カテゴリー別アーカイブ: エックスツーサーバー

エックスサーバーの契約件数は非常に多い

エックスサーバーというのは国内のレンタルサーバーでは最大手と言えるほどの有名な会社だと思います。

そのエックスサーバーは知名度や信頼度がとても高いと思うのですが、具体的な数字でいうと非常に分かりやすいかもしれません。 エックスサーバーがどれだけ人気になっているのか?ということを具体的な数字で表すと10万件以上の利用ケースがあるということが1番理解しやすいと思います。

これは個人、法人を合わせた数字のことで、それらをトータルすると10万件以上の契約件数になっているのです。 10万件以上というのは非常に大きな数字に見えますけど、エックスサーバーを利用しているケースがそれだけあるというのは、エックスサーバーの人気の度合いを示すときには1番便利な数字になると思われます。

というのも、10万件以上のケースでエックスサーバーを利用しているなんていう状況は、そのレンタルサーバーの会社のサービスの充実度や信頼度が優れていなければまず達成できないからです。

したがって、この数字はエックスサーバーが非常におすすめであると、多くの人にとって有益なレンタルサーバーであるという可能性をかなり示唆できるものであると言えると思います。

エックスサーバーは利用者からの評判も良いですし、いろいろな良い口コミが見つかります。 また、私自身も使っていて便利なだと感じており、特に不満もないので、本当に多くの人たちにおすすめしたいと思います。

エックスサーバーから公式に基盤システムを刷新するとの連絡が入ってきました

刷新されるのはsv2001.xserver.jp以降のサーバーであり、それ以前のサーバーに関しては移行ツールを用意するので移行したい人はしてくださいという話のようです。

移行ツールが公開されるまでは個別に対応するので連絡をくださいという話のようです。気になったのでサポートに問い合わせたのですが、現時点ではsv2001.xserver.jp以前のサーバーではもうこれ以上新しいバージョンのPHPやPythonなどが提供される予定はないとの話です。

Perlのバージョンも5.8で止まり、Pythonも3.3.1で止まるわけです。それ以降のバージョンが使いたければ新サーバーに移行してくださいという話なんですね。Xサーバーを使っている人で自作のWEBサービスを運営されている方もいらっしゃるかもしれません。

そうなると気になってくるのが仕様の違いなのですが、一番気になる部分としてはMySQLのバージョンが5.5から5.7に変わる点ではないでしょうか。

仕様の違い、バージョンの違いから新しいサーバーに移行すると動作がおかしくなる可能性というのはゼロではないわけです。

そのため、新サーバーに移行を検討している方はきちんと確認をしてから移行しましょう。