やっぱ9月に利上げがあるかも


バラックです。

この週末、FRB関係者らさまざまな発言をしています。

フィッシャー FRB副議長
(9月利上げの)結論を出すのはまだ早いんでないの。
状況がどのように展開していくかを見極めてるよん。

ブラード セントルイス地区連銀総裁
9月利上げを引き続き支持するヨ。
でも、FOMC開催時も混乱が続いていれば先送りかもね。
でも、きっと収まってるんでないの。

ロックハート アトランタ地区連銀総裁
9月の利上げの可能性は五分五分だね。
市場が混乱している時は、じっとしてようよ。

メスター クリーブランド地区連銀総裁
米経済は小幅な利上げに耐える力はあるんでないの。
でも、FOMCまでに情報を精査しないとね。
今はまだ態度保留だよん。

というわけで、チャイナショック後の混乱を受け
一時後退していた9月の利上げ観測が、
特にフィッシャー副議長のビミョーな発言で
また少しぶり返してきた感じになっています。

要は、一時は消えかけた9月利上げの可能性が、
首の皮一枚で残っているのではないか、
と多くの人が考えているということです。

おそらく、今週末の雇用統計の結果に
ポジティブサプライズがあれば、
マーケットは大きく反応するのではないかと
思われます。

初心者の方に知っておいていただきたいのは、
相場は、「XXがYYになるんのではではないか」
という、市場参加者の勝手な思い込みで大きく動く
ということです。

実際にどうなるか、ということは関係ありません。
マーケットは、その時々のセンチメントで動く。
特に、今のようなセンシティブな状況下では
右往左往して大きく乱高下する可能性がある、
ということは覚えておいてください。

私の知人の初心者は、先日の乱高下の時に
大きく損失を出して、かなりヘコんでました。
あそこは、市場動向を押さえていれば
逆に利益を出せたはずなんですが。

ということで、米雇用統計です。
今回の事前予想値は、
22万人(非農業部門雇用者数)
5.3%(失業率)
だそうです。

その予想を上回るポジティブサプライズがあれば
やっぱ、FRBは9月に利上げするんじゃね、
と考える市場関係者が出てくるはずです。

あなたも、チャートの動きだけでなく、
現在のマーケットセンチメントを押さえた上で、
相場に臨んでください。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.31

【障害・メンテナンス情報】【障害 復旧済み】ネットワーク障害のお知らせ

2015年08月28日 16時00分
                                    2015年08月28日掲載

                    障 害 の お 知 ら せ

                                        Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         本日、提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生いたしました。

         ご利用中のお客様には多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと
         深くお詫び申し上げます。


                      < 記 >

          ■発生日時 : 2015年08月28日 午後15時53分 ~ 午後16時00分

          ■影響範囲 : FUTOKAレンタルサーバー全体

          ■障害内容 :データセンターにてネットワーク障害が発生し、
                一時的にサーバーへの接続が不安定な状態でしたが、
                現在は復旧しておりますので、通常どおりご利用いただけます。

     ----------------------------------------------------------------------------------------------

                                           以上

【障害・メンテナンス情報】【障害 復旧済み】ネットワーク障害のお知らせ

2015年08月28日 13時55分
                                    2015年08月28日掲載

                    障 害 の お 知 ら せ

                                        Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         本日、提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生いたしました。

         ご利用中のお客様には多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと
         深くお詫び申し上げます。


                      < 記 >

          ■発生日時 : 2015年08月28日 午後13時34分 ~ 午後13時43分

          ■影響範囲 : FUTOKAレンタルサーバー全体

          ■障害内容 :
           FUTOKAレンタルサーバー全体でネットワーク障害が発生し、
           一時的にサーバーへの接続が不安定な状態でしたが、
           現在は復旧しておりますので、通常どおりご利用いただけます。

     ----------------------------------------------------------------------------------------------

                                           以上

リスクオフの荒相場


バラックです。

前回、9月の利上げはないとマーケット参加者の
多くが判断すれば、ドル円は120円を割り込んでも
おかしくないと書きましたが、これを書いている
時点では、まさにそのとおりの展開になっています。

現在USD/JPYのレートは、200日移動平均線のある
119.700アラウンドです。

今回の急激なドル/円の乱高下は、中国が発端となった
世界同時株安を受けて

9月の利上げ観測後退によるドル売り
リスクオフによる円買い

という、2つの要素が重なったからだと思います。

そのため、ユーロもポンドもスイスフランも豪ドルも
皆、円に対して値を下げたのです。
その後、EUR/JPYだけは、何とか値を戻してきましたが。

さて、今回の相場の動きから、特に初心者の方に
覚えておいてほしいのは、以下の3点です。

① 相場は一瞬で乱高下することを知っておく。
② 相場にはオーバーシュートがあることを知っておく。
③ 逆指値注文は万全ではないことを知っておく。

①が起きる理由は単純です。
直近の安値とか、移動平均線やトレンドライン付近など
チャートポイントの前後には、ストップロスオーダーが
溜まっているからです。

今回のドル/円相場も、120円を割ったと思ったら、
いきなり大陰線を出して、116円台を割る寸前にまで
下落しています。
それは、ほんの数分間の出来事です。

多くの逆指値注文が発動し、売り注文が殺到したため
いきなりの大陰線となったわけです(たぶん)。

そして、そんな時はパニック状態でもありますから、
売りが売りを呼び、レートはとてつもない勢いで
急騰・急落し、結果的にチャートポイントからも
大きく逸脱して、オーバーシュートするのです。

で、覚えておくべき3点目として、そんな時は
ストップロスオーダが意味をなさないこともある
という、恐ろしい事実です。

どういうことかと言うと、逆指値注文というのは、
そのポイントを過ぎたら発動する成行注文だからです。

だから、相場がいきなり値を飛ばしたような場合、
逆指値で設定したはずのレートから大きく離れた
金額で注文が成立してしまうことがあるんです。
ローソク足が窓を空けだような場合です。

決して、自身の設定した金額で確実に注文が刺さる
わけではない、ということは覚えておいてください。

だから、ヤバそうな時は、一旦持ち玉を決済して
ポジションをスクエアにしておく勇気も必要なんです。

記憶に新しいスイスフランショックの時は
それで、破産した人がたくさんいたそうです。
アルパリという有名なFXブローカーも破綻しています。

乱高下が終わり、相場の方向性が見えて来てから
参戦を考えた方が、はるかに低リスクで確実に
利益を上げられるとは思いませんか。

結局、相場の世界で生き残ることができるのは、
すんなステディなマインドも持ち主なんです。
あなたも、クールでステディなトレーダーを
目指してください。

そうすれば、きっと勝てるようになります。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.25

夏枯れ相場の注意点


バラックです。

世界的な株安の影響もあり、相場が不安定です。
そして、19日に公開されたFOMCの議事要旨に
9月利上げを示す手掛かりがなかったことから、
ドルが値を下げました。

FRBのスタンスは、利上げは経済指標次第
というものですから、おそらく来週の相場は
以下の経済指標発表の都度、ドルが売られたり
買われたりするものと思われます。

25日(火) 新築住宅販売件数
26日(水) 耐久諸費材受注
27日(木) 四半期GDP(改定値)
28日(金) 個人消費支出

その間、ドル円のレートは、7月8日につけた
直近の安値120円台ミドルをサポートライン、
8月12日につけた直近の高値125円台ミドルを
レジスタンスラインにして、右往左往する
可能性があると思うので、要注意です。

29日(土)には、FRBのフィッシャー副議長が
シンポジウムでスピーチをするということなので
そちらにも注目しておきましょう。

その上で、9月の利上げはないとマーケット参加者の
多くが判断すれば、ドルは120円を割り込んでも
おかしくないと思います。
ちょうど、200日移動平均線が119円台ミドルに
あります。

そしてもちろん、再来週には雇用統計の発表が
控えているわけで、初心者の方の場合
一喜一憂する短期の相場に翻弄されるより、
ネタが出揃った後の大きなトレンドに乗る方が
ケガはないと思います。

はてさて、週明けの相場はいかに。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.21

アフィリエイトでも基礎が無ければ応用を身につけても意味が無い

「のり」です^^

 

 

本日は、「基礎」というキーワードについてです。

 

 

何においても大切な「基礎」でありますが、アフィリエイトをはじめとするネットビジネスにおいても「基礎」が無いと正直稼ぎ続けることはできません。

 

 

小手先のスキルで誤魔化して一時的に稼げても意味が無いって事ですね。

 

 

検索サイトのアルゴリズムの隙を突いて一時的に上位表示させるテクニックとかですね。

 

 

対策されてハイ終了です。

 

 

しっかりとしたSEO対策の基礎があれば、どんな対策されてもしっかりと対応出来るんですよ。

 

 

アフィリエイトをはじめとするネットビジネスに関する問い合わせを日々沢山貰いますが、切羽詰まった方が非常に多いですね。

 

 

切羽詰って焦って入る方ほど、この「基礎」をすっ飛ばして、「小手先で稼げる方法」や怪しげな「○○するだけで」みたいな案件に飛びついては騙されてるんですよね。

 

 

逆に純粋に

 

 

 

「まずは月に数万円」

 

 

 

と思って取り組む方は「基礎」をしっかりと学んでくれます。

 

 

この、月に数万程度・・・と考えて始められた方の多くの方は、税金の対策のことまで考えるようになるくらい稼げるようになっています。

 

 

焦る必要も無く、「基礎」をしっかりと身に付け「コツコツ」と3ヶ月、半年、1年と継続しただけです。

 

 

年間100万程度でしたら、ほぼ「基礎」だけで稼げます。

 

 

税金考えても手元に70万程度は残ると思います。

 

 

副業のお小遣い程度でしたら十分すぎる額だと思います。1日に1~2時間程度の作業ですからね。

 

 

1年後には1時間も作業しなくても同じレベルを保てます。

 

 

会社員として、月に30万~40万の給料を貰いながら、更に月に10万程度の収入がある。

 

 

正直、コレだけで一般サラリーマンより将来に対する金銭的余裕も精神的余裕も格段に上がります。

 

 

しかし、最近の意味不明なノウハウ提供者(俗に言う高額案件を提供する方)の殆どが、

 

 

 

「クリックするだけで月100万」

 

 

「ツール設置15分で報酬発生」

 

 

「1日5分」

 

 

「スキル不要、80歳のおじいちゃんでも・・・」

 

 

 

などという、低レベルな煽り文句をばら撒いた結果、情報を受ける側の感覚がマヒしているんですね。

 

 

そんな都合のいい話は無いです。

 

 

ネットの世界は何でもアリではないですからね。

 

 

確かに、月に100万、200万稼ぐ世界は普通に存在します。

 

 

しかし、上記のような煽り文句を真に受けるようでは、この世界にはたどり着けません。

 

 

逆に100万、200万と借金が膨れ上がる可能性さえ有ります。

 

 

高額案件の殆どが30万円とかですし、バックエンドで100万円とかというモノまでありますからね。

 

 

基礎を身に付け、そこから応用を活かし、知識やスキル、ノウハウをしっかりと身に付けた人がたどり着けるのです。

 

 

一度、このスキルを身につけると、例え全てを失っても1から数百万稼ぐ仕組みを作ることが出来ますからね。

 

 

仮に、私が今、持っているブログ、サイト、メルマガリストを全て失っても数ヶ月で普通に生活できるレベルまで稼ぐ仕組みを作れますからね。

 

 

このくらい、最初に入り口の「基礎」は大切なのです。

 

 

基礎、応用、を身につけると・・・

 

 

 

 昨日のアフィリエイトレポートです。

 

 

一つのアカウントで1日このくらいは簡単に稼げます。

 

 

インフォトップの別のアカウントやアドモールのアカウントを加えると1日に15万前後です。

 

 

このアカウントくらいの金額でしたら、しっかり「基礎」を学んで少し「応用」をするだけで誰でも出来るはずです。

 

 

 

何故出来ない人が殆どなのか?

 

 

 

答えは簡単です。

 

 

 

正しい方法を知らない。

 

 

たった数ヶ月すら継続できない。

 

 

 

この2点です。

 

 

正しい方法を毎日(初期段階は)継続するだけです。

 

 

ある時期が来たら作業量を半分程度にしても同じだけ稼げます。

 

 

高額コンテンツに無駄な投資をする前に、人生のうちの数ヶ月、本気で打ち込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ネットビジネスの「基礎」「応用」が学べる推奨教材!

 

 

物販アフィリエイトの「基礎」を徹底的に学べる最高の教材

⇒ IBAアフィリエイト講座

 

 

 

物販アフィリエイトから次のステップ!情報商材アフィリエイトの最強教材!

⇒ アンリミテッドアフィリエイト

 

 

 

最も即金性の高い転売における最高峰の教材!手厚いサポートが人気!

⇒ 訳アリ★イリュージョン

 

 

 

動画アフィリエイトで圧倒的に稼ぐなら!基礎から応用へステップアップも詳しく解説!

⇒ ギガ・チューブ

 

 

 

まだまだありますが、本当に「基礎」をしっかり学ぶなら、このあたりをおススメします。

 

 

徹底的に「基礎」を学んでみてください。

 

 

遠回りと感じる方法が実は一番の近道です。

 

 

以上、「のり」でした^^

 

 

隣の芝生”は危険な色


バラックです。

中国人民銀行が、人民元レートの切り下げを
発表した直後、ドル/円相場が乱高下したことは
記憶に新しいと思います。

その時の個人の持ち玉についての外為ドットコムの
情報が伝えられているので、ネット上の記事などで
ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

それによると、ドル/円が125円台に上昇した11日は
ショートポジションが前日の38.5%から47%へ上昇し、
123円台まで下落した翌日には、それが29.5%まで
低下した上で、ロング勢が前日の53%から70.5%に
上昇したそうです。

外為ドットコム総研の神田取締役は、
「米国の利上げが見通せる以上はドルは強いだろうと、
割と素直な予想に沿ってドルを押し目買いをしており、
彼ら(個人投資家)は非常に上手く立ち回っている。」
と話しています。

初心者の方が、こんな記事を読んで、
「フムフム、こんな風にすれば儲かるのか」
などと思ってはいけません。

なぜなら、米国の利上げが近いという不確定要素を
前提にした、逆張りトレードだからです。

11日に増えたショート勢の思惑は、
125円アラウンドの節目のポイントで跳ね返されて、
反転下落するだろう、というものだったはずです。

また、12日のロング勢は、
9月にも米国の利上げがあるのではないかと
言われる中、ドルの上昇トレンドは続くはずで、
一時的に123円まで下落したのであれば、
その辺で止められて、上昇に転ずるはずだ、
というものだったのではないでしょうか。

でも、そこには何の保証もなかったはずです。
競馬の予想が当たったようなものです。

こういった短期の動きに乗るのは、
当たればデカいがバクチと同じ、と考えて下さい。

相場は、短期的にはその時々の市場参加者の
刹那的な欲望や恐怖心で揺れ動きます。
ただし、それがどちらに向かうのかは、
神のみぞ知る、ということです。

東日本大震災の直後、日本経済に甚大な影響が
あるにもかかわらず、逆に円高に振れたことからも、
予想なんて、当たるとは限らないんです。

今回の話も、たまたま予想が当たっただけで、
それを、「上手く立ち回っている」
なんて言われても、困っちゃうんです。

初心者が、山勘の予想に基づいた短期の勝負を
仕掛けても、多くの場合、上手く行きません。

チャート分析に基づき、大きなトレンドに乗ることを
心掛けてください。
それが、トータルでの利益につながる一番の王道です。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.18

個人でレンタルサーバーを契約するにはどこのサーバーがいい?

個人でホームページをつくるためにレンタルサーバーを契約する方は多いと思います。

巷にはレンタルサーバーの情報が溢れ返っており、一体どのサーバーを使えばよいか?迷ってしまいますよね。

個人向けレンタルサーバーでは、さほど大きなシステム、大きなホームページを作ることは稀ですので、下記がポイントになるかと思います。

・価格が安い(大きな容量も必要はい)
・セキュリティーがしっかりしている。
・サポートが充実(できれば電話サポート)
・管理画面がシンプルで使いやすい(3~5個程度のドメインが設置できるサーバーなら尚良い)

ではないでしょうか。

具体的には下記のレンタルサーバーがお勧めです。



*

【第2位】ロリポップ

格安マルチドメインサーバー/初期費用1,575円 月額105円~
国内契約者数1位/累計110万人(公式HPより)>無料お試し10日間


【支持される理由】
月額105円~から導入できる日本屈指の格安レンタルサーバー。価格を重視したい方向け。初心者、小規模ホームページ向けホームページならこれ1契約で十分。105円~とは思えないスペック(容量、セキュリティ、アプリケーション)が充実。ワードプレス、ムーバブルタイプも簡単設置できるのが理由

人民元切り下げが意味するもの


バラックです。

いやぁ、しばらく体調を崩していたこともあり、
ブログの更新も止まったままでした。
ここへ来て、何とか少し元気も出てきたので、
また書きたいことをボチボチと書いてみたいと思います。

また、その間にメールやコメントを下さった皆様には、
返信もできず、大変失礼いたしました。

さて、今週は人民元の切り下げというサプライズが
マーケットを動揺させましたね。
初心者の中には、一連の関係がよく分からない
という方もいるのではないでしょうか。

そこで、この問題を少し整理しておこうと思います。

まず、今回の背景にあるのは、シャドーバンキング問題
ではないかと思います。

中国におけるシャドーバンキングというのは、
非正規の金融機関が金融当局の規制の外で行っている
高利の融資のことで、実はこのお金が不動産バブルの
元凶になっています。

ただ、バブル抑制のために金融引き締め(利上げ)を
行うと、リーマンショック以降落ち込んでいる中国経済が
さらに落ち込んでしまう危険性があります。

そうなると、国民の不満が爆発しかねないわけで、
政府としては、何とかしたいけど、手をこまねいて
見ているしかなかったのではないかと思います。
チョコチョコした手は打っていたようですが。

ただ、ここへ来てアメリカ経済が回復し始め、
ドルがじりじりと値を上げてきました。
単にドル高というだけなら何でもないわけですが、
ドルにペッグしている人民元も、当然のことながら
高くなってしまったため、7月の輸出に至っては
前年同月比8.3%もの減少となりました。

中国経済は、ニッチもサッチも行かなくなって
しまったわけです。

そこで、人民元を切り下げて輸出競争力を増し、
外需で経済成長を支えるしかない、ということに
なったんですね。

また、不動産に向かっていた投資マネーを
(元安で景気の良くなった)他分野へ分散させる
ことにもつながる、と考えたのかもしれません。
ま、無理でしょうけど。

では、それが私たちの日々のトレードにどんな影響が
あるのでしょうか。

まず、対中国の輸出が多い国が、人民元の切り下げで
交易条件が悪化するため、困ることになります。
その中には新興国も多いので、そんな新興国通貨を売って
ドルを買う動きにつながるはずです。

また、中国経済の減速を受け、原油などの資源価格も
下落しており、資源国の経済にはさらなる悪影響が
出るかもしれません。

思い浮かぶのは・・・、
資源国であり、また対中国の輸出比率が3割を占める
オーストラリアと、やはり資源国で同2割のブラジルは、
影響が大きいのではないかと思います。

豪ドルとブラジルレアルは要注意ですね。

さらに、9月にも実施されるのではないかと噂される
アメリカの利上げがあれば、高金利で運用されてきた
エマージェンシー通貨を売って米ドルを買う動きが
出てくるのではないでしょうか。

とりあえず台風一過、ドルもユーロも円も落ち着きを
取り戻してきたので、お盆明けの相場に注目したいと
思います。

来週以降、公的年金や米系ファンドの資金が
業績好調な日本株に流入するという話もあり、
そうなれば、下落した日経平均も元に戻ってくる
かもしれません。

当然、米系ファンドが日本株買いをする時は、
為替で円売りを仕掛けて、円安へのリスクヘッジを
するのが”お約束”ですから、ドル円は上昇に向かう
可能性があります。

いずれにせよ、ここしばらくは資源国通貨と新興国通貨は
避けて、メジャーカレンシーで相場に臨みたいと思っています。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.14

大容量のレンタルサーバーの評価をしました

法人などで大規模WEBサイトなど作るときは、大容量なレンタルサーバーでなければなりません。
近年、どこのレンタルサーバー会社の大容量なタイプが増えているため、YAHOO・楽天・アマゾンなどの超巨大レンタルサーバーでない限り容量不足になる可能性は低いと言えます。

ただ、それでも一旦WEBサイトを制作し、サービスを提供し始めてしまうとそう簡単にサーバーを変更することはできません。

そのため。大規模システムなどでレンタルサーバーを選ぶ時は、大容量だけでなく、法人向けレンタルサーバーをおすすめ致します。

お勧めの大容量レンタルサーバーは下記のサーバー会社がお勧めです。

*

ワダックス<大容量法人向けレンタルサーバー>

法人向け、サポート重視のサーバー/初期費用30000円 月額1,995円円~
朝10時~夜22時迄、電話サポート(フリーダイヤル)
>>徹底検証内容はこちら


マルチドメイン対応のレンタルサーバーを選ぶ基準

今回はマルチドメイン対応のレンタルサーバーをご紹介します。
マルチドメインとは、1サーバーで複数のドメインを設置できるレンタルサーバーです。

今でこそマルチドメイン対応レンタルサーバーという名前が認知度を上げてきましたが、つい4~5年前までは、マルチドメインサーバーというサーバーの種類が無かったほどです。

マルチドメインというカテゴリーを切り開いてきたのは、エックスサーバーです。
エックスサーバーは、サーバー1契約でドメイン無制限に設置できるという切り口で市場を開拓してきました。

このサイトでもエックスサーバーはお勧めしていますが、マルチドメインサーバーを選ぶ基準は下記のようになります。

1.とにかく安くてマルチドメインサーバーが欲しい方

ロリポップがお勧めです。
ロリポップならプランにもよりますが、複数ドメインを設定できます。
ロリポップの評価はこちら

2.比較的安定性・信頼性があって複数ドメイン・ホームページを作りたい方

エックスサーバー
ヘテムル
お名前ドットコム


がおすすめです。