カテゴリー別アーカイブ: ショップサーブ(Eストアー)

ショップサーブはレンタルサーバーが必要?

Eストアーショップサーブとは分かりやすく説明するとレンタルサーバーのことです。
ホームページを立ち上げてネットサービスを展開したくてもやり方がわからない人の代わりにホームページを作ってくれるサービスです。。

ネットショップに必要なものを全部やってくれるので簡単にホームページを立ち上げることができます。
ネットショップを始めることによってよりよい集客を得られます。
全面的にサポートしてくれるのでどうやってネットショップを運営していいのかなどのアドバイスをしてくれます。
導入事例に基づいてアドバイスをするので売り上げアップに非常に役立ちます。
よくホームページをつくったのはいいけど更新の仕方などが分からなくて放置している所が結構あります。
今のネット時代にネットを活用した宣伝方法をしないと損なのです。
それにせっかくホームページを作ったのならたくさんの人にみてもらいたいものです。
コスト面で考えると宣伝用にチラシを配ったりとかCMと考えるとかなり削減ができます。
ただ綺麗にホームページを作ればいいのかというとそうではないのです。
人が読みたくなるようなホームページを作らなければ意味がありません。
Eストアーショップサーブはそのようなことを考えながらネットショップを変わりに立ち上げてくれるのです。
店舗だけでなくネットの集客を狙っている人には最適なサービスです。
それにネットで商品の口コミが広がることによって更なる集客数につながります。

ショップサーブの販売代理店制度について

Eストアーでは高機能ネットショップASPの「ショップサーブ」や大容量レンタルサーバの「サイトサーブ」で販売代理店制度を設けています。
どちらのサービスもインターネットで通販ビジネスを展開しようとしている企業や個人事業主にとっては必要なサービスです。
Eストアー以外にも類似のサービスを提供している企業はたくさんあります。しかし、Eストアーは以下に挙げる内容で他社サービスと比較してもメリットが大きいようです。その点をご紹介いたします。
・独自ドメインの取得・維持費用が無料です。
・独自の集客サポートショッピングフィードがあります。
・クレジットカード決済代行手数料が3.675%~でご利用できます。

これ以外にも、豊富なデザインテンプレートや規模に合わせてグレードアップやグレードダウンが可能な価格体系など使う人目線でのサービス提供が行われているので、販売しやすい商材だと思います。是非、積極的に販売して一緒に成長していきましょう。

ショップサーブをカスタマイズしたいのですが、CSSなどの質問に答えてくれるのでしょうか?

デザイン質問掲示板はオリジナルのデザイン機能を利用してみてショップで作られているショップのHTML屋CSSの質問に答えてくれます。


そして作業をしてれば表示が崩れてしまって直せないといったことや思うようなことにならないといったことがあれば、気軽に質問してみてください。そして開店や運営のきほんやSEO対策から集客ノウハウなどもメイクショップであれば伝えられるような充実の内容で助かります。


そして習熟度や学びたいような内容に合わせて、無料回転セミナーやデザインセミナーや上級者向け集客セミナーや共催セミナーなどの各種豊富に用意していて便利です。そして、ショップ一つ一つに専用の掲示板があって、電話では伝えにくいような技術的な質問に利用できるでしょう。そして登校していただいた質問は、しっかりと1~2営業日に解凍してくれます。


そしてネットショップ開店と運営の基本がしっかりと詰まっているようなオリジナルDVDとテキストの教材を無料で配布していて、ナレーションに沿って設定していくだけでいいのです。

ショップサーブの集客サポートはどのぐらい充実しているか?本当に、商品が売れるのか?

ショップサーブではお客様の集客サポートのサービスとして『Eストアーニューススタンド』を展開しています。

Eストアーニューススタンドとは、お店の情報をFacebook、Twitterを中心とした各種ソーシャルメディアに「ニュース」として情報発信することが可能なサービスです。

Eストアーニューススタンドショップサーブすべてのプランで無料で利用することができます。

特にSNSへの連携を図ることで、拡散性が期待できますし、手間もかかりません。
また、予約配信も可能ですから、お店のお休みやセール情報などを予約しておくことも可能です。

被リンクが増加しますので、検索エンジン対策にもなります。

情報を積極的に配信することでお客様とのコミュニケーションを強化していくことになります。

このようなメリットを享受することが、Eストアーニューススタンドを活用することで可能になってきます。

ショップサーブでコンビニ払いは対応していますか?

ウェブショップ総合支援サービスのショップサーブについて考えてみたいと思います。
今回はショップサーブの決済方法でもクレジットカードの次にお客様の利用意向が強いコンビニ支払いについて書いてみたいと思います。
ショップサーブのコンビニ支払いは国内の主要コンビニ13社で利用できるコンビニ決済代行サービスです。
コンビニ決済は女性や若い人に人気ある決済方法です。

ショップサーブのコンビニ決済代行サービスの料金は導入にかかる費用は一切必要ありません。初期費用、月額費用ともに無料です。
決済の時に手数料を徴収します。1売り上げに対して315円(税込)の手数料を徴収します。この料金中には郵送料金も含まれています。また、回収金額が31,500円以上の場合は別途印紙代が200円かかります。

申し込み手続きはショップサーブの開通後に必要書類を送付します。ショップサーブが、各決済会社に一括で申請しますので、手間がかかりません。
審査結果は後日メールで連絡されます。

ショップサーブの決済サービスの口コミと評価

ショップサーブの決済サービスには月6回の入金サービスがあります。この他にも月1回払い/2回払いもあります。
月6回払いのサービスはスピード入金というサービス名称です。
スピード入金は締め日から最短5日後にご入金となりますので、月に数回に分けて仕入ができます。
ですから少ない資金で在庫リスクのない運営も可能です。
スタート直後のウェブショップにとってはありがたいサービスです。

スピード入金(月6回入金)下記のサイクルになります。
毎月 1日~ 5日確定分 : 当月10日入金
毎月 6日~10日確定分 : 当月15日入金
毎月11日~15日確定分 : 当月20日入金
毎月16日~20日確定分 : 当月25日入金
毎月21日~25日確定分 : 当月末日入金
毎月26日~末日確定分 : 翌月5日入金

スピード入金(月6回入金)のご利用にはお申し込みと審査が必要となるため。
審査の結果、ご意向に沿えない場合があります

ショップサーブでfacebookを使うことができるのか?

ウェブショップ総合支援サービス『ショップサーブ』の集客サポートサービスについて書いてみたいと思います。
大手SNSサービスの『Facebook』にショップサーブ登録した商品を掲載することで、ファンとつながりを構築し、集客することが可能になるサービスです。

商品掲載がされている事で何を扱っているお店なのか、どのようなお店なのかがわかり易くなるために『いいね!』でシェアされやすくなります。

このようにFacebookをコミュニケ―ショーンツールとして利用することが出来るので、ショップサーブで構築されているウェブショップへの誘導が図り易くなります。

でも、Facebookにお店ページ作れるのか心配になる方もいらっしゃるかと思いますが、ご心配は無用です。ショップサーブがFacebookにお店ページを作成してくれます。
面倒なお店ページの制作あなたが行う必要は有りません。料金は無料です。

作成された、Facebookのお店ページとショップサーブは自動連携されています。
ですから、更新はショップサーブだけでOKです。
つまり、ショップサーブの商品情報を登録・削除・変更すれば、Facebookのお店ページの商品情報も自動で更新されるという事です。

Eストアーコネクト 料金は開通料:¥9,800、月額利用料:¥1,800です。

ショッピングカートのショップサーブで売り上げはあがりますか?

ショップサーブはショッピングカートというよりもネットショップコンサルティングサービスに近いと言った方が正解かもしれません。

何故なら、通常のショップシステムを提供している会社と違い、ホームページを作ったあともサポートしてくれるからです。

EストアーショップサーブはSEO対策に強い構造をしています。

SEOとは、YAHOO、GOOGLEで検索したときに上位に表示させる技術です。

いくらよいいい商品を掲載したとしても、誰にも見てもらえなければ存在しないと一緒です。

ネットショップで販売数を伸ばすには、アクセス対策、SEO対策が重要になります。

eストアーショップサーブ比較・評価によると、ショップサーブは国内では有数の集客サポートがついているそうです。

具体的には、無料の電話相談、メール相談などが無料でうけることができるそうです。

ショップサーブは他社カートとどこが違うのか?

Eストアーショップサーブの魅力はなんといっても集客サポートが充実している点です。

カラミーショップ、メイクショップ、エックスカート、お茶の子ネットなどはショッピングカートとしての性能は非常に高いのですが、ネットショップ開業後のアクセス対策、集客サポートはあまり充実していないのが現状です。

ショッピングカートを運営会社の多くは、システムを作るエンジニア集団ですので、どんなシステムがいいのか?はあまり考えず、どちらかというとどうやったらそのシステムが実現できるのか?

そこにフォーカスしているのがほとんどです。

いくら凄いシステムを作ったとしても、そのシステムが全くうれないものだったら、開業すること自体がいみありません。ネットショップもショップですので商品が売れなければ意味がないのです。

その点、ショップサーブは集客サポートが充実しています。

無料の集客サポートが電話で受けられるのがメリットですね。

個性的なネットショップを展開がショップサーブの魅力の一つです。

ショップサーブはインターネットでネットショップを構築するために必要なサービスが全て揃うと評判のショッピングカートです。
月額料金が最低でも4800円がかかりますので、格安なショッピングカートと比較すると高めに感じるかもしれません。
しかし、これは必要な機能がオプションではなく標準となっていることが有りますので、利用するサービス内容によっては割安になる場合があります。

そのひとつとして豊富なデザインテンプレートがあります。
HTMLがわからないという方でも、テンプレートが豊富にあるので、写真を差し替えるだけでも見た目が異なるサイトのデザインを用意することが出来ます。

また、FTP機能を使って独自HTMLのアップロードが可能です。HTMLです。。
独自のデザインを展開する事でより個性的なネットショップを展開できるのも、ショップサーブの魅力の一つです。

Eストアーってどんな会社なのでしょうか?

Eストアーは港区西新橋にあるウェブショップの支援サービスを提供している会社です。JASDAQに上場しています。
その他にはレンタルサーバもサービスを提供しています。

特にウェブショップ支援サービスのショップサーブは大手に属しています。
店舗数は29110店舗(2013年5月現在)を数えています。

ウェブショップは栄枯盛衰が激しいので、価格帯と機能を豊富に持ち、ミドルレンジの顧客をしっかりと捕まえておく必要があります。

機能と価格のバランスがとれていなければ、他のサービスに流れてしまいます。また、販売が拡大せずに撤退する企業も多いです。

その為には、常に変化の激しい市場に対して最適化されたサービスを提供することで、市場の評価を得ることが求められます。

現在のところは多くの加盟店舗を抱えて順調に拡大をしていますが、サイト構築が無料のサービスがかなり登場していますので、更にサービスを拡充していく必要があるかもしれません。

Eストアーショップサーブの強みは、運営の全般についてのバックアップ体制があること

Eストアーショップサーブの強みは、単なるレンタルサーバー業者ではなく、ネットショップ運営の全般についてのバックアップ体制があることです。

ネットショップは、実店舗がないだけでその他のことは、バーチャルでもネットでも同じです。商品の紹介と宣伝・注文の受注・代金決済・商品の梱包と発送・売上集計・顧客管理と多忙を極めます。これらは、広告があってお客様が来てくれて買い物をしてくれてのことです。

実店舗なら、通りがかりの来店もありますが、ネットで通りすがりというのは奇跡よりも確率が低いです。集客には、広告が必要です。しかし、費用を払っても効果がなければ意味がありません。費用対効果の高い広告は、それなりの技術と経験が必要です。Eストアーショップサーブは、加入店舗約30,000店の実績をもとに、それぞれの商材に合った広告手法のノウハウを持っています。

広告は、忙しい業務に合間に片手間に行っても効果は出ません。良い商品を持っていても、その商品が消費者に知ってもらなわければ文字通り宝の持ち腐れです。Eストアーショップサーブを選んで良かったと言えるものがあります。

Eストアーショップサーブは、集客バックアップだけではありません。サイト構築からショッピングカートまで、ネットショップに必要なものは、商材を除いて何でも揃っています。

お店を作る、ショップを運営する、成功発展させる、というシステムを持っているのがEストアーショップサーブです。これらを利用してネットショップを成功させましょう。

Eストアー(ショップサーブ)を導入すれば本当に売り上げが上がる?総合的評価

ネット通販総合支援の株式会社Eストアーは国内のECサイトを対象にした商品データフィードサービスを開発して、2013年4月17日に提供をしています。
ひとことでいうと、イーストアで出店している店舗を集めたショッピングモールを開発したということです。

ショッピングフィード・マーケットプレイスは、国内有数の各比較サイトやショッピング関連サイトなど、約50サイトへ商品データが配信され、月間約6000万ユーザーへのアプローチが可能になっています。

そして購買意欲が高いユーザーを効率的にサイトへ誘導して、集客と売り上げ拡大を実現できるのです。そして、ECサイトで扱っている商品の販売単価や利益率や受注率などそれぞれ異なってくるといったことを考慮して、クリック課金や成約課金を選べる課金モデルを用意して、最も費用対効果が高い課金モデルになっています。

ECサイト運営者やK集客拡大のために効果的に各種集客チャネルを活用するといったことがとても重要になっており、一方で各種集客チャネルの使用といった形式で商品データを更新をするといったことは、集客チャネルの数が増えるほど、ECサイト運営者の負担になるのです。