カテゴリー別アーカイブ: FX初心者

FX初心者が最初に覚えるべきチャート③


バラックです。

きょうも移動平均線の続きです。
移動平均線には、前回書いたSMA以外にも
たくさんの種類があります。

ただ、初心者が押さえておくべきものは
もう1つだけです。

それはEMA(指数平滑移動平均線)です。

SMAが単純に終値の平均値であるのに対して
EMAは、過去のレートより直近のレートを
重視したものです。

相場は鮮度が命ともいえますから、
古いデータより新しいデータに重きを置く
という考え方は、利にかなっています。

ただ、実際に表示させてみると、
実はそれほど大きな差になっていないのも
確かです。

ですから、プロやベテランの中には、
単純なSMAを使っている人も少なくありません、

実際に使ってみて、SMAでもEMAでも好きな方を
使用すればよいと思います。

また、よくパラメーターの設定値について
質問を受けるのですが、これも正解が
あるわけではありません。

一般的に日足レベルでは

短期:5日
中期:20日
長期:75日

という設定が多いようですが
5日≒一週間
20日≒一ヶ月
75日≒3ヶ月

というのが根拠となっているようです。

ですから、20日ではなく21日や25日の人もいれば、
75日ではなく63日を使っているという人もいます。

以下に、よく使われる設定値を挙げておきますが、
SMAかEMAか、という選択同様、自分の使いやすい
ものを探してみてください、

一点だけ補足すると、プロの間では、
月足の24期間で大きなトレンドを確認している人が
多いと聞きます。
相場の大きな波は、2年単位くらいで動くことが
多いからだそうです。

また、200日線は多くの人が気にしています。

移動平均線の一般的な設定期間

月足 24、60、120
週足 13、20
日足 5、10、15、20、21、25、75、200
時間足 13、20、21、50、75

Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

12月19日(金)
未 定 日 日銀政策決定会合終了後決定内容発表
15:30 日 黒田日銀総裁定例記者会見
16:00 独 生産者物価指数(PPI)・11月
16:00 独 GFK消費者信頼感調査/1月
16:45 仏 企業景況感指数/12月
18:00 欧 経常収支/11月
22:30 加 消費者物価指数(PPI)/11月
22:30 加 小売売上高/10月

12月22日(月)
24:00 米 中古住宅販売件数年率換算件数/11月
24:00 欧 消費者信頼感(速報値)/12月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.12.18

FX初心者が最初に覚えるべきチャート③


バラックです。

きょうも移動平均線の続きです。
移動平均線には、前回書いたSMA以外にも
たくさんの種類があります。

ただ、初心者が押さえておくべきものは
もう1つだけです。

それはEMA(指数平滑移動平均線)です。

SMAが単純に終値の平均値であるのに対して
EMAは、過去のレートより直近のレートを
重視したものです。

相場は鮮度が命ともいえますから、
古いデータより新しいデータに重きを置く
という考え方は、利にかなっています。

ただ、実際に表示させてみると、
実はそれほど大きな差になっていないのも
確かです。

ですから、プロやベテランの中には、
単純なSMAを使っている人も少なくありません、

実際に使ってみて、SMAでもEMAでも好きな方を
使用すればよいと思います。

また、よくパラメーターの設定値について
質問を受けるのですが、これも正解が
あるわけではありません。

一般的に日足レベルでは

短期:5日
中期:20日
長期:75日

という設定が多いようですが
5日≒一週間
20日≒一ヶ月
75日≒3ヶ月

というのが根拠となっているようです。

ですから、20日ではなく21日や25日の人もいれば、
75日ではなく63日を使っているという人もいます。

以下に、よく使われる設定値を挙げておきますが、
SMAかEMAか、という選択同様、自分の使いやすい
ものを探してみてください、

一点だけ補足すると、プロの間では、
月足の24期間で大きなトレンドを確認している人が
多いと聞きます。
相場の大きな波は、2年単位くらいで動くことが
多いからだそうです。

また、200日線は多くの人が気にしています。

移動平均線の一般的な設定期間

月足 24、60、120
週足 13、20
日足 5、10、15、20、21、25、75、200
時間足 13、20、21、50、75

Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

12月19日(金)
未 定 日 日銀政策決定会合終了後決定内容発表
15:30 日 黒田日銀総裁定例記者会見
16:00 独 生産者物価指数(PPI)・11月
16:00 独 GFK消費者信頼感調査/1月
16:45 仏 企業景況感指数/12月
18:00 欧 経常収支/11月
22:30 加 消費者物価指数(PPI)/11月
22:30 加 小売売上高/10月

12月22日(月)
24:00 米 中古住宅販売件数年率換算件数/11月
24:00 欧 消費者信頼感(速報値)/12月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.12.18

FX初心者が最初に覚えるべきチャート②


バラックです。

前回、まず覚えるべきテクニカルチャート
として、ローソク足と4種類のラインについて
解説させていただきました。
今回はその続きです。

ローソク足で相場の動きを視覚的に捉え、
レジスタンスライン/サポートラインや
トレンドライン/チャネルラインで
レートの動きが止められやすいポイントを
確認した後に何をするかというと、

相場の流れをもう少し俯瞰的に眺め、
その時点の市場心理を予測する

という作業ではないでしょうか。

そこで役に立つのが、移動平均線です。
一口に移動平均線といっても、
たくさんの種類があります。

ただ、最初に覚えてほしいのは、、
SMA(単純移動平均線)です。

SMAは一定期間の終値の平均を1本の線にして
結んだものです。

たとえば日足で、20期間の移動平均線を
描画させると、過去20日間の終値の平均値が
表示されます。

21日前のデータを切り捨てながら
新たに加わった直近のデータを加え
その平均を点にして結んだものです。

それをローソク足チャートの上に表示させる
ということは、過去の平均値に対して
現在のレートが高いのか安いのかを見ている
ということです。

相場は人気投票のようなものです。
市場参加者が合意して決まったレートの
直近の平均値よりも現在の相場が上にあれば
市場参加者が強気だ、ということです。

当然、下にあれば弱気になっていることを
示唆しているわけです。

少し乱暴な言い方をすると、

ローソク足
値動きそのものを見る

レジスタンス/サポートライン
過去に動きが止められたポイントを見る

トレンド/チャネルライン
相場の向きと値動きの幅を見る

移動平均線
相場との乖離から市場心理を読み取る

こんな感じになるでしょうか。
いずれにせよ、ほとんどの人がが見ている
大切なテクニカルインジケーターですから、
押さえておくべきものだと思います。

それから、移動平均線の設定期間が
長くなればなるほど、1つの数値が
全体に与える影響が薄まるので
線の傾きは緩やかなものとなります。

それを利用したのが、ゴールデンクロスや
デッドクロスと呼ばれるサインです。

たとえば、75期間の線に対して20期間の線が
下から上に鋭く突き抜けた、という場合なら
直近の相場が強気に転じたのかもしれない
ということを示しています。

下抜けならその逆です。
要は、トレンドの転換点を示唆しているのが
ゴールデンクロスやデッドクロスなのです。

あなたの参考になれば幸いです。

Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

12月11日(木)
05:00 NZ RBNZ政策金利発表
08:50 日 機械受注/10月
09:30 豪 新規雇用者数、失業率/11月
16:00 独 消費者物価指数(CPI、改定値)/11月
16:45 仏 消費者物価指数(CPI、改定値)/11月
17:30 ス 国立銀行3ヶ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
18:00 欧 ECB月報
22:30 米 新規失業保険申請件数/前週分
22:30 米 小売売上高・11月
22:30 米 輸入物価指数、輸出物価指数/11月
24:00 米 企業在庫/10月

12月12日(金)
13:30 日 鉱工業生産(確報値)/10月
16:45 仏 経常収支/10月
19:00 欧 鉱工業生産/10月
22:30 米 卸売物価指数(PPI)/11月
23:55 米 ミシガン大学消費者態度指数(速報値)/12月

12月15日(月)
08:50 日 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断/10~12月期
08:50 日 日銀短観・四半期大企業製造業先行き/10~12月期
08:50 日 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資/10~12月期
09:01 英 ライトムーブ住宅価格/12月
22:30 米 ニューヨーク連銀製造業景気指数/12月
23:15 米 鉱工業生産/11月
23:15 米 設備稼働率・11月
24:00 米 NAHB住宅市場指数/12月
30:00 米 対米証券投資(短期投資除く)・11月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.12.11

とあるFX初心者の話


バラックです。

私の知人に、FXを始めたいという人がいました。
以前から口座だけは持っていたようですが、
私の話を聞いて、本気で参戦してみようと
思ったそうです。

そこで、私の無料レポートFX Starter Bookを渡し
まず初歩的な知識を覚えることから始めるよう
アドバイスしました。

それからしばらくして顔を合わせると、
俺もトレードを始めたよ
という報告を受けました。

私は、デモトレードかと思ったのですが
いきなり本番トレードだということが分かり
絶句してしまいました。

聞けば、ドル/円のロングです。
ドル/円を選んだのは、他の通貨ペアは
あまり馴染みがないからないからだそうで、
ロングの理由は、売りから入るということが
よく理解できないから、というものでした。

要は、よく分からないけど、とにかくドル/円を
買ってみよう、ということです。

ところが、彼がエントリーした数日後に
日銀のサプライズ発表で、ドル/円が急騰します。

彼は、ロングエントリーと決済を繰り返し
あっという間に証拠金を2倍にしてしまいました。

そんな彼のトレード手法をよく聞いてみると
1分足を使って、下がったところを買う
というものでした。

彼は言います。
相場って、少し下がると必ず反転するよね。
そこを狙うんだ。

何と、逆張りのスキャルピングです。
私は、ここても絶句してしまいました。

それ、やめておいた方がいいんじゃない。

私のそんなアドバイスも、聞き流すだけです。

もちろん、偶然の急騰で得たビギナーズラック
だったことは、本人も理屈では理解しています。

しかし、
長い時間軸だと、相場がどちらに動くかなんて
見当もつかないけれど、このやり方なら
負ける気がしないんだ。

といって、自信満々なのです。

そんな彼と、きょう数日ぶりに会ったので
戦果を確認してみました。

すると、
いやあ、このところ少し負けが続いてるよ。
勝負は全戦全勝というわけには行かないからね。
でも、すぐに取り戻せると思うんだ。

自営業で、比較的時間が自由になる彼は
暇があると自分のスマホを開いては、
そんな山勘トレードを繰り返しています。

どのくらい負けたのかまでは聞いていませんが、

まだ元本割れはしていない

という言葉から推測すると、当初の2倍にまで
伸ばした利益の大半を失っているのではないか
と思われます。

彼が、きちんとしたチャートリーディングや
資金管理のスキルを学ぶことなく、
今のようなトレードを続けるのであれば、
近々、相場からの退場を余儀なくされるはずです。

でも、彼を笑うことのできる人は
意外に少ないのではないでしょうか。

私のところにも、
バイナリーオプションをやってみたい
という相談が、けっこうな頻度で舞い込みます。

そんな人の話を聞くと、
上がるか下がるかを当てるだけなので
難しい知識も要らず簡単にできそうだ
という人が多いことに驚きます。

相場は丁半バクチとは違います。
きちんとした知識に基づいた仮説を立て
自身の許容できる範囲内でリスクを取り
資金管理を徹底することでトータルの
利益を得るビジネスです。

先ほどの知人との会話は、そんな当たり前の
ことを思い出させてくれる出来事でした。
もちろん、作り話などではなく、すべて実話です。

あなたは、そんないい加減な相場との付き合いは
絶対にしないでください。

Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

12月1日(月)
10:00 中 製造業PMI/11月
10:45 中 HSB製造業PMI(確報値)/11月
17:55 独 製造業PMI(確報値)/11月
18:00 欧 製造業PMI(確報値)/11月
18:30 英 製造業PMI(季調済)/11月
23:45 米 製造業PMI(確報値)/11月
24:00 米 ISM製造業景況指数/11月

12月2日(火)
09:30 豪 四半期経常収支/7~9月
19:30 豪 住宅建設許可件数/10月
12:30 豪 RBA政策金利発表
18:30 英 建設業PMI/11月
19:00 欧 生産者物価指数(PPI)/10月
22:30 米 イエレンFRB議長発言
24:00 米 建設支出/10月

12月3日(水)
09:30 豪 四半期GDP(季調済)/7月~9月
10:45 中 HSBサービス業PMI/11月
15:45 ス 四半期GDP/7月~9月
17:55 独 サービス業PMI(確報値)/11月
18:00 欧 サービス業PMI(確報値)/11月
18:30 英 サービス業PMI/11月
19:00 欧 小売売上高/10月
22:15 米 ADP雇用統計/11月
22:30 米 非農業部門労働生産性(確報値)/11月
23:45 米 サービス業PMI(確報値)/11月
24:00 米 ISM非製造業景況指数(総合)/11月
24:00 加 BOC政策金利発表
28:00 米 地区連銀経済報告(ベージュブック)

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.11.30

相場のイロハ


バラックです。

先日、FXを始めて3ヶ月という初心者の方から、
相場の基本的な見方について質問を受けました。

そこで、相場の基本的な眺め方について
考えてみようと思います。

今回は、直近のユーロ/ドルを例にします。

まず、最初に見るべきは日足です。

クリックで拡大

ただ、これだけでは、これまでの相場の流れが
よく分かりません。

そこで、週足を見ることにします。

クリックで拡大

すると、下降トレンドが続いていたことが分かります。
そして、何度も下落が止められたチャートポイントを
一旦下抜けしたものの戻され、そのポイント付近に
レートがあることが見て取れます。

次に、さらに長い月足もチェックします。
どうも、大きな流れから見ると、ここで止められるか
もう一段下のポイントまで下げるか、といった分岐点に
あるようです。

クリックで拡大

一方、経済ニュースなどで、ファンンダメンタルズも
確認しておくのは当然です。

少し乱暴ですが、直近の状況を一言でいえば、
アメリカの経済指標は、概ねよい結果となっている
EUの経済状況は、なんかヤバそうだ
といったところです。

そこから、EUR/USDは基本的に上がるより下がる
確率の方が高そうだ、という仮説を立てることが
できるはずです。

そんなこんなで、4時間足を見ると、直近の状況は
ボックス相場を形成していることが分かります。

クリックで拡大

基本的には下落へ向かうことを想定しながらも
上下のチャートポイントをどちらに抜けるかを
見極める必要がありそうです。

注意しなければいけないのは、週足のような
大きな時間軸の方向は押さえながらも、
それだけでトレードをしないことです。

我々のような弱小個人投資家には、週足レベルの
調整をやり過ごす余裕はないからです。

ただの押し目(戻り)だろ
なんて言っていたら、資金がなくなっちゃいます。

大きな時間軸でトレンドを確認しつつ、
執行時間軸で、エントリーポイントを見つける。
これがお約束です。

そして初心者のうちは、上位時間軸の流れと異なる
方向にはエントリーしない方がよいと思います。
何事も同じですが、自分の型ができるまでは
定石から逸脱すべきではありません。

ということで、4時間足のその後を見ると、
やはりレンジを下に抜け、次のチャートポイントに
差しかかったところです。

クリックで拡大

1.27390のポイントを抜けたところで参戦し、
1.26330のポイントで決済していれば、
100pipsほど獲れていたことになります。

こんな感じで、相場の大きな流れを掴みながら
小さな足にドリルダウンしていくクセをつけると
読みを誤ることが少なくなります。

頑張ってください。

私を勝ちに導いてくれた教材
Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

10月23日(木)
21:30 米 新規失業保険申請件数/前週分
22:00 米 住宅価格指数/8月
23:00 欧 消費者信頼感(速報値)/10月
23:00 米 景気先行指標総合指数/9月

10月24日(金)
06:45 NZ 貿易収支/9月
15:00 独 GFK消費者信頼感調査/11月
17:30 英 GFK消費者信頼感調査/11月
23:00 米 新築住宅販売件数/9月

10月27日(月)
08:50 日 企業向けサービス価格指数/9月
18:00 独 IFO企業景況感指数/10月
18:00 欧 マネーサプライM3/9月
23:00 米 住宅販売保留指数/9月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.10.23