カテゴリー別アーカイブ: 仮想化ニュース

NEC、プライベートクラウドサービスを刷新し、「RIACUBE-V」を提供開始

NECは2011年1月17日、自社の経営システムをクラウドで刷新した経験を活かし、クラウドプラットフォームサービス「RIACUBE-V」を開発したと発表した。

同社は、同社が推進するクラウド指向データセンター(CODC)のグローバルな展開計画に基づき、2011年4月から順次導入し、世界主要地域に展開する。これにより、クラウドプラットフォームとしてモデリングした「CODC基盤」に運用やサービスレベルを組み合わせ、均一なプライベートクラウドサービスをグローバルに提供することが可能となる。

「RIACUBE-V」は、CODCにリソースプールされたサーバ、ストレージ、ネットワーク環境等と仮想化技術とを組み合わせることで、リソースを自動で切り出し、短期間で高信頼なプライベートクラウドサービス(IaaS、PaaS)を提供する。

「RIACUBE-V」上に、クラウド指向サービスプラットフォームソリューションの豊富なサービスメニュー(現行100種以上)を順次移行・新規拡充し、信頼性の高い総合的なクラウドサービスをグローバルに提供する。

同様に、豊富な業種ノウハウを持つNECグループのSEが、「RIACUBE-V」上に、顧客の個別ニーズに対応した業務システム等を開発し、プライベートクラウドサービスとしての提供も行う。

また、ニーズに応じ、顧客の環境下に「RIACUBE-V」のノウハウ活かしたプライベートクラウドのIT基盤を構築することも可能。

同社は、これまで蓄積してきたITとネットワークの技術力と実績をもとに、ビジネスコンサルティング、OMCS(オープン・ミッション・クリティカル・システム)構築のノウハウを投入し、自社基幹システム(経理、販売、購買)をクラウド化し、海外拠点を含めたグループ各社への展開を進め、2011年10月には、NECグループ全体へのシステム展開を完了する予定。

NEC
http://www.nec.co.jp/