2İLAN<b></b><b>С</b>RMI ??

場合によってはうまくいったり、行かなかったりするかもしれません。ということでぐぐるとこんな良いページがヒット 要するにjava.rmi.server.hostnameプロパティで、RMI通信するサーバーを設定する必要があります。LocateRegistryクラスを探しても、...

さくらインターネット、外気冷房を採用する石狩データセンターを開所

さくらインターネットは、2011年3月より北海道石狩市に建設を進めてきた石狩データセンターを竣工し、2011年11月15日に開所すると発表した。

石狩データセンターは、クラウドコンピューティングに最適化された日本最大級の郊外型大規模データセンター。

北海道の冷涼な気候を活用した外気冷房により、ほぼ通年でサーバールームの外気冷房が可能。データセンターのエネルギー効率をあらわす指標であるPUEは、通常外気冷房のみで1.11、夏季に従来型の空調運転をおこなった場合でも1.21を実現する。外気冷房により空調コストは約4割削減できる見込み。

東京ドームの約1.1倍という広大な敷地に、1棟あたり最大500ラックまで対応できる分棟式の建物を、最終的には8棟最大4,000ラックまで増設する予定。開所時には、2棟分を建設し、サーバーラックを200ラック設置する。データセンター自体を分棟式とすることで、当初から大規模な建物を建設する必要がなく、需要動向に応じた拡張が可能。サーバールームは100ラック毎のモジュール設計で、非常用発電機やUPS(無停電電源装置)もサーバールームごとに設置するモジュール型。これらは、建物と同様に需要動向に応じた拡張が可能で、その時々の最新の技術を採用することができるというメリットがある。

■石狩データセンター概要

  • 施設名  石狩データセンター
  • 建設地  北海道石狩市
  • 敷地面積 51,448
  • 建築面積 7,091 (2棟の合計面積)
  • 延床面積 11,392 (2棟の合計面積)
  • 建物構造 地上2階建・鉄骨造
  • ラック数 1,000ラック (2棟の最大ラック数。最終8棟で最大4,000ラック)
  • 受電電圧 66,000V(特別高圧)
  • 供給電力 標準8kVA/ラック(最大15kVA/ラック)
  • 床荷重  1,000kg/
  • 設計施工 大成建設
  • 開所日  2011年11月15日

 

プレスリリース
http://www.sakura.ad.jp/press/2011/1107_ishikari.html

富士通研究所、CPUの廃熱を用いた冷却技術を開発

富士通研究所は11月7日、CPUから発生する廃熱を利用して、サーバルームの冷却に使用する冷水を製造する技術を開発したと発表した。

今回開発された技術は、CPUから発生する廃熱を利用して15〜18℃の冷水を連続的に製造するというもの。水冷式のCPUより排出される廃水は、55℃と温度が低く、負荷によって温度も変動するが、この廃水からも連続的に冷水を製造することが可能となる。

下記2つの技術により、冷水発生装置へ入力された廃熱量を100%としたとき、最大で60%の熱量に相当する量の冷水出力が得られることを確認した。

・55℃の低温で効率的に水を乾燥できる新素材の開発

廃熱を利用した冷水発生装置として、吸着材の水分吸着力によって水を蒸発させ、その際に周囲の熱を奪う性質を利用した吸着式ヒートポンプを利用している。連続的に冷水を製造するためには、室温における吸着材への水の吸着と、廃熱を利用した乾燥のサイクルを繰り返す必要がある。今回、新素材の吸着材を開発し、室温における水の吸着性能、および、55℃での乾燥性能を向上させた。これにより、55℃での低温動作を可能にした。

・乾燥に必要な廃水の温度を維持する技術

CPUの温度は負荷により変動する。連続的に冷水を製造するためには、廃水の温度を吸着材が乾燥できる40℃から55℃の範囲に維持する必要がある。CPUの負荷に合わせて、廃水の流量を制御することで、冷水発生装置に供給される廃水の温度を40℃から55℃の範囲に保つ技術を開発した。

CPUの廃熱を利用して製造した冷水を空調装置で使用することにより、データセンターでの空調消費電力を最大で約20%削減することができるという。これにより、サーバラック1台あたり、年間最大で1.2万KWh、杉の木360本分のCO2の削減に貢献できる。

2014年ごろのデータセンターでの適用を目指して、大規模化、スペース効率の向上、信頼性の向上などの技術開発を進めていく。工場、オフィスビル、太陽熱発電システムなど、データセンター以外の用途において利用されていない低温廃熱への活用を目指す。

 

プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/11/7-1.html

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、ストレージ仮想化技術を活用した「ファイル移行サービス」を販売開始

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは11月1日、仮想化技術を活用し、ストレージ間のファイルデータの移行を効率的に実現する「ファイル移行サービス」を販売開始した。

「ファイル移行サービス」は、F5ネットワークス社製のストレージ仮想化製品ARXの一部の機能を利用しており、ユーザーは専用設備を所有せずに、低コストかつ効率的にファイルデータ移行を実施することができる。移行期間中は、一時的にユーザーのストレージ設備を仮想化し、新旧のストレージを同時に運用しながら実行するためシステムを停止する必要がなく、移行中のファイルも通常どおり使用することができる。富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが保有するストレージ仮想化製品ARXはマルチベンダー対応のため、ユーザーのストレージ設備に依存せず、オンプレミスやクラウドなどの利用環境に関わらず、利用することができる。さらに、あらかじめ設定したスケジュールに沿ってファイル移行が自動実行されるため、システム管理者の運用コストも大幅に削減することが可能。

10テラバイトのファイルデータ移行を行う場合のモデル価格(ストレージ仮想化製品レンタル、導入SE作業含む)は630万円(税込)。

■「ファイル移行サービス」の特長

・専用設備の所有が不要
ファイル移行に必要な機器を移行期間のみ貸し出しするため、専用の設備を所有することなく、ファイルデータの移行を行うことができる。

・移行期間中のビジネスへの影響を最小化
ファイル移行の期間中もストレージは無停止。ファイルの参照や更新を含めた日常業務の継続が可能で、通常の業務システムも使用できるため、ビジネスへの影響を最小化してファイル移行が実現できる。
クラスタ構成を採用しているため、万一の障害時にもストレージを停止させず、継続利用を可能とする。

・効率的なファイル移行により運用管理コストを大幅に削減
あらかじめ設定した移行スケジュールに沿って自動実行されるため、運用管理者の作業負担を軽減することができ、運用管理コストを大幅に削減。
ストレージ構成は、マルチベンダー環境に対応し、効率的な移行を実現できる。

 

プレスリリース
http://www.ssl.fujitsu.com/release/2011/11/1.html

京速コンピュータ「京」、10ペタフロップスを達成

独立行政法人理化学研究所(以下、理研)と富士通は11月2日、共同で開発中の京速コンピュータ「京(けい)」において、LINPACK性能10.51ペタフロップス(毎秒1.051京回=10,510兆回の浮動小数点演算数)を達成したと発表した。

今回計測に用いた「京」のシステムは、864筐体(CPU数88,128個)をネットワーク接続した最終構成。実行効率は93.2%と、2011年6月に世界のスーパーコンピュータのランキングである第37回TOP500リスト(第1位)で登録した93.0%を上回った。

2011年8月末に864筐体全ての搬入・据付が完了したシステム最終構成について、基本動作の確認と設計性能を確認するために、10月7日から8日にかけてベンチマーク・プログラムである「LINPACK」を用いて性能計測したところ、10.51ペタフロップス、実行効率93.2%を達成。これらの結果を第38回TOP500リストに登録し、集計結果は、11月12日〜18日に米国ワシントン州シアトルで開催されるハイパフォーマンス・コンピューティング(高性能計算技術)に関する 国際会議SC11(International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis)で発表される。

 

プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/11/2-1.html

NEC、大規模クラウド向けシステム性能分析ソフトウェアの新製品発売

NECは、サイレント障害を自動検知するシステム性能分析ソフトウェア「WebSAM Invariant Analyzer(ウェブサム インバリアントアナライザー)」を大規模クラウド向けに強化した新製品「同Ver1.4」を発売開始した。

WebSAM Invariant Analyzerは、NECの独自分析技術により平常時に学習・モデル化したシステムの性能情報間に存在する不変関係の崩れから、サイレント障害(エラーメッセージとして現れない性能劣化)の検知・原因特定を行う製品。

Ver1.4では、データセンターの運用を自動化する「WebSAM vDC Automation」との連携によって、大規模クラウドでのリアルタイムな性能分析が可能となった。分析できるシステムの性能情報をVer1.3に比べ約30倍以上に拡大するとともに、大量データ分析時のボリュームディスカウント価格を設定し、大規模環境への導入コストを従来比80%低減した。

12月28日から出荷を開始。5,000カウンタを含む基本ライセンスは、希望小売価格1,150万円、月額保守料金12万5,000円(ともに税抜)。

あわせて、データセンターの運用を自動化する機能を統合したスイート製品「WebSAM vDC Automation」において、「WebSAM Invariant Analyzer Ver1.4」のシステム性能分析機能を有したオプション製品も発売する。これにより、サイレント障害の原因を発見する時間を高速化して運用コストを削減する。さらに、「WebSAM vDC Automation」を介して、IaaSのサービス管理を行う「WebSAM Cloud Manager」のポータル画面にサイレント障害発生のアラート表示することも可能となる。月額価格での提供も用意し、初期投資を抑えたシステムの導入が可能。

Ver1.4の特長は次のとおり。

1. 分析できるシステムの性能情報を拡大
分析可能なシステムの性能情報(CPU使用率、メモリ・ディスク使用量など)を従来の3万件から100万件に拡大。これにより、大量のIT・ネットワーク機器の性能情報を分析可能となり、大規模クラウド環境に対応。

2. 障害原因ランキングの精度向上
サイレント障害発生の要因を影響度の高い順にランキングする機能における、自動抽出するアルゴリズムを改善し精度を向上。これにより、原因箇所の特定にかかる時間を短縮。

3. 大規模クラウド環境への初期導入コストを低減
大量のシステム性能情報を分析する際に追加の導入コストを低減する、ボリュームディスカウント価格を設定。これにより、10万件の分析を行う場合、性能情報1件あたりの導入コストを従来比80%に低減。また、最小価格を従来比約1/3に抑えたエントリー版も発売し、システムのスモールスタートが可能。

 

プレスリリース
http://www.nec.co.jp/press/ja/1111/0201.html