カテゴリー別アーカイブ: フィスコ

権威のワナ


バラックです。

あなたは、投資情報の世界で評価の高いFISCO
という会社をご存じでしょうか。
私たちが取引でお世話になるFXブローカーの中には
この会社のフィスコレポートを読める、ということを
ウリにしている会社もあるほどです。

そのFISCOが、こんな記事を書いていました。

ドル・円はしっかりの値動きとなり111円台を回復した。
時間外取引の欧米株式先物が堅調地合いとなり、
今晩の株高を見込んだ欧州勢の円売りが観測される。
一方、米国10年債利回りは2.33%まで上昇しており、
ドル買いも強まっている。

こんな記事を読むと、今後もドル買いが続きそうな
気がしてきます。

しかし、チャートを冷静に見れば、現在のドルは
あまりにも急激に買われており、短期間で一本調子の
上昇をしていることが見て取れます。

これを見て、何かあるのではないか、と感じ取る
必要があるのではないかと思うのです。

結論から言うと、トランプ勝利による経済政策見直しを
想定したドル買いを経て、イエレンFRB議長による
12月利上げ示唆(明言?)までの一連の流れの中で
ドル買いの材料は出尽くした、という見方もできる
ということです。

とすると、ここで一旦レンジに入るか、調整の反落を
疑っておく必要があるはずです。

オシレーター系チャートを見ると、買われ過ぎの
サインを発しています。

相場は、今年の4月末と5月末につけた高値のあたりに
差しかかっていますが、いずれも111円台を付けた後で
反落しています。

ドルロングの一点張りでは、そろそろ危ないタイミングに
なっていると思います。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.11.22