ロリポップが支持される理由

用途・容量にあわせて様々なプランがあるので、「ちょっと始めてみたい…」という方にも「データをたくさん使うのでサーバー容量が多いほうがいい」という方にも、自分にぴったりのものを選べるのがロリポップのいいところだと思います。
また、サーバーのドメインは104種類もあり、しかもかわいいものが多いので女性の方にもお勧めですし、「かわいいのはちょっと…」という方には独自のドメインを選択することもできるので、会社のホームページがほしい!という方はこちらで会社名などを設定するのも覚えてもらいやすくていいかもしれません。
同じドメインでメールアドレスも使用できますし、ブログもついてきますので、わざわざ他のレンタルサーバーを使うこともなく、ログインも簡単。
初心者でもわかりやすいようにテンプレートを使用してつくることもできれば、タグやデザインの編集をイチから行うこともできるので、デザインにこだわりたい方もちょっとずつ勉強していきたい方も使いやすいと思います。
料金もコンビニ支払いやクレジット決済・振り込みなど選べるので、自分の都合に合わせて支払うことができて便利です。
私自身初めてホームページを作った時は違う無料サーバーでしたが、やはり無料だと広告が出てしまうのが難点でした。
ロリポップは他社からの引っ越しで初期費用が半額になるというキャンペーンがあり、しかもデータの移行も簡単に引き継いでくれるというので、そこからロリポップを使うようになりました。
Q&Aのページがすごく充実しているので、ある程度自力で解決できることが多いですが、唯一難点があるとすれば、問い合わせがチャット形式でしかないこと。
初めての人には、説明をするのは少し難しい場合もあるかもしれません。
データのバックアップも定期的に行ってくれていますが、会社などの場合はオプションでさらに頻度を高めてバックアップをとることもできますし、万が一の場合は、条件によりますが手数料を払えば復旧してくれることもあり安心して利用できると思います。

エックスサーバーの料金と各プランの特徴

数あるレンタルサーバーの中でも、特に人気が高く信頼を得ているのがエックスサーバーだ。

web関連の仕事をしている者にとって、同業他社の方とのレンタルサーバーの話題は頻繁にするが、エックスサーバーと契約をしている、という方も多いように感じますね。

そんなエックスサーバーの特徴は下記になります。。

1、バツグンのコストパフォーマンス
エックスサーバーの契約プランは全部で3つのプランが用意されており、どれも3か月、6か月、12か月の契約期間となっている。

例えば12か月の契約期間で、最も安いX10プランを契約すると、月額換算1000円でサーバーをレンタルすることが出来る。

6か月だと月額1100円、3か月だと月額1200円と言う風に、100円ずつ料金も上がる。

3つのプランの主な違いは容量で、X10だと200GB、X20だと300GB、X30だと400GB、という風に容量も多くなる。

上記で説明したように、もっとも安いX10の12か月契約だと、月額1000円で容量200GBもの大容量を利用することが出来るので、複数サイトを運営したりする場合でも充分な容量と言える。

ただしどのプランも初期費用3000円が必要。


2、サポート体制
コストパフォーマンスと同じくらい大切なのが、サポート体制だ。
自身が管理できない分、何か問題が発生してしまったときに頼ることが出来るのは、レンタル元の会社のみ。
そんなときの連絡手段がメールのみだと、実に心もとない。
その点エックスサーバーだと、平日の10:00~18:00に限定はされるが、電話での問い合わせが可能となっている。

そして実際に問い合わせてみたこともあるが、実に気持ちよく対応してくれた。


以上の2点が私が感じたエックスサーバーの感想で、具体的なデメリット等は今のところ感じたことはありません。

【障害・メンテナンス情報】【9/17】012.futoka.jp 設備メンテナンスに伴う一部サービス停止のご案内

2015年09月17日 18時55分
                                    2015年9月17日掲載

                  メ ン テ ナ ン ス の お 知 ら せ

                                       Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         以下の日程におきましてメンテナンスを実施いたします。
         それに伴い、サーバーを一時的に接続が不安定になる可能性がございます。
         期間中、ご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

         ご理解とご協力の程お願い申し上げます。


                       < 記 >

        ■作業日程:2015年9月18日(金) 午前7時30分 ~ 午前8時00分

        ■影響範囲:012.futoka.jp

        ■作業内容:データーベース(Mysql)サーバーのメンテナンス

        ■補足事項:上記作業時間内で最大10分程度、接続が不安定になる可能性がございます。

        ------------------------------------------------------------------------------------

                                          以上

さあ、FOMC


バラックです。

日銀の金融政策決定会合では、目新しい決定もなく
現状維持が決まりましたね。

海外勢の中には、サプライズの金融緩和を期待して
ドル売り円買いをしていた人もいたようですが、
そんなアテが外れ、東京時間では小幅な値動きに
留まりました。
(1円の動きを小さいというのも、何ですけど)

さて、16日~17日には、FOMCが開催されます。

今回の焦点は、何といっても”利上げ”なわけですが、
見事なまでに、予想が割れています。

中国経済の減速を考えると、今利上げに踏み切るとは
思えないですが、米国の経済指標だけを見ると、
「いつやるの? 今でしょ!」状態なんですよね。

で、考えておかなくてはいけないのは、
予想が割れている
ということなんです。

要は、こんな時のお約束ともいうべき織り込み作業が
あまり進んでいないんじゃないかと思われるわけです。

ということは、結果がどちらに転んだとしても、
短期的にはドル相場が少し大きめに動く可能性がある
ということです。

もちろん、これはただの推測ですから、
実際にどうなるかは分かりません。

でも、少なくとも、いつもよりは事前の織り込みが
少ないと思われるので、結果が出た後から参戦しても、
短期の動きに乗って、利益を上げられるのではないか
という淡い期待を抱いているわけです。

いつもは、ほとんど指標トレードはやらないんですが、
たまには、変わったこともしてみたいと思う
きょうこの頃です。

さて、結果はいかに。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.09.15

日経平均急反発で円安のワナ


バラックです。

きょう、突然円が売られ、
「すわ、トレンド発生か」
などと思われた方がいるかもしれません。

中国財務省が、積極的な財政政策実施の方針を
発表したことを受け、株価が反発したからですね。

FX関連本には、
「FXではファンダメンタルズ分析は役に立たない」
と書いてあるものが多いので、初心者の方の中には
チャートの動きだけを追いかけてしまう人もいると
思います。

そうすると、
「なぜ相場が動いたのか」
という理由を考えないクセがついてしまいます。

でも、相場が動く時は、動く理由があります。
また、その時々に押さえておかなければならない
主要テーマもあります。

今現在のそれは、米国の利上げのタイミングです。
直近の米経済指標からは、それが読みとれないんです。

9月に利上げがあるのか。
12月にずれ込むのか。
それとも年明けまで見送られるのか。

の判断がつかないんです。
だから、16日~17日に開催されるFOMCまで、
相場を張る材料がない、ということです。

で、材料がないから、今回の騒動の震源地である
中国の動きで短期的に株価が上下し、それにつれて
為替相場も上下に振れている、といった感じです。

だから、相場に動きがあったとしても、
トレンド発生などと考えない方がよいということです。

相場が動いたら、その背景を考えてみる。
大きな材料があったのか、材料がないから別のネタを
エクスキューズにして、刹那的に動いただけなのか。

そんなことを気にするようになると、
急な動きに飛び乗ってやられることがなくなります。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.09.09

【障害・メンテナンス情報】【障害 復旧済み】サーバー接続障害のお知らせ

2015年09月9日 15時50分
                                    2015年09月09日掲載

                    障 害 の お 知 ら せ

                                        Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         本日、提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生いたしました。

         ご利用中のお客様には多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと
         深くお詫び申し上げます。


                      < 記 >

          ■発生日時 : 2015年09月09日 午後15時50分 ~ 午後15時57分

          ■影響範囲 : FUTOKAレンタルサーバー 002.futoka.jp

          ■障害内容 :
           「002.futoka.jp」にてサーバー接続障害が発生し、
           一部のお客様がサーバーに接続できない状態でしたが、
           復旧作業が完了いたしましたので、現在は通常どおりご利用いただけます。

        ----------------------------------------------------------------------------------------

                                           以上

【障害・メンテナンス情報】【9/8】メンテナンスに伴うサービス停止のご案内

2015年09月4日 15時20分
                                    2015年9月4日掲載

                 メ ン テ ナ ン ス の お 知 ら せ

                                       Rebyc株式会社

        平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

        2015年8月28日にデータセンターで発生いたしましたネットワーク障害に関して、
        データセンターにて、以下の日程でネットワーク設備復旧工事を実施いたします。
        それに伴い、各サービスのご利用が一時的に停止する場合がございます。

        ご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
        ご理解とご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。


                       < 記 >

        ■作業日程:2015年9月8日(火) 午前2時00分 ~ 午前5時00分

        ■影響範囲:FUTOKAサービス全体

        ■作業内容:ネットワーク設備復旧工事

        ■補足事項:上記作業時間内で最大10分程度を数回、
              各サービスの利用が停止する場合がございます。

        ------------------------------------------------------------------------------------

                                          以上

FXと株式とのチャートの違い


バラックです。

先日、株式投資を少しやっている、という方から
チャートの見方についてのご質問を受けました。

よく、株もFXもローソク足や移動平均線など
チャートの読み方は同じだ、と言われています。

確かに、基本はまったく変わりませんし、
移動平均線のパラメータ設定などでも、
たとえば週足では13週と26週を利用するなど
多くの人が、株式相場と為替相場で同じものを
利用しています。

ただ、すべてが同じというわけではありません。
株式にはあってFXにはないものがあるんです。

それは、”出来高”です。

出来高というのは、取引されている株数のことで、
数値が大きい = 取引量が多い
ことを意味します。

だから、この出来高を見れば、取引が活況なのか
チョボチョボなのかが分かるのです。

そして、ローソク足の形やチャートパターンが
トレンド転換を示唆するものだった場合、
出来高を伴っていれば、多くの人がそちらに向かって
走り出している、という判断ができます。

たとえ、トリプルトップやダブルボトムの形に
なっていたとしても、出来高がチョボチョボなら
大きな力は働いていないことが見て取れるんです。

だから、株式投資の世界では、この”出来高”に
注目することで、チャートリーディングの
精度を高めることができるのです。

一方、FXにはこの出来高はありません。
取引のボリュームが掴めないんです。

米国商品先物取引委員会のCFTC建玉明細で
数日遅れのデータを見ることはできますが、
リアルタイムに取引量を知ることはできません。

1,000億円程度の資金を運用しているプロが
世界に100人や200人くらいはいるそうですから、
そのうちの誰かが、取引が少ない8月とか12月に
勝負を仕掛けてくれば、トレンド転換もどきの
値動きをでっち上げることもできます。

FXのブレイクアウトにダマシが多いのは、
そんなことも影響しています。

だから、
ストップロスは必ず入れて損失を最小限に抑える。
何度ダマシに遇ってもメゲない。
ホンモノのトレンド転換では、徹底的に利大を狙う。
夏休みやクリスマス中は、積極的に玉を建てない。

私たちにできるのは、こんなところでしょうか。

さあ、明日はいよいよ米雇用統計発表です。
ここでポジティブサプライズがあれば、
薄れていたはずの9月利上げ観測が再燃し
(本当に利上げがあるかどうかは別として)
一時的に相場を動かすかもしれませんね。
注視しましょう。

Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.09.03

ヤフービジネスエクスプレスはSEO対策に有効か?

ヤフービジネスエクスプレスですが、SEO対策に効果あるか?ないか?は諸説様々ありますが、経験側からいうと新規ドメイン、運用履歴があたらしいサイトには有効です。
特に新規ドメインはバックリンクがないため、YAHOOからのリンクはとてつもない効果を表します。
ただ、ある程度運用履歴がたったドメインに対しては、すでにGOOGLEから評価も高まっており、さほど効果があらわれないといったのが現状だと思います。