カテゴリー別アーカイブ: テクノロジハードウェアニュース

EMC、ストレージに関する新技術とともに新製品群を発表

EMCは2011年1月18日、SMB(中堅・中小企業)向けストレージ、ミッドレンジ向けユニファイド・ストレージ・システム、ハイエンド・ストレージ向け新ソフトウェア、およびディスク・ベース・バックアップ/リカバリを含む、40以上に及ぶ最新の技術と製品を発表した。

発表された新しいハードウェアとソフトウェアの概要は以下のとおり。

新ストレージ・システム「EMC VNXe」は世界で最もシンプルで高効率かつ低コストなユニファイド・ストレージで、SMB(中堅・中小企業)向けに設計されている。同製品は同社パートナー企業を通じてのみ提供される。エントリー価格は1万米ドル以下で、IT担当スタッフがウィザードを利用し、仮想サーバと数百に及ぶメール・ユーザーの構成をわずか数分で設定可能にする。また、セットアップ、管理、保守に直感的で使いやすいインターフェースを採用し、高度なストレージ・テクノロジーが提供される。

「EMC VNXファミリ」は、市場をリードするSANシステムの「EMC CLARiX」とNASシステムソリューション「Celerra」を、高性能なユニファイド・ストレージ・ファミリに集約した新しいユニファイド・ストレージ・システム。「VNX」は従来の3倍簡素化され、より高効率かつ高速なシステムで、容易に管理できるようなインターフェースを備え、かつ従来の製品に備わっていたすべての機能が使用可能。

「EMC Symmetrix VMAX」向けの最新ソフトウェア・テクノロジーにより、「VMAX」は世界で最も高性能で信頼性が高く、洗練されたストレージとなり、数ペタバイト・レベルの情報と最大500万に及ぶ仮想マシンをサポートすることが可能となる。

新機能として、データの利用に応じてリソースを自動最適化するソフトウェア「FAST」の高性能バージョン、サーバ仮想化/セキュリティ/統合に関する新機能、システムのパフォーマンスを2倍に向上させる新OSが挙げられる。ハードウェアのアップグレードは一切不要。

「Data Domain」は、競合に比べて7倍高速な新システムを搭載した業界で最高レベルのバックアップ機能を提供する新システム。また最新の「Data Domain Archiver」は、長期間にわたるディスク・ベースのバックアップ保存専用として設計された業界初の重複除外システム。

EMCジャパン
http://japan.emc.com/