カテゴリー別アーカイブ: 管理人より

HTMLを理解しているとホームページを作るのは楽です

私が使っているパソコンはマックです。それで、自分のホームページを作った時には、マック用のホームページ作成ソフトがほとんどありませんでした。

ホームページ作成ソフトが使えたら簡単にホームページを作ることができそうでしたが、私は適当なソフトがなかったので、自分でHTMLを手打ちで打ち込んでページを作ることにしました。

とてもシンプルなホームページを作ることになりましたが、シンプルだと逆に訪問する時に気軽にアクセスすることができるようで、アクセス数はかなり伸びました。

最近ではホームページよりもブログの方が主流になっていますが、私の場合は写真の作品を載せるページが欲しかったのでブログよりもホームページの方がいいと思いました。

HTMLを覚えるのはとても大変なことでしたが、一度覚えられると利用する時にとても便利で、簡単なページだったら何も見ずに作成することができるようになりました。HTMLを理解しているととても便利です。

このサイトの主旨について

このサイトは星の数ほどあるレンタルサーバー会社で初心者が失敗しないために有益な情報を提供しています。
過去、私は職業柄、様々なレンタルサーバーと契約し利用して参りましたが、正直良いサーバーもあれば品質がよくないサーバー、また普通のサーバーなどありました。
2015年現在月額100円を切る超低価格レンタルサーバーもでてきています。

既にレンタルサーバー会社は星の数ほどありますので、何をどう選べばいいのか?わからないのが本音だと思います。
過去に実際に使用した感想を元に各レンタルサーバーの実態をご紹介しています。

各レンタルサーバー会社を厳しくチェック!

ネット上にはレンタルサーバーの書き込み情報が数多くかかれておりますが、このサイトにおいてはかなり厳しく書いていくつもりです。

具体的には下記の項目をチェックしていこうと思っております。

1.レンタルサーバー全体の評価
皆さんにわかりやすくまずは全体的な評価を書いていきます。
このコメントをみるだけでサーバーの評価がわかると思います。
レンタルサーバーで導入をご検討されている方はこちらでを参考にしてみてください。

2.類似レンタルサーバーとの比較および評価
既に星の数ほどあるレンタルサーバー会社があります。
低価格のものもあれば高価格、法人向けレンタルサーバーもります。
1.にて評価したレンタルサーバーには必ず同じスペックのレンタルサーバーがあります。
その同スペックサーバーと比べてどこがいいのか?またどこが足りないのか?実体験に基づきサーバーを比較して参ります。

3.最新の情報を常に情報公開
レンタルサーバー会社も企業のため、サービス開始時の品質が悪かったとしてもサービスを改善していくことで品質の良いレンタルサーバーサービスになっていきます。
中には変わらないサーバー会社もあるのが事実ですが、常に読者の方に最新の情報を提供していくことで、サーバー会社選びのお役に立てて頂ければ幸いです。


レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、ホームページ、ブログ、ツイッター、ファイスブックなどWEB上に表示するデータを保存しておく場所です。
具体的にはHTMLファイル、CSS,PHPなど各拡張子がついたファイルになります。
ホームページをはじめとするWEBサイトでは、文字情報・画像情報・動画・検索システム・投稿機能はすべて情報であり、そのデータを格納する場所が必要です。

【徹底検証】エックスサーバーはいいこと書いてあるけど本当の所どう?

>>エックスサーバー詳細はこちら

 

エックスサーバーについてはいろいろ書かれていますよね。
使い勝手がいい、?表示速度が速い、サーバー容量が多いなどネット上には様々なことが書かれています。

エックスサーバーの特徴を一言でいうと・・・


エックスサーバーの特徴は一言でいうと、サーバー初心者が設定しやすいサーバーと言えます。

・ドメイン管理もやっているため、サーバー契約後に独自ドメインの取得ができます。

・申込み後、すぐにサーバー設定できます。
・サブドメインが無制限に取得できます。
・サーバーの両々は一番低いプランで30GBと中小企業レベルのWEBサイトでは無制限と同じ
・エックスサーバーは表示速度が速い

など使いすさを重視しているサーバーになります。

同じスペックサーバーとしては、ヘテムル・お名前ドットコムなどがありますが、サーバー初心者のことを考えれば使い勝手が一番だとおもいますので、ネットでかかれているとうりエックスサーバーがおすすめと言わざるおえません。

そのため、この失敗しないレンタルサーバーの選び方ではおすすめ度一番です。

もすぐにはドメインアクセスができません。

エックスサーバーはいくつまでドメインを設置できるの?料金比較

>>エックスサーバー詳細はこちら

ドメインはどこで取得をしても全く問題なくて、一元管理をしてみた方はxサーバーで取得してみましょう。

そして、新規にドメインをxサーバーで取得していくには、追加の申し込みをクリックして次に進み追加の申し込みへ移動後に、特に問題がないと利用規約に同意するをクリックして、次に進みます。

そして、希望するドメインを入れて検索します。そしてそのドメインが既に使われていると取得はできませんから、別の名前で再検索しましょう。使われていないものが見つかると取得の確認して問題がなければ最終確認をして完了します。そして申し込みが正常にされれば指定したメールアドレス宛に、ドメイン新規取得申込受付完了のお知らせといったメールがxサーバーから届くのです。

元々xサーバーはワードプレスを動かす目的で借りたサーバーであり、いまワードプレスサイトばかり10ドメインをマルチで運用しています。トテモこれからも大事に活用できます。

料金の費支払いが済むまでは最終段階まで完了したことにならないので、注意しましょう。

支払いはxサーバーのインフォパネル料金のお支払からしていきます。

そして利用できる支払方法は銀行振り込みやコンビニ払いやペイジーやクレジットカードがあります。そして、xサーバーは利用者のネット上でも評価や評判なども上々でとても安定した稼働率で運営できますが、利用者層は個人から法人ユーザーまでと幅広くて、さらに国内でもトップクラスの人気レンタルサーバーです。

そして、xサーバーの申し込み方法は、申込フォームからサーバーの申し込みをします。そして申込フォームへのリンクが何か所もあるのですが、どのリンクでも同じページが表示されるのです。

そして申込フォームへ移動後には、特に問題なければ利用規約に同意するをクリックし次にすすみます。

そして、サーバーのみの契約か、ドメインの新規取得か独自ドメインの移管かと言ったことを選択することになり、レンタルサーバーを借りるときはドメインの取得も考えていてもサーバーアカウントの申し込みで問題はないのです。

エックスサーバーは他社ドメインを利用できるか?

>>エックスサーバー詳細はこちら

ドメインを取得すると、xサーバーにドメインをわりあてて使えるようにします。

そしてドメインはどこで取得をしたものでも同じ手順ですが、xサーバー以外で取得したドメインに関して、取得した事業者でドメインのDNS情報をxサーバーのネームサーバーを差すようにしてください。

そして、xサーバーで取得したものはネームサーバーの変更はないのです。

そして新規のドメインをxサーバーに設定するときは、xサーバーにログインし、ドメイン設定をクリックしして進み、ドメインの追加設定をクリックして次に進み、今回取得したドメインを入れて、ドメインの追加をクリックして次に進むのです。

そして入力の時にスペルミスをしないように注意しましょう。また、入力をしたドメイン名で間違いがなければドメインの追加をクリックしますが、正常に追加設定出ると、設定完了画面が表示されてドメインの追加がおわります。ですからしっかり活用していきましょう。