カテゴリー別アーカイブ: ホームページの作り方

アメリカでホームページを作り始めました

私はニューヨークに長年住んでいたので、パソコンを初めて買ったのもニューヨークでしたし、自分のホームページを作ったのもニューヨークでした。

当時、AT&Tのプロバイダーを使っていたのですが、そのAT&Tからホームページのスペースを与えられていて、それを使ってホームページが作れたのです。

コマーシャルが入らなくてかなり快適でした。 アメリカですから英語でなければ作れないのかな、と思っていましたが、私が使っていたマックに日本語のOSをインストールしたので、日本語でもホームページを作ることができました。

ホームページを作っていた時には、訪問者が多くて、掲示板もつけていました。掲示板は賑やかで1日の多くをホームページのアップデートに使ったりしていました。

そのうちにAT&Tがホームページのサービスを終了することになって、私はジオシティーズでドメインを取得してホームページを作っていますが、なかなか元のようなホームページが作れなくて困っています。

ホームページを製作する上で、大事になってくるのが文章の質になってきます。

ホームページを製作する上で、大事になってくるのが文章の質になってきます。どういう事かといいますと、まずは漢字変換ミスや誤字をなくすという事です。
漢字の変換ミスをしてしまいますと意味が違ってきますし、誤字の場合は見にくい文章になったり、場合によっては文章の意味が分からなくなってしまう可能性があります。そこで、文章を記載したら、一度確認するようにします。漢字ミスがないのか、誤字がないのかをしっかりと確認すれば、小さなミスもなくなって見やすい文章になってきます。
誤字などが多い文章のホームページは見にくいものになり、せっかくアクセスしてくれた人もすぐに他のサイトにいってしまう可能性がありますし、リピート率も下がって、人気が上がらないです。
次に、正しい日本語を使用するという事です。間違った日本語を使用すると、文章の意味が通じにくいです。また、なるべく丁寧語を使用するようにします。
丁寧語を使用する事によって、常識ある文章になって、読みやすいです。
このように、文章の質を重要視しながらホームページを製作する事も大事になってきますので覚えておきます。

アクセス数を考えるのなら需要が高いテーマ

ホームページを製作する時に、アクセス数を多く集めて、できる限り他の人に多く見てもらいたいという考えを持っているのであれば、テーマを重要視していく必要があります。
そこで、お勧めになってくるのが需要が高いテーマです。最近では、美容や健康やダイエットなどが需要が高いです。需要が低いテーマにしてしまいますと、それだけ関心を持ってくれる人も少ないですので、結果的に思ったほどアクセス数を集める事ができないです。いくらあなたのサイトの内容が優秀であっても、興味がある人が少ない分野ですと、アクセス数に限度が出てくるというわけです。
しかし、需要が高く人気が高いテーマですと、あなたのサイトの内容次第で多くのアクセス数を集める事ができて、人気があるサイトになっていく可能性もあります。まずはテーマをしっかりと考えて、将来的にアクセスを集めやすいかどうかを考えるようにします。
ただ、需要が高すぎるテーマですと、当然ながらライバルサイトも多いです。ですので、工夫をしながらホームページを製作したり、高すぎる分野よりも程よく需要がある分野を選ぶというのもお勧めの選択になってきます。

ホームページのデザインを決めるときに考えるべきこと

ホームページ作成を依頼するときに、どんな雰囲気のデザインにしたいかを的確に伝えることは重要です。

あまりにも曖昧なイメージで進めてしまうと、作成途中で変更したくなったりデザイナーさんに何度もやり直しをお願いすることになり、時間がかかるだけでなく、追加見積もりになってしまったりします。

では、ホームページのデザインをどんな風に考えて決めればいいのでしょう。単純に好きな色やデザインを伝えるだけでいいのでしょうか?実はホームページの色選びにはある程度セオリーがあります。

例えば、赤系は購買意欲を刺激するので通販サイトなどに適しています。緑系であれば、見る人を落ち着いた気持ちにし安心や安全という印象を与えます。黒いホームページは神秘的な印象を与え占いサイトなどには適していますが、顧客に安心を与えたい場合は不適です。

ですので、単純に好きな色ではなくどんな印象を与えたいかを考えると自然と全体のカラーが決まってくるのです。こんな風に考えていくと、ホームページのデザインもおのずと決まってくるのではないでしょうか。

ホームページ作成を効率化させるエディタの便利機能

ホームページ作成を効率化させるのにスニペットという便利機能があるエディタがあります(おそらく最近のホームページ作成用のエディタにはたいていついていることでしょう)。

ホームページ作成をしていると毎回同じようなコードを書かなくてはいけない場面というのが出てきます。そういう時に簡単な方法でそういったコードを呼び出してくれる機能なんです。

たとえばHTML5のテンプレートなどを登録しておいてボタン一発で呼び出して使うなんて言うことができるわけです。エディタによっては呼び出したあとにタイトルの部分にカーソルを合わせてすぐに入力できるようになどといった設定ができるものもあります。

テキストエディタによく使うコードをコピーしておいてその都度コピー&ペーストするよりも断然使い勝手が良いので、使ったことがない人はぜひ使ってみてください。

ホームページ作成がぐんと効率化されるはずですよ。少しでも効率化をして余計な作業はしないようにしていきたいですよね。

ホームページ作成において重要なこと

昔はホームぺージと言えば、「自分でhtmlタグやCSSファイルを作成し、ファイルをサーバーにアップする。」という方法が主流でしたが、今はそれ以外にもさまざまな方法があります。

①ホームページ制作ソフトを利用する。
②WEB上に公開されているテンプレートを使用する。
③ホームページ制作の代行業者に依頼する。
④ブログをホームページとして使用する。
など、自分で一からコーディングを行わなくても、手軽に簡単に早くホームページを作ることが可能となりました。

個人サイトはブログをサイトとして使っていることが多くなり、
企業などは代行業者に依頼している所が多くなったのではないでしょうか?

「もう一から作らなくていい時代に入った。」と言ってもいいでしょう。

しかし、ここで注意したいのは、
「ならもうhtmlやCSSの知識は学ばなくても大丈夫なのでは?」
と思ってしまうところです。
この考えは、半分は合っていますが、半分は間違っています。
その理由をご説明致します。

htmlやCSSを学ばなくてもホームページは作れます。運営も出来ます。
しかし、ホームページに何か問題が起きた場合、どうなるでしょうか?
ホームページの細かいところを修正したい場合、どうなるでしょうか?

自分では対処出来ない。

そういった状態にはならないでしょうか?

私の経験から言いますと、ホームページを運営すると、何かしら不具合や問題がいくつかは起きます。なぜなら人間が作っているものだから、100%不具合や問題が起きないなんてのは無理なのです。

「そうなった場合、どう対処しますか?」
というお話です。
ホームページ制作では、ここが重要で、ここを考えて欲しいのです。
私からは以上です。

ホームページ作成に便利なリセット、ノーマライズCSS

ホームページを作り始めた人が意外に知らないのがリセットCSSの存在です。

ホームページをせっかく完成させたので色々なブラウザで確認していたら行間が違っていたり表示がちょっとおかしいということに出くわしたことはないでしょうか。ブラウザごとにデフォルトで設定されているCSSが微妙に違うのが原因です。

それをリセットしてくれる便利なCSSを色々な人たちが出してくれているんです。これを使えばブラウザごとのCSSの差異を気にしないでコーディング作業ができるようになります。もちろん人が作ったリセットCSSを使用せずに、自分で1から作っても問題ありません。

リセットCSSの場合はすべての要素がいったん無効化されてしまうので、それが嫌な場合はノーマライズCSSを使用すると良いでしょう。このノーマライズCSSというのは最小限のCSSを用いて有用なスタイルは残しつつブラウザごとの一貫性のなさを修正するものです。

どちらが良いかはプロジェクトごとに考えると良いでしょう。ホームページ作成にとても便利なこのふたつのCSS、ぜひ使ってみてくださいね。

お店のホームページを作成するとき、考えるべきこと

お店をやっている人であれば一度は宣伝のためにホームページを作成してみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

でも個人商店だしそんなにお金をかけたくないという場合、格安でホームページを作成してくれる業者さんが気になると思います。 格安でホームページを作成してくれる業者は、テンプレートを使いまわし、画像やデザインを変えるだけでホームページを作成しているところがほとんどです。

それでどこかのお店と似た感じのホームページができあがります。お店であればホームページを見る人が知りたいのは、サービスの内容と新入荷の商品やお店の場所、とだいたい決まっていますから、よく似たホームページでも特に問題ないのです。

メニューが同じでも全体のデザインや掲載する写真などでお店の雰囲気を伝えることができます。

ただし、個性を売りにするお店を経営しているならありきたりのホームページではお客さんもがっかりしてしまうでしょうから、ホームページにもある程度お金をかけるべきです。 自分のお店のためにどんなホームページがふさわしいか、よく考えてから発注しましょう。

ホームページを製作する上で大事になってくるのが内容の濃さになってきます。

今では、同じようなテーマのホームページが多くあります。

例えばダイエット関係のホームページは、数えるのが大変なぐらいの数があります。その中で少しでも検索順位を上げたい、人気を出したいのであれば1つ1つのページの内容を濃くしていきます。

もし、内容が薄いですとあまり価値観がないと判断されてしまいますし、見た人からしてもあまり自分のためにならなかったという感じを受けてしまって、再びそのホームページをアクセスする事がないという事もあります。

しかし、内容が濃いホームページですと、見る価値がありますし、検索順位の方もためになるサイトというように評価されて徐々に順位が上がる可能性があります。

内容が濃いホームページにするためには、そのホームページのテーマに関する知識が多くなければいけないですので、知識があるかどうかというのは大事になってきます。

そこで、自分が得意なテーマを選んでホームページを作成するようにします。 また、文字だけでなくて写真や動画を取り入れて行くと見やすい作りになってきます。

ホームページを作成する時のポイント

ホームページを作成する事は、以前に比べるとかなり楽な環境で作業ができるようになっていると思いますが、これからホームページを運営しようと考えているのであれば、後々の事を考えて事前に検討をしておくことがあります。
ひとつは、ホームページの目的にもよりますが、ブログの延長的な趣味のホームページなのか、あるいは商用としてのホームページなのかという点です。仮に商用サイトだとしても、自社の紹介サイトなのか、アフィリエイトサイトのよなものなのかという点です。
趣味のレベルで極力経費はかけたくないというのであれば、無料のレンタルサーバーを利用する事が最も簡単にホームページの運営上は楽な事になりますが、個人事業主としてのホームページやアフィリエイトのホームページとして考えているのであれば、是非有料のレンタルサーバーを使用して、独自ドメインをとる事をすすめます。
気持ちの問題という事もありますが、サーバーの安定性や使用勝手などを考慮すると長い目で見ると有料でレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを使用するのが無難な選択になります。
実際にホームページを作成する時には、作成用のソフトを利用するのか、テキストエディタなどで直接HTMLなどを利用して作成するのかという選択がありますが、ここは素直に作成用のソフトを選択する事をおすすめします。仮に商用として使うにしても、完成した時に自由度の高さは作成ソフトならではという事も考えられるからです。
世の中には多くのホームページ作成ソフトが販売されていますが、初心者の方であれば、どこかでわからなくなくなった時の事を考えて、できるだけ利用者の多いソフトか何かあった時にはインターネットで調べる事で解決できると言えます。
解らない時には、誰かに聞くのが一番早いのは確かなのですが、本来の力を身に付けるには、自分で書籍やインターネットをつかって調べた方が自身の力にもなります。
最後に、多くの人に見てもらうホームページにするには、検索サイトで上位に表示されることが有利には違いないのですが、あくまでもホームページの中身が魅力があるという事が最低条件です。せっかく検索サイトから観に来てくれた人がいても、特に良い記事がなければ、すぐに他のホームページにいってしまいます。検索サイトの上位に表示を目標にするのではなく、きちんとした記事やレビューなどを作成しながら、リピーターが増える事を期待した方が、最終的に良い結果につながります。

ホームページは引きつけ力が肝心

ホームページというのは興味を持っている人が大半見にくると思うのです。興味がある人が、より興味を見い出すようなそんなホームページが引きつけ力のあるものと思います。
ネットの世界には考えられないくらいの情報が埋まっていますが、興味を示して引きつけられるとそればっかり気になってみに行くことになると思います。
以前、私は子どものアレルギーに困っていた頃、アレルギーの子どもを持つお母さんのホームページより、お友達がたくさんできて、いろんないい情報をいっぱいもらった経験があります。その時もものすごく引きつけられました。夜も子どもたちが寝静まってからずっとそのママたちとネットでおしゃべりした記憶があります。

ネット環境の中のお友達や、共感が持てる仲間というのは、興味も一緒で感じること、考えることをよく似た環境で、よく似た目線で解ってもらえたり、情報をもらったり、情報を与えたりと心地の良い環境でいれるという好条件を満たすんだと思います。
心を引き付けるホームページを作成するのは難しいですが、そのことに対して、愛情をもって、理解のできる情報やわかりやすい説明などがやはりポイントになってくると思います。

目的をもたないホームページは役に立たない

ここまでインターネットが発達した時代において、ホームページを持たない会社はほとんどなく、何かしらホームページを持っている場合がほとんどです。

ただしそのホームページが活用されその会社に利益をもたらしているかどうかは別問題です。特にインターネットが世の中に認知されだした時代には、とりあえずホームページが無いと困るので作っておこう、と何の目的もなく作るだけ作って放置されている会社も非常に多くなっています。

全世界に24時間自社のサービスをアピールできるツールであるはずのホームページなのに、そのメリットを全く活かすことなくただ放置されているホームページに全く意味はありません。

せっかくの主要な広告ツールであるホームページを活用するためにも、もう一度目的や役割をはっきりさせ、ターゲットを明確にして誰に何をどうしたいのか、営業マンと同じように目標をはっきりさせまずは現状の確認をするべきです。

そしてその現状と目標の差を埋めるために、リニューアルを前提とした見直しをするのが第一歩となります

ホームページ作成ソフトがありませんでした

私は今から15年ほど前に自分のホームページを作ることにしたのですが、私はマックを使っていて、ホームページ作成ソフトがほとんどありませんでした。

おまけに私は当時、ニューヨークに住んでいて、アメリカのマックに日本語のOSをインストールして使っていたのですが、日本にいる友達にホームページ作成用のソフトを送って欲しいと頼みました。]

そこで、マックに対応しているソフトがあったので、それを送ってくれました。何もかもが初めてのことで、最初はよくわかりませんでしたが、サンプルとして、コーヒーショップのホームページを作るという練習がありました。

同時にHTMLの本をニューヨークの紀伊国屋で買ってきて、ホームページ作成用のソフトと一緒にHTMLを覚えることにしました。

それでやっと単純なホームページを作ることができたのですが、その時には考えられないほど最近のホームページは複雑になっていて、もう、ついていけないなと思っています。ホームページは単純なページだけにしています。

ホームページ作成には、慣れるまである程度の時間を要します。

ホームページ作成には、慣れるまである程度の時間を要します。巷では、短時間で公開するための方法が書かれた書籍や講座がありますが、そのようなやり方では表現できる幅が狭く、理想のページにはほど遠い出来となるでしょう。

また、作り方をしっかり覚えないと、何か不測の事態が起きた時に対応しきれません。

まともなページを作るためにはHTMLのマークアップを覚えるための訓練を積みましょう。 私がおすすめする方法としては、まずテンプレートを使って自分の好みのデザインに変えていく方法です。

初めての人にとって、一から組み上げていくことはハードルが高いです。今はインターネットで検索すればフリーのテンプレートはいくらでもダウンロードできる時代なので、組み上がったものから手をつける方がおすすめです。

テンプレートを変更する際でも、よくわからないスタイルが適用されていたりしてうまくいかないことがあるでしょう。そこはもう地道に調べていくしかありません。

HTMLは根気よく調べていけば必ず正解に辿り着けますし(HTMLは正解のパターンも多いですが)、そういった努力がホームページ作成に慣れるための近道になるでしょう。

ホームページの作成はやはり大半の人にとって非常に敷居が高いことだと思います。

スマホが普及した現代でも、ホームページの作成はやはり大半の人にとって非常に敷居が高いことだと思います。

できることであればホームページを立ち上げてブログやアフィリエイトを始めたい。

しかしそれをするのに必要である莫大な知識や情報が、やる気や希望をことごとく失わせる。やれプログラム言語だ、やれSEO対策だの専門知識のない人にとってホームページを作成することは夢のまた夢だったことでしょう。しかしソフトウェアの進展がそんな万人の悩みを解決してくれる活路を開いてくれたのです。

それはWordPressというものです。WordPressは近年、そのユーザー数を急激に伸ばしてきているブログシステムのソフトウェアです。利用者の中でプログラムの知識がない方は少なくありません。その理由としてWordPressは視覚的、感覚的にホームページを制作することができるということです。

プログラム言語という概念を取り除くことで、専門知識がなくてもデザイン性や文字のレイアウトという観点からホームページを作成することが可能になったのです。この他にも様々なメリットがあります。ホームページを作ることに興味がある方は是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

ホームページを作成するには、一般的にはホームページビルダーなどのソフトを使って作ると簡単に作ることができます。

ホームページを作成するには、一般的にはホームページビルダーなどのソフトを使って作ると簡単に作ることができます。しかし、私のパソコンはウィンドウズではなくマックだったので、ホームページビルダーが使えませんでした。
それにホームページ用のソフトがほとんどないような状態だったのです。
それでHTMLを勉強して、自分でプログラムを書くことにしました。最初は簡単なページしか作れませんでしたが、徐々に凝ったページを作ることができるようになりました。
HTMLを理解できるようになると、簡単にホームページのデザインを変えたり、内容を変えたりすることができるようになります。ソフトを使えばかんたんにホームページを作ることができるのでしょうが、私にとってはソフトを使う方が難しくて、HTMLを手打ちする方が簡単なのです。
ただ、最近のような複雑なホームページの作成となると、ちょっと難しすぎて、作ることができません。でも、手作りのホームページは愛着があります。

ホームページ作成を自分で行わずに外部の業者へ依頼する際の注意点

ホームページ作成を自分で行わずに外部の業者へ依頼する際の注意点はありますね。それは、できることならば「見積もり合わせ」を行なうことです。見積もり合わせとは、いくつかの会社に依頼の内容で見積もりを出してもらって、そして見積もりの金額と内容を比べてみる〜といったものです。

なぜに、ホームページ作成においても見積もり合わせが大事なのかと言いますと、それは何のことはなくより良い内容と金額で仕事を依頼するためです。いや、内容によってはその内容に見合う金額を支払うことは、ちっとも「もったいないこと」ではありませんから、もっと正確に言えば「不当に高いお金を要求されないため」とも言えるでしょうか。

もしも初めから一社に決めてホームページ作成の依頼を出した場合、その会社が優良ではない会社であった場合、不当に高い金額をふっかけられるかも知れません。依頼主が相場を知らない場合なども。

そのような事態を防ぎ、そしてホームページ作成の相場を知るためにも、やはり可能ならば見積もり合わせはやっておいて良いと言えるでしょう。はじめから優良な会社に当たればそのようなことをしなくても良いと言えるかも知れませんが、念には念を入れておいて決して損はないことでしょう。

ホームページといえば以前はパソコンで閲覧することが前提で作られていました。

ホームページといえば以前はパソコンで閲覧することが前提で作られていて横長のサイズで大き目の画面で見ると想定して作られていました。

確かにパソコンによって多少プロポーションが違っていたり、大小さまざまなサイズがあるといっても現在の小さなスマートフォンからテレビ大画面までネットを閲覧できるようになった現在と比べるとまったくその大きさの範囲が違うので作り変えて作成するということまでは意識されることはありませんでした。

しかし現在のウェブ閲覧環境はそれこそ多種多様化しサイズ設定も数多く考えないといけないようになりました。それに横長だけでなく縦長のスマートフォンもあり、さらにスマートウォッチやメガネで見ることができるウエアラブル端末などを想定したホームページの作成を考えないといけないようになってきています。

すべてに対応するということは現在ではすでに難しくなってきていますが、最低でも、パソコン用とタブレット用とスマートフォン用ぐらいはサイズ設定の用意はしておいたほうがいいと思います。

HTMLとCSSをある程度使えるようになったら次に触りたくなるのはJavascriptになるかと思います。

HTMLとCSSをある程度使えるようになったら次に触りたくなるのはJavascriptになるかと思います。

Javascriptを使えるようになると静的なページに動きを加えることも可能になってきます。もちろんCSS3を使ってもできますがJavascriptを使えるとさらに幅が広がっていきます。画面遷移なしにページを書き換えていくというようなこともできるようになります。

こういうことができるようになるとWebサイトがひとつ上の品質になってきますよね。話は戻ってJavascriptの有名なライブラリにjQueryというものがあります。細かいことは置いておいて、これを導入すると楽にプログラムをかけるようになるので試してみるのをお勧めします。jQuery用のプラグインはたくさん公開されておりライセンスの範囲内で使うことができます。

商用利用しても問題ないものもたくさんあり、多くの商用サイトでそういったライブラリが使われていますのでいろいろと調べてみると良いかもしれませんね。

PHPStormを使うと効率よくホームページ作成ができます

いままではある程度の規模のホームページやPHP(プログラミング言語)を利用したホームページ作成をするときでもSublimeTextというテキストエディタを利用していました。

ですが、やはりテキストエディタですのでできることというのが限られていて不満があったんです。そのときに勧められたのがPHPStormです。年間契約、ようはサブスクリプションで利用ができるソフトなのですが、これが本当に高機能なんですよね。機能が豊富すぎてまだすべての機能を使い切れていません。

あるクラスを開いていて継承元のクラスへ飛びたいなと言うのも一瞬でできます。HTMLを眺めていて、このスタイルの名前は格好悪いなと思ったとしてもボタン一発で変更できます。

ようは置換作業をしているのですが、それがとてもスマートで早いんです。置換専用のダイアログもあるのですが、それにこだわらずに素早く名前を変える機能があるんです。本当に便利ですし、もう手放せないIDEですね。

このソフトによってホームページ作成がかなり効率化されました。もちろんプラグインにも対応していますから、機能を追加することもできます。

ホームページ作成は昔に比べてずいぶんと楽になったように思います。

ホームページ作成は昔に比べてずいぶんと楽になったように思います。InternetExplorerも過去のバージョンはサポートが打ち切られましたので、それの対応をしなくても良い流れになったからです。

モダンブラウザだけであれば比較的、余計なことを考えずにコーディングができますからね。問題も発生しづらいですよね。とはいってもなんだかんだいってブラウザごとに違いはありますので、必要な機能がないとき、そういう時はポリフィルなどを使ったりしてごまかすという手段をよくとっています。

ポリフィルとは使えない機能などを使えるようにする小さなプログラムというようなものでしょうか。自作しても良いのですが、誰かが公開しているものが大量にありますのでそれを使えば良いでしょう。

すべてを自分で作っていたら時間がいくらあっても足りないですからね。インターネット上で出回っているものをライセンスに注意しながらありがたく利用させてもらえば良いのです。

ホームページを作成をする時に一番大事なことはクライアントと製作会社のイメージがいかに合点することだと思います。

ホームページを作成をする時に一番大事なことはクライアントと製作会社のイメージがいかに合点することだと思います。例えば、クライアントがアットホームなイメージを持っているのに、製作会社がモダンなイメージを持っていた場合、一から作り直しも考えられます。
そうなった時は納品が遅れるだけでなく、お互いの虚無感も生まれてしまいます。
その問題を解決するためにはチェックシートを作成し、基本的なイメージを合致させることが重要だと思います。
次にホームページのモックアップを作成をすることがよりイメージのずれを無くし、プログラマーにとってもやりやすいです。そのため納品が遅れることがない、あるいは納期を早めてクライアントにお渡しすることができます。
モックアップはWixなどの無料ツールを使って、簡単に作成ができ、修正においても時間を多く使わなくていい、というメリットがあります。
ホームページの製作会社にとってはもしかしたら当たり前のことかもしれませんが、クライアントにとってはイメージの合致をどのようにするのか、できるのかを知らないことが多いと思うので、お客様の声のところに「イメージを伝えるのは難しいですか?」の問いに「一度、ヒアリングをしたのち、簡単なイメージページを作成します。」などと記載していれば、依頼が増えると思います。
自社のホームページに製作の流れなどを書いておくとネットからの注文も増加すると思います。また個人的に思うのは価格を明確にしてほしいです。

ホームページ制作には適切なツールや考え方が大変重要な事となっていきます。

最近では多くのデザイン性や視覚的に美しいページを作る事ができます。無料で作成を補助するツールを入手する事でより確かな自分らしいページを作っていく事ができるのです。大変多くの方が自分らしいページを楽しんでいけます。

テキストやエディタ選びから始まり、自分の作業環境をどんどん快適にする事でよりクオリティの高いホームページ制作を楽しんでいけます。この分野で働くという事はもはや会社という組織に過剰に依存ずる必要性っすらなくなってくるのです。自分のスキルや確実な人人脈を持てれば誰でも好きな仕事をどんどん受して楽しんでいく事ができます。エンジニアの需要は今後もどんどん増えていきます。

オンラインで自分の好きなサイトを作成する事で収入を時間と場所を問わず得られる事は大変素晴らしい事です。普段から自分らしい感性とスキルを磨いていけば簡単に時間と収入を自分でコントロールする事ができます。

WEBの可能性は無限大です。写真加工のソフト等もどんどんクオリティの高い商品が安価に入手できる時代となってきています。自分の好きな場所で好きなページを作成していく事は大変素敵な時間を満喫していくにはベストな事です

ある程度慣れてきたらドメインを取得して広告のないサーバーを選ぶことをおすすめします。

ホームページの作成に、ドメインを取得して広告のないサーバーを選ぶことをおすすめします。

ドメインを取得する意味は、取得することで訪問者にとって覚えやすく、信頼性の高いサイトとなるためです。特に信頼性の高い、co.jpやcomでも年間1000円程度、月100円程度で取得することが可能ですので、ぜひ利用してみましょう。次に、広告のないサーバーに乗り換えることもホームページ制作の地味ながら重要な点だと思います。

fc2や忍者サーバーなどはPCで見る分には些細な広告のみ表示されますが、スマホから見た場合はかなり厄介な追尾型広告が表示されるため、ホームページの利便性や信頼性を下げてしまいます。ぜひ有料サーバーや広告のない無料サーバーを利用して、安心できるしっかりしたホームページ作りに役立てましょう。

ちなみに私のオススメはXdomainというサイトです。ここは無料サーバーでありながら広告が一切なく、容量も1GBと充分にあります。

ついでにドメインもここで取得でき、そのまま運用できるので非常に便利です!ぜひドメインやサーバーにも目を向けて、信頼性の高いホームページを作成してみてください!

ホームページを作りたい、リニューアルしたい、そういったお話しは多くあります。

ホームページを作りたい、リニューアルしたい、そういったお話しは多くあります。

ひと昔前では会社もホームページをとりあえず作っておこう、それは正しかったと思いますが、今も同じ気持ちだと、非常にもったいないです。今ではどの会社もホームページを持っているのが当たり前になっており、ホームページを持っているだけでは商売には全くつながりません。

ホームページにどういう目的を持たせるのか、どういったユーザーに、どのように利用してもらうのか、というところまでしっかりと考えて作らなければ、お金をかけて作っても無駄になります。かっこいいホームページを作っても誰にも見られないものになってしまいます。

いつ、誰に、何をしてもらうためのホームページなのか、そこをしっかりと決めることで、完成したホームページが役に立っているのか分析し効果測定をする指標にもなるのです。

そうすることでその目標が達成できていないのであれば、集客が必要であったり、ページを増やしたり、検索順位を上げたり、いろいろと戦略が見えてくるはずです。目標がないと、分析をしても効果が上がっているのかどうかがわかりません。

ですからできるだけホームページを作る前に、しっかりと関係責任者同士で話し合い、目標と目的を明確にするようにしましょう

私はイラストレーターです。ポートフォリオサイトを自作しています。

私はイラストレーターです。ポートフォリオサイトを自作しています。

最初はTumblrやJimdoを使って簡単に作る方法も考えましたが、ポートフォリオサイト自体も自分の作品だと考えて、自分なりのオリジナルサイトを作成しました。まず最初にぶち当たった悩みはhtml言語とcssが全く理解できないということでした。ですので、最初は文章の下に画像を貼り付けただけのような、本当に簡素なホームページとなってしまいました。

初期の頃はcssの存在自体よくわからなかったので基本的なhtmlのみで構成していた、というのがそうなってしまった要因だと思います。cssに出会い、知識を得たことでホームページのデザイン性は飛躍的に向上しました。一方で、cssはとても複雑でどんなことでも出来るという印象があり、デザインの自由度が高すぎてどうして良いのかわからなくなってしまった、という新たな悩みを抱えることになりました

。ホームページ作成、特にcssを使ってサイトを作る時には、あらかじめ自分の作りたいサイトのデザインをしっかり考えて紙に起こしておくのが、とても大切だと実感しました。

ホームページ制作は大変面白いです。

ホームページ制作は大変面白いです。自分の趣味や感性をオンラインで発表して多くの方の支持を得る事h今後の時代において大変重要な事故実現の方法です。

このようなページ制作を通じて事故実現を図る事は大変重要な事です。

現代ではこのようなビジネスも全盛の時代です。多くの方がインターネット等で商品の購入を行ったりしながら自分のライフスタイルをどんどん楽しんでいます。ホームページ制作はパソコンやITに関する知識に加え、マーケティングやデザイン性の学習等、大変多岐にわたる知識が必要となるのです。

まずは最低限HTMLやCSSを学習しましょう。これはそれ程難しい知識ではありません。参考書やオンラインで動画で学習をすすめる事でどなたでも、自分の時間を有効に使って学習を行えます。まずは習うより慣れろの感覚で徹底的にタグを書いていきましょう。段々とレイアウトや配色のコツが見えてきます。

一通りのコツやノウハウがわかったら後はどの分野に特化したサイトを制作していくかです。最近ではオンラインショップを構築したいと考える方が大変多いはずです。このような方はまずはアクセシビリティやユーザビリティに関してきちんとした理論を学んでいきましょう。

人が見たくなるサイトとはどのようなサイトなのかをきちんと考える事でより快適な自分らしいサイトをどんどん構築していく事ができるのです

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります。

なにぶん初めてだったので極力お金をかけるのは避けたいと思い無料のサーバーで無料のドメインではじめました。ホームページをはじめて作った時から数年がたったころ突然、そのサーバーの会社が潰れてしまいました。

無料のドメインの場合その会社がなくなるとドメイン自体も継続して使用することができなくなるため一からやり直さなくてはならなくなりました。

そのためつながりのあったホームページへURL変更の連絡をしなければならなくなったりバックリンクが無意味なものになってしまったのです。また、一からホームページを立ち上げるとなるとアクセス数も減ってしまったのです。

今思えば最初から独自ドメインでしっかりとしたレンタルサーバーを選んでおくべきでした。最初は右も左も分からないので知識のある方のアドバイスをしっかり聞いておく事がとても大切だということが分かりました。

ホームページ作成に必須のバージョン管理について

ホームページ作成に必須になってしまったもののひとつにバージョン管理があげられるかと思います。

そうです。gitです。プログラマーの間では当たり前だったのですが、いつの間にかデザイナーやフロントエンドエンジニアも使うのが当たり前になったように感じます。

gitというのは何かというと、先に書きましたがバージョン管理ツールのことで、作業の履歴をとることができるツールのことです。これを使ってホームページ制作している最中のデータの履歴を取っていくんです。

バグがあったとしても途中のデータを呼び出して戻したり、途中のデータからどのように変更を入れたのか確認をとったりすることができます。また複数人で開発するといったこともできます。

こういうツールがあるとホームページ制作の効率が大幅にあがります。もし何かあったときにも前のデータに戻したりできますので安心です。

gitをGUIで使えるようにするアプリもありますので、黒いコンソール画面が苦手な人も安心です。使ったことない人にはぜひ試してみてもらいたいですね。

はじめてホームページを作成しようとする人が注意したほうがよい点をまとめてみました。

ホームページを作ることはとても難しいです。今はSNSなどの利用が多くてホームページを作成する人は減ってきているかもしれません。

はじめてホームページを作成しようとする人が注意したほうがよい点をまとめてみました。

ホームページ作成を独学で勉強して作ることも可能です。しかし今はスタイリッシュで見栄えの良いサイトが好まれます。

そういったスキルを身に付けるには時間がかかります。

そのためプロに制作を依頼するのも一つの方法です。

またHTMLを自分でも少しは勉強しておくとちょっとした修正ぐらいなら自分でできます。例えば見出しのキャッチコピーを目立たせたいのでH2タグからH1にしたいとか。どこをどう探せば修正したいタグが書いてあるかも勉強して知っておくといいでしょう。

初心者の人がホームページを作成するときの注意点は自分でできることを知ってプロにお願いするところは依頼してそのかたわらで少し作成する技術を学ぶことが大切です。