規受注/10月
29:00 米 消費者信用残高/10月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.12.02

相場のイロハ


バラックです。

先日、FXを始めて3ヶ月という初心者の方から、
相場の基本的な見方について質問を受けました。

そこで、相場の基本的な眺め方について
考えてみようと思います。

今回は、直近のユーロ/ドルを例にします。

まず、最初に見るべきは日足です。

クリックで拡大

ただ、これだけでは、これまでの相場の流れが
よく分かりません。

そこで、週足を見ることにします。

クリックで拡大

すると、下降トレンドが続いていたことが分かります。
そして、何度も下落が止められたチャートポイントを
一旦下抜けしたものの戻され、そのポイント付近に
レートがあることが見て取れます。

次に、さらに長い月足もチェックします。
どうも、大きな流れから見ると、ここで止められるか
もう一段下のポイントまで下げるか、といった分岐点に
あるようです。

クリックで拡大

一方、経済ニュースなどで、ファンンダメンタルズも
確認しておくのは当然です。

少し乱暴ですが、直近の状況を一言でいえば、
アメリカの経済指標は、概ねよい結果となっている
EUの経済状況は、なんかヤバそうだ
といったところです。

そこから、EUR/USDは基本的に上がるより下がる
確率の方が高そうだ、という仮説を立てることが
できるはずです。

そんなこんなで、4時間足を見ると、直近の状況は
ボックス相場を形成していることが分かります。

クリックで拡大

基本的には下落へ向かうことを想定しながらも
上下のチャートポイントをどちらに抜けるかを
見極める必要がありそうです。

注意しなければいけないのは、週足のような
大きな時間軸の方向は押さえながらも、
それだけでトレードをしないことです。

我々のような弱小個人投資家には、週足レベルの
調整をやり過ごす余裕はないからです。

ただの押し目(戻り)だろ
なんて言っていたら、資金がなくなっちゃいます。

大きな時間軸でトレンドを確認しつつ、
執行時間軸で、エントリーポイントを見つける。
これがお約束です。

そして初心者のうちは、上位時間軸の流れと異なる
方向にはエントリーしない方がよいと思います。
何事も同じですが、自分の型ができるまでは
定石から逸脱すべきではありません。

ということで、4時間足のその後を見ると、
やはりレンジを下に抜け、次のチャートポイントに
差しかかったところです。

クリックで拡大

1.27390のポイントを抜けたところで参戦し、
1.26330のポイントで決済していれば、
100pipsほど獲れていたことになります。

こんな感じで、相場の大きな流れを掴みながら
小さな足にドリルダウンしていくクセをつけると
読みを誤ることが少なくなります。

頑張ってください。

私を勝ちに導いてくれた教材
Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

10月23日(木)
21:30 米 新規失業保険申請件数/前週分
22:00 米 住宅価格指数/8月
23:00 欧 消費者信頼感(速報値)/10月
23:00 米 景気先行指標総合指数/9月

10月24日(金)
06:45 NZ 貿易収支/9月
15:00 独 GFK消費者信頼感調査/11月
17:30 英 GFK消費者信頼感調査/11月
23:00 米 新築住宅販売件数/9月

10月27日(月)
08:50 日 企業向けサービス価格指数/9月
18:00 独 IFO企業景況感指数/10月
18:00 欧 マネーサプライM3/9月
23:00 米 住宅販売保留指数/9月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.10.23

リバウンドに注意


バラックです。

相場の読みは正しかったのに勝負には負けた
という経験は、誰もが持っていると思います。
その原因の一つが、リバウンドです。

トレンドは、利食いや損切りを織り込みながら
一定の方向へ向かって行きます。
上昇であれ下落であれ、どこかしらで
調整のリバウンドがある場合がほとんどです。

でも、初心者はトレンドを見つけるのが遅れ
慌てて参戦するので、このリバウンドでやられます。

あるいは、チャートポイントをブレイクした
と思ってエントリーしたらダマシでした
ということも少なくありません。

で、何が言いたいのかというと、
教科書を鵜呑みにして、大きなトレンドだけを
見ていてはヤバいよ、ということです。

元カリスマトレーダーやらベテラン勢の多くが
上位時間軸に優位性がある、と言っています。

たとえば、日足では上昇なのに、1時間足では
下落しているという場合、1時間足の方向も
たいてい日足の方向に収れんして行きます。

確かにその通りなのですが、サーフィンと一緒で
初心者には大きな波は危険です。

極端な話、週足の押し目や戻りは、1,000pips
なんてことだってあるわけです、

週足でトレードをしている人はあまりいないと
思いますが、日足の波だって資金の乏しい
個人投資家には大き過ぎます。

大きなトレンドが上昇だったとしても
直近の相場は下落に向かっているのかもしれません。

自分の乗れる波の大きさから逆算した上で、
たとえ読みに自信がある場合でも、
許容できる損失の範囲を超えるリバウンドだ
と判断した場合、潔く撤退すべきです。

一旦撤退した上で、やはり思った通りだった
というのであれば、もう一度同じ方向にエントリー
し直せばよいだけの話です。

含み損を抱えない
資金を塩漬けにしない
トータルの利益を考える

こういったマインドを身につけることが
相場で生き残る道だと思います。

これが意外に難しいんですけどね。


私を勝ちに導いてくれた教材
Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー


10月1日(水)
08:50 日 Q3日銀短観
10:00 中 製造業PMI/9月
10:30 豪 小売売上高/8月
16:55 独 製造業PMI(確報値)/9月
17:00 欧 製造業PMI(確報値)/9月
17:30 英 製造業PMI(季調済)/9月
21:15 米 ADP雇用統計/9月
22:45 米 製造業PMI(確報値)/9月
23:00 米 ISM製造業景況指数

10月2日(木)
10:30 豪 貿易収支
10:30 豪 住宅建設許可件数/8月
17:30 英 製造業PMI/9月
18:00 欧 生産者物価指数(PPI)/8月
20:45 欧 ECB政策金利発表
21:30 欧 ドラギECB総裁記者会見
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 質法保険継続受給者数
23:00 米 製造業受注指数/8月

10月3日(金)
16:55 独 サービス業PMI(確報値)/9月
17:00 欧 サービス業PMI(確報値)/9月
17:30 英 サービス業PMI/9月
18:00 欧 小売売上高/8月
21:30 米 非農業部門雇用者数/9月
21:30 米 民間部門雇用者数/9月
21:30 米 失業率/9月
21:30 米 貿易収支
22:45 米 サービス業PMI/9月
23:00 米 ISM非製造業景況指数/9月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.09.30

短期の材料に乗る危険


バラックです。

一昨日、下落を続けていたはずのユーロが
なぜか急に上昇に転じたと思っていたら、
ウクライナ紛争に停戦の可能性が出てきた
という理由があったようですね。

ウクライナのポロシェンコ大統領が
ロシアのプーチン大統領と
恒久的な停戦に向けた合意に至った
と語ったことで、地政学的リスクが
一気に下がった、という話です。

マーケットは、このようなトピックに
敏感に反応します。

ただし、この手の政治的な問題は
すぐに話がひっくり返るという場合が
珍しくありません。

中国や韓国が、ウソにウソを重ねながら
反日プロパガンダを流し続けていることからも
分かるとおり、国際政治の世界には
謀略や権謀術数が溢れているからです。

今回の停戦の話にしても、まだまだ紆余曲折が
あるのではないでしょうか
そしてその都度、マーケットは右往左往して
レートが上がったり下がったりするはずです。

EUR/JPYの動きを見ると、分足や時間足では
大きなトレンド転換に見えても、日足では
下降トレンドラインを一旦上抜けしたものの
翌日にはその抜けたライン付近まで戻され、
さらに、ECBによる予想外の追加緩和発表で
一気に元のレートまで急落しています。

かつての私は、こういう動きに乗ろうとしては
いつも撃ち落とされていたものです。

指標トレードも同じですが、短期的な材料に
乗って儲けるのは、初心者にはハードルが
高いと思います。

私たちには、なぜ急に相場が動いたのか
という理由が、リアルタイムには入って
こないからです。

個人投資家が情報を知るのは、ロイターの
マーケットサマリーが更新される数時間後です。

何らかの理由があって、相場が動いたのか、
どこかのプロが仕掛けた罠なのかを把握しないまま
理由は分からないけど、動いたから乗ってみよう
なんていうトレードは、バクチと同じです。

たとえ勝てたとしても、マグレなわけです。

そして、更なる弊害は、相場を見る目が
近視眼的になってしまうことだと思います。
トレードが矮小化してしまうんです。

トレードの矮小化は利小を招きます。
しかも、先にも書いたとおりバクチ的要素の強い
トレードになりがちですから、勝率も低いわけで
その行き着く先は書くまでもありません。

レートが動くと血が騒ぐのが、トレーダー気質
なんですけどね。
そこを我慢できるかどうかが、生き残りへの
大事なポイントなんですね。

初心者の方は、ぜひ覚えておいてください。

私を勝ちに導いてくれた教材
Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

9月4日(金)
18:00 欧 四半期GDP(改定値)/4~6月期
21:30 米 新規雇用者数変化/8月
21:30 米 失業率/8月
21:30 加 新規雇用者数変化/8月
21:30 加 失業率/8月

9月8日(月)
08:50 日 四半期GDP(改定値)/4~6月期
08:50 日 国際収支・貿易収支/7月
15:00 独 貿易収支・経常収支/7月
16:15 ス 消費者物価指数/8月

9月9日(火)
08:50 日 日銀金融政策決定会合議事録要旨
10:30 豪 NBA企業景況感指数/8月
15:45 仏 財政収支・貿易収支/7月
17:00 南ア 四半期経常収支/4~6月期
17:30 英 貿易収支/7月
17:30 英 製造業生産指数/7月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.09.05