カテゴリー別アーカイブ: 雇用統計

またまた微妙な雇用統計


バラックです。

昨日発表された9月の米雇用統計は、またまた微妙な
数字になりましたね。

非農業部門の雇用者数の伸びは、市場予想の
17万5,000人を下回る15万6,000人でしたし、
失業率も前月から0.1%上昇し5.0%になりました。

ただ、賃金と労働参加率が上昇してますから、
まるでダメ、というほどの内容ではないんですよね。

労働参加率というのは、実際の就業者に働く意思の
ある人を加えた数字ですから、これが上昇すれば、
失業率が上がっても仕方ないわけです。

失業率には、仕事が見つからなそうだ、と考えて
職探しを諦めてしまった人は数字に含まれないので
そういう人が多ければ、見た目の失業率を押し下げる
ことになるからです。

そして賃金の上昇は、多くの人の懐具合がよくなる
ことを意味するので、企業側が販売価格を上げやすく
なりますから、物価の押し上げ効果があります。

つまり、それはFRBが金利を上げる理由になるわけです。
でも、雇用者数の伸びはそれほどでもない。
う~ん、どうしようって話になっちゃうんです。

それから、建設分野の数字が、1月以来の堅調な
ものだったということも、話をややこしくしています。

言うまでもなく、アメリカの景気をぶち壊したのは
サブプライム問題に端を発する住宅バブルの崩壊
だったわけですから、建設業界の雇用が堅調だ
ということは、もしかして、そのバブルの元凶が
立て直してきたんじゃないか、と話になるからです。

ドル/円の日足を見ると、ダブルトップとダブルボトム
の両方が見て取れるので、上放れがあっても下放れが
あってもおかしくない状況ですが、今回の微妙な
雇用統計の結果を見ると、11月の利上げはないものの、
12月の可能性は残っている感じなので、どちらにも
行くことなく、レンジに移行するのかな、という気が
しています。

週明けの動きに注意しましょう。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.10.08

評価割れる


バラックです。

昨日発表されたアメリカの8月の雇用統計は、
非農業部門雇用者数が、事前予想の18万人増を
下回る15万1,000人増でした。

この数字に対して、評価が割れています。
これで9月の利上げはなくなった、とみる人と
9月の利上げはほぼ確実だ、と言う人がいます。

で、ドルは一旦下げたものの、持ち直しました。
微妙な状況です。

8月の雇用統計は、季節調整の難しさもあって
当初低めに出た数字が、後になって大幅に上方修正
されるというのが、ここ数年の“お約束”です。

おそらく、そんなことも影響しているのでは
ないかと思われます。

アメリカでは3連休に入りましたから、
皆、ここで頭を悩ませるんでしょうね。

先日のジャクソンホールでのイエレン議長の
講演では、利上げに前向きではあるものの、
今後の経済指標の結果次第だ、といった話
でしたから、今回は少し物足りない気がします。

私的には、9月の利上げはないと見ています。

で、ドル/円の日足チャートを見ると、
ここ2ヶ月は、99円台ミドルから107円までの
けっこう値幅の大きいボックス相場になっている
のが分かります。

ただ、トレンドラインを引いてみると、1月29日
から続く下落トレンドの、ちょうどライン上に
差しかかってるんですね。
で、ダブルボトムを形成しているようにも見えます。

ここを上抜けると上昇ということも考えられますし、
抜けきれなければ下落トレンド継続ということに
なるかもしれません。

あまり情報に振り回されず、ここはチャートの
動きに注目したいと思います。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.09.03

利上げ観測再燃か?


バラックです。
きょう発表されたアメリカの雇用統計は、
18万人増という事前の市場予想に対して
25.5万人というポジティブな結果となりました。

前月発表分も上方修正され、また平均時給も
予想を上回る伸びとなりました。

イギリスのEU離脱が決まった時、
世界経済に対する懸念から、年内の利上げはない
というコンセンサスに傾いていた市場関係者が
やっぱ、年内の利上げがあるかも・・・・・
と言い出しています。

何度も書いていますが、ここで重要なのは
実際にFRBが利上げをするかどうかではなく
市場参加者の多くがどのように受け取るか
ということです。

極論すれば、そんなことはどっちでもいいんです。
多くの人が利上げがあると判断すれば
ドルが買われるし、ないと判断すれば売られる
それだけの話です。

だから私たちは、いちいち気にするのではなく
チャートを注視していればいいということです。

ただし、背景は理解しておく必要があります。
よく、ファンダメンタルズなんて無視していい
と言う人がいますが、それは間違いです。

仮に、ドルが買われている状況に遭遇したら
それがどういう理由なのかが分かっているのと
いないのとでは、大きな差があります。

雇用統計の数字がよかったので、
年内の利上げがありそうだ、と判断したした人が
今ドルが買ってるんだなという、おおよその背景は、
初心者でも理解できるようにしておくべきです。

とはいえ、ファンダメンタルズ分析に
必要以上にこだわるのも無意味です。

相場を始めたばかりの人は、そのあたりの
バランスを考えながら、ポジションを建てる
タイミングを見計らってください。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.08.06

5月の雇用統計をどう見る


バラックです。

いやぁ、5月の米雇用統計は、ものすごい数字に
なりましたね。

非農業部門雇用者数が、3万8,000人増ですから、
市場予想の16万4,000人と比べると
ネガティブサプライズと言うべき結果です。

これで、完全に6月の利上げはない
と、ほとんどのマーケット関係者が確信したはずです。

さらに、日本では消費税増税の先送りが表明され、
週明けの相場は、日銀の金融政策のドン詰まりを
織り込んだ動きになるのではないか、と思います。

要は、アベノミクスが上手く行っていれば
増税を見送ることにはならないわけですから、
こりゃ失敗だわ
ということで、日本株がさらに売られる展開です。

そして、アメリカの雇用統計の結果もあって
ドルが売られ、結果として日本では株安円高に
向かうのではないか、と考えるのが自然です。

雇用統計の発表直後、ドル/円は106円台まで
売られましたが、週明けはさらなる下落が
あるかもしれませんね。

ドル/円のショートで勝負しようか
と、身構えているところです。
どうなるんでしょう。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.06.04

経済指標との付き合い方


バラックです。

先週金曜日は、誰もが注目する月に一度のお約束
アメリカの雇用統計が発表されました。

その結果が予想を下回る数字だったことを受け、
上げていたドルが、一旦売られましたね。

ここで初心者の方は、表面的な数字に目が行って
しまうと思いますが、大切なのは数字ではありません。

では、何に注目すべきなのでしょうか。
事前予想との乖離でしょうか。
市場の織り込み具合でしょうか。

実は、そんな教科書に書いてあることではないのです。

大切なのは、マーケットのセンチメントを読み取る
ことです。

少し前であれば、雇用統計の結果を受けて
FRBがQE3縮小を始めるのではないか・・・

と、マーケット参加者が予想するかしないかが
大切でした。

要は、実際にテーパリングが始まるかどうかではなく
大口トレーダーたちが、その数字に対して
どんな推測をするのか、がキモだったわけです。

QE3がオワコンとなった現在は、金利です。

FRBが雇用統計の結果を受け、金利を上げるのか
据え置きそうなのか、ということを市場参加者が
どう占うのか、が重要です。

私がブログやメルマガで何度も書いてきたとおり、
ヘッジファンドや大口トレーダーたちの多くは
噂で買って事実で売るからです。

こうなるのではないか、と予測した段階で
いち早く参戦し、皆が追随してくる頃には
さっさと売り抜けて儲ける、というのが彼らの
基本戦略といってもよいと思います。

そんな彼らのセンチメントを読み、そこにチャート
の動きを重ねることで、相場の方向性が何となく
見えてきます。
(もちろん、ハズすこともありますが)

雇用統計を始めとする重要経済指標というのは
そんな風に利用するものではないか、と思います。

相場の流れを作っている連中が、何を考え
どちらを向いているのかを知ることができる
という点が、指標の一番のポイントだと思います。

指標発表直後の乱高下する相場で儲けよう 
なんてことは、初心者が考えることではありません。

この私が、それで散々やられてきたんですから。
ぜひ、他人の失敗から学んでください。

私を勝ちに導いてくれた教材
Maestro FXのレビュー

■主要経済指標カレンダー

9月8日(月)
08:50 日 四半期GDP(改定値)/4~6月期
08:50 日 国際収支・貿易収支/7月
15:00 独 貿易収支・経常収支/7月
16:15 ス 消費者物価指数/8月

9月9日(火)
08:50 日 日銀金融政策決定会合議事録要旨
10:30 豪 NBA企業景況感指数/8月
15:45 仏 財政収支・貿易収支/7月
17:00 南ア 四半期経常収支/4~6月期
17:30 英 貿易収支/7月
17:30 英 製造業生産指数/7月

9月10日(水)
08:50 日 機械受注/7月
14:30 仏 非農業部門雇用者数(改定値)/4~6月
15:45 仏 鉱工業生産指数/7月
20:00 米 MBA住宅ローン申請数
21:30 加 四半期設備稼働率/4~6月期
23:00 米 卸売在庫/7月

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.09.08