エックスサーバーは法人でも利用可能でしょうか?

server_01

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社というの老舗のレンタルサーバー会社です。です。
エックスサーバーの特徴としては、法人の場合でも十分に使用することができる高速運用・機能性、さらに、安定した動画です。
ディスク容量についても基本的に100GB以上で利用することができます。
また、安い料金で、優れたコストパフォーマンスの共用サーバです。
レンタルサーバーを初めて使用する場合に、エックスサーバーを使用する場合も多くあるようです。
また、ホームページを中小企業や個人事業主で開設する場合にも便利です。
安定稼働をある程度目指しているため、ビジネスで使用する場合でも十分に利用することができます。
最大のエックスサーバーの特徴は、高速かつ安定で、優れたコストパフォーマンスであることです。
共用サーバの場合でも、高機能で高稼働率のものを希望する場合におすすめです。
エックスサーバーを利用している人の評判もよく、契約が10万件以上も2013年の時点においてあるようで、個人事業主から法人まで人気が幅広くあるようです。




エックスサーバーが支持される理由は?

エックスサーバーを利用しているユーザーは多くいるそうです。
では、エックスサーバーを利用しているユーザーはどのように思っているのでしょうか?
ここでは、エックスサーバーを利用しているユーザーのいくつかの声について見ていきましょう。
充実したサービス・機能があるにも関わらず、安い料金で利用することができ、コストパフォーマンスが素晴らしいです。
レンタルサーバーをいくつも今まで利用してきましたが、安定がエックスサーバーのようにしているものはありませんでした。
快適に、不具合やストレスもなく利用できているため、非常に重宝しています。
マルチドメイン無制限ということが、やはりエックスサーバーの特徴でしょう。
ドメインを複数持っているため非常にうれしいです。
スピードもサーバーは速く、サービスについてもいいです。
快適なサーバーで、1日以内にほとんどサポートも返ってくるため、心配なく利用することができます。
ドメインを取る場合に、無料でドメイン・サブドメインの追加ができるため非常に感謝しています。
簡単に追加がサーバーのパネルからできるため便利です。

コストパフォーマンスが高いことが、エックスサーバーの特徴です。

エックスサーバーは200GBの大容量、ウエブメールサービスやアクセス解析などのサービスの高機能のものを、1,000円~(税抜)の月額料金で利用することができます。

また、安定性が抜群であることと、快適なストレスを感じないような速度も一つの特徴です。

ハイスペックの快適な環境が、エックスサーバーの特徴です。

96GBの大容量のメモリ、最新のパフォーマンスが高い16コアCPUを搭載したサーバーを採用、直接自社において運用・保有管理を実施しています。

さらに、ユーザー数のサーバーの1台に収容するものを一定数に制約することによって、低くCPU負荷を維持し、サイトの運営を安定してできるようになっており、大容量のバックボーンが、エックスサーバーの特徴です。

国内大手の電源、防災、空調システムが整っているデータセンターにサーバーを収容して、高速バックボーンのトータルで約232Gbpsというような快適な環境を提供しています。

また、50%の利用率を目途に、帯域を随時増大しているため、ネットワーク帯域を十分に常に確保して、快適・安心に利用することができます。

個人向けのレンタルサーバーはロリポップで十分

一般人が個人でWEBサイトを立ち上げる時に極端に良い性能が必要になる事はまれです。
そこである程度の機能やデータ容量が扱え価格の安いレンタルサーバーを探しましたが、その結果たどりついたのがロリポップのレンタルサーバーでした。
ロリポップレンタルサーバーは月々のレンタル料が安く個人で利用する分には十分なスペックです。。

一番安いプランだと月額100円で10GBの転送量40GB/日で、テキストや画像をベースとしたWEBサイトであれば十分です。
月額250円のプランにすれば容量が50GBで転送量も60GB/日になりワードプレスも利用可能で、国内のワードプレスを利用できるレンタルサーバーの中ではかなり安価な部類でした。

日本向けのサービスなのでサポートなども日本語対応です。
海外のレンタルサーバーでは日本語でのサポートがない場合も多いため日本語利用できる事は大きなメリットで、当然日本の法律に準じて運営されていますから、法律の関係で国内のサーバーを利用できないようなコンテンツの場合は利用をあきらめましょう。

海外レンタルサーバーよりも国内レンタルサーバーの方がおすすめ

国内サーバーのメリットとしては、サポートは日本語で行ってくれる、運営が日本の国内の法律に則って行われている、テキストコンテンツが文字化けするようなリスクはない、海外サーバーに比較して決済する手段がいろいろある、などが挙げられます。

国内サーバーのデメリットとしては、通貨価値が単純に違っていることや、激しい価格競争の違いがあると考えられるが、機能が同等のものでも海外サーバーに比較して価格のサービスが高くなる、海外に顧客の多くがいるケースでは、地理的なサーバーの距離が遠くない方が有利に接続スピードがなる可能性がある、日本においては設置が難しいようなコンテンツを置くことができることがある、顧客に対して海外へ展開することを検討しているようなイメージを与える恐れがあるかもしれない、などが挙げられます。

やはり海外レンタルサーバーでは上記のような日本では当たり前のことが当たりまえではないため、中小企業ホームページでは国内レンタルサーバーの方がおすすめできます。

CsideNet利用者の口コミ・評判

全国を飛び回りながら日本の特徴或る風景や人物像などの写真を趣味にしている、自称・セミプロ写真家です。 他にも風景イラストや自称名画と称する動画を毎度配信して、自主独立のWEB配信経営者です。
ところで、以上のような目的でレンタルサーバーは現在まで3件の利用をしてきましたが現在ではCsideNetを利用しています。
此方は現在はサーバー会社としては中堅どころで事務所も東京の千代田区3番町というところに構えているので信用も置けるようです。
実は当初にレンタルサーバーを借りたのは、500円/月ぐらいという安さが自慢のサーバー屋さんでしたが、飽くまでも個人でやっていた方らしく、いつの間にか連絡が途絶えて解散してしまったようなのです。 

次に利用したのがKangaweb.comというレンタルサーバーでした。
此方は1年ぐらいは順調に経過して利用していましたが、時折、定額料金の他にいきなり数千円の近く追加料金の請求がきたり、其のうち転送量が増えるに従って可なり重たい状態になり、問い合わせしても満足な返事が得られない状態でした。
元より転送量が上がることで限界があったようで、やはり、月々の支払い元よりが安いレンタルサーバーでしたので転送量に限界がきたのでしょう。 そんな事で3番目の現在使用しているのがCsideNetということになったのです。

レンタルサーバーで大事な事は、アクセス数が其れなりに増えても、画像などの転送量が増えても追加料金などが発生しない事でしょう。 
其れに基本料金は1,000/月以下から転送量を考慮して予算的には1,000から2,000円程度を考慮する事です。
そして、3番目に選んだCsideNetというサーバー屋さんは事業規模や事務所のあり方からも信用できそうで、何より、問い合わせ時の応答がシッカリしていて、休日以外には概ね24時間以内には返事や処理をスムーズに行ってくれる事でした。

優れたレンタルサーバーの条件は?

最もおすすめのレンタルサーバーは、個人だけでなく、中小企業が利用する場合でもスペックが十分で、しかも料金が安いため、優れたコストパフォーマンスのレンタルサーバーであると言えます。
そのため、高い信頼度であることも人気が高い理由です。
安定してスピードも速く、初めての場合でもよく分かるように充実したヘルプ・マニュアルがあり、分かりやすい管理画面になっています。
無制限のマルチドメインで、余裕が容量もあり、使い勝手が非常にいいサービスで、この料金でこのスペックを利用することができるのは驚きです。
初心者だけでなく、上級者や中規模の法人・商用サイトが利用しても満足することが可能でしょう。
もう少し料金が安いレンタルサーバーを選択したい場合には、ウエブサイトを構築した経験によってレンタルサーバーを分類したようなサイトもあります。
これ以外にも、多くのおすすめのレンタルサーバーはあるため、必要な予算・スペックなどによって選びましょう。

【障害・メンテナンス情報】【障害 復旧済み】「015.futoka.jp」サーバー接続障害のお知らせ

2016年02月21日 14時10分
                                    2016年02月21日掲載

                    障 害 の お 知 ら せ

                                        Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         本日、提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生いたしました。

         ご利用中のお客様には多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと
         深くお詫び申し上げます。


                      < 記 >

          ■発生日時 : 2016年02月21日 午後10時55分 ~ 午後14時06分

          ■影響範囲 : FUTOKAレンタルサーバー 015.futoka.jp

          ■障害内容 :
           「015.futoka.jp」にて断続的にデーターベースサーバーが高負荷状態となり、
           データベースサーバーの接続障害が発生しておりました。
           一部のお客様がデータベースに接続できない状態でしたが、
           復旧作業が完了いたしましたので、現在は通常どおりご利用いただけます。

        ----------------------------------------------------------------------------------------

                                           以上

海外サーバーに比べた場合、国内サーバーのメリット

海外サーバーに比べた場合、国内サーバーのメリットについてご紹介しましょう。
応答速度については、中継点が少ないので、応答速度が遅いとユーザーが感じる場合はあまりありません。
接続不良については、中継点が少ないので、不具合が起きることはあまりありません。
初心者の場合でも利用することができるように、サービスが分かりやすくなっています。
円安や円高に影響されるようなことはありません。
海外サーバーの場合、レンタルサーバーを利用する料金が、円高の場合は安くなりますが、円安の場合は高くなります。
海外サーバーに比べた場合、国内サーバーのデメリットについてご紹介しましょう。
機能の高いサイトを制作する場合、海外専用サーバーであれば対応することができますが、国内サーバーの場合には、限定されていたり、対応されていなかったりするサービスがあります。
海外サーバーに比較した場合、価格が同じであれば、海外サーバーの方が割合性能が高い場合が多くあります。

さくらインターネットマネージドサーバ導入者の口コミと評価

ある地方都市の外郭団体に勤務しており、パソコンやホームページなどのインフラ関係を担当しております。
契約しているサーバーはさくらインターネットのマネージドサーバです。サーバー代としては、高めの部類に入ると思うのですが、1台専有のレンタル型なので納得です。機能も十分で単にメールサーバーやWEBサイトなどで使用するのは、もったいないレベルです。
実際は、WEBサイトを4件運営しておりますが、内1つはHTMLページでPHPのプログラム有りのサイト、他3つはWORDPRESSで運営しております。MYSQLも複数稼働させても全くストレスは感じません。
なぜ、高価なマネージドサーバを選んだかと言うと、市役所本体とデータを共有する必要があり、もちろんメールでは添付できる量、内容ではありません。
VPNでネットワークを構築し、サーバーを置いたり、クラウドなど検討しましたが、安全性、導入のし易さ、イニシャルコストなど総合的に考え、WebDavが充実しているこのサーバーを選びました。総合評価は4(5点満点)です。

国内サーバーと海外サーバーのそれぞれのメリットとデメリット

レンタルサーバを利用する場合、国内サーバーと海外サーバーがあります。
では、国内サーバーと海外サーバーのどちらを利用する方がいいのでしょうか?
海外サーバーの場合は、英語に全てなっているため、英語が理解できるかどうかがまずは国内サーバー、海外サーバーを選ぶ一つの基準です。
国内サーバーと海外サーバーのそれぞれのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

国内サーバーのメリットとしては、日本語でサポートしてくれる、転送スピードについては多く国内の顧客がいる場合は速い接続スピードになる、データを緊急時に取り戻すことが簡単である、ということが挙げられます。
国内サーバーのデメリットとしては、高い維持費であることが挙げられます。

一方、海外サーバーのメリットとしては、価格帯が同じ場合は機能や自由度が優れている、反応スピードについては多く海外の顧客がいる場合は速い接続スピードになる、安い利用料である、ということが挙げられます。
海外サーバーのデメリットとしては、信頼性が高くない、中継点が多いため転送スピードが遅い、ということが挙げられます。

手軽なロリポップレンタルサーバー

一般人が個人でWEBサイトを立ち上げる時に極端に良い性能が必要になる事はまれです。
そこである程度の機能やデータ容量が扱え価格の安いレンタルサーバーを探しました。
結論から言ってロリポップレンタルサーバーは月々のレンタル料が安く個人で利用する分には十分なスペックだと感じます。

一番安いプランだと月額100円で10GBの転送量40GB/日となっています。
テキストや画像をベースとしたWEBサイトであれば十分です。
月額250円のプランにすれば容量が50GBで転送量も60GB/日になりワードプレスも利用可能になります。
国内のワードプレスを利用できるレンタルサーバーの中ではかなり安価な部類と言えます。

日本向けのサービスなのでサポートなども日本語対応です。
海外のレンタルサーバーでは日本語でのサポートがない場合も多いため日本語利用できる事は大きなメリットです。
当然日本の法律に準じて運営されていますから、
法律の関係で国内のサーバーを利用できないようなコンテンツの場合は利用をあきらめましょう。

「知る」から「やる」への行動のスピードの重要性

「のり」です^^

 

 

ネットビジネスでもリアルビジネスでも同じ事が言えますが、「知る」までにかかる時間は平等であり同じです。

 

 

一流と二流の違いは「知る」から「やる」への時間が圧倒的に短いのです。

 

 

一流の人は「知る」とほぼ同時に「やる」に移ります。

 

 

二流の人は「知る」から「やる」までに時間がかかります。

 

 

実は、二流の方はこの部分に気がついていません。

 

 

「やる」のが遅いと思っているのではなく「知る」のが遅かったと思っているのです。

 

 

教材を購入して「知る」事で満足してしまっている方が非常に多いです。

 

 

「稼ぐ」事が目的のはずが、「知る」事が目的になってしまい、「やる」に移ることが出来ないのです。

 

 

教材を購入して実践する前に色々と質問してくる方がいます。

 

 

「実践されていますか?」

 

 

と質問すると

 

 

「実践しようと思っているのですが、不安で・・・。」

 

 

という返信が多いですね。

 

 

「今から実践します」

 

 

という人は高い確率で成功します。

 

 

 

「今」

 

 

 

です。

 

 

実践しようと思っている時間は無駄であり、勿体無いです。

 

 

思っていて稼げるモノではないですからね^^

 

 

やってみないと不安は解消されません。

 

 

一流の人でも当然不安はあります。

 

 

しかし、実践することでこの不安を解消します。

 

 

ダラダラと考える時間を持ちません。

 

 

その時間は何も生み出しませんからね。

 

 

考えれば考える程「迷い」が生まれます。

 

 

その「迷い」がどんどん貴重な時間を奪います。

 

 

 

「不安」→「迷い」→「時間の浪費」→「更なる不安」→「行動できない」

 

 

 

最悪の負のスパイラルに巻き込まれます。

 

 

 

「不安」→「行動(実践)」→「不安の解消」→「実績」

 

 

 

この流れが大切であり、この積み重ねが一流へ繋がります。

 

 

不安で迷っていても解決には繋がりません。

 

 

「知る」から「やる」への時間短縮を心がけていきましょう。

 

 

例えば私の無料レポート

 

⇒ 月収100万円へのステップアップ

 

 

ですが、現時点で600人ちょっと位の人が手にしています。

 

 

レポートを知ってから実際の行動を移した方はしっかりと結果を出し始めていますし、初期に始めた方は既にセカンドステップでの報酬も上げ始めています。

 

 

どこかの下品なオファーじゃないですから、

 

 

 

「実践者全員稼がせた」

 

 

 

なんてことは当然ありえません。

 

 

ただ、実践された方は高い確率で報酬を得ています。

 

 

 

『不安』から『迷い』では無く『行動(実践)』

 

 

 

そうすれば、自然と不安はなくなります。

 

 

『迷い』の時間ほど無駄なものはありません。

 

 

お金を稼ぐ時間はどんどん減っているのです。

 

 

常に残された時間は減っていると意識しましょう。

 

 

行動が早ければ他の人より多くの事が実践出来ます。

 

 

実践できる回数が多ければ成功する可能性は当然高くなります。

 

 

10回実践した人が成功できなくても、日々時間短縮を意識して11回実践できた人が11回目で成功することもあります。

 

 

 

1分、1秒の積み重ねです。

 

 

 

人生のカウントダウンのタイマーは常に減っています。

 

 

『知る』から『やる』のスピードを意識していきましょう。

 

 

以上、「のり」でした^^

 

 

エックスサーバー株式会社というレンタルサーバー業者の老舗のレンタルサーバーです。

エックスサーバーというのは、エックスサーバー株式会社というレンタルサーバー業者の老舗のレンタルサーバーです。
エックスサーバーの特徴としては、法人の場合でも十分に使用することができる高速運用・機能性、さらに、安定した動画です。
ディスク容量についても基本的に100GB以上で利用することができます。
また、安い料金で、優れたコストパフォーマンスの共用サーバです。
レンタルサーバーを初めて使用する場合に、エックスサーバーを使用する場合も多くあるようです。
また、ホームページを中小企業や個人事業主で開設する場合にも便利です。
安定稼働をある程度目指しているため、ビジネスで使用する場合でも十分に利用することができます。
最大のエックスサーバーの特徴は、高速かつ安定で、優れたコストパフォーマンスであることです。
共用サーバの場合でも、高機能で高稼働率のものを希望する場合におすすめです。
エックスサーバーを利用している人の評判もよく、契約が10万件以上も2013年の時点においてあるようで、個人事業主から法人まで人気が幅広くあるようです。

エックスサーバーは無料お試しの10日間を有効に使おう

エックスサーバーはレンタルサーバーの中でも非常に評判が高いので、初めての方にとっても、信頼度の高いサーバーの会社だとは思います。だから、いきなり使っても問題は生じづらいと思いますが、エックスサーバーでは無料でお試しできるサービスが用意されているので、これを是非使ってみると良いでしょう。10日間だけになりますが、料金を支払って契約した場合とほぼ同様の状態でサーバーを使えるので、実際にそこにホームページやブログを作って、更新していくことも可能です。10日以内にどれかのプランを選択して料金を払わないと、そこで作ったホームページやブログは使えなくなってしまいますが、とりあえず10日間試しに使ってみると、確実にエックスサーバーに対する信頼が掴めると思うので、非常におすすめになります。エックスサーバーで必要な1ヶ月分の料金は業界ではそれなりに高い方に入るので、失敗をしないために事前に確かめておきたい部分とかもあるでしょうし、そういう不安なところを10日間の間にチェックして問題ないと分かれば、いざ契約をしてみれば良いのです。契約をしてしまえば、無料お試し中に作ったホームページやブログもそのまま利用できますから。全てのレンタルサーバーの会社がこういう風なサービスを提供しているわけではないので、初めての方にも優しく配慮が行き届いているという点は評価できると思いますし、エックスサーバーの評判を上げている一因にもなっているのではないでしょうか?

私はさくらのレンタルサーバ・スタンダードを使用しています。

私はさくらのレンタルサーバ・スタンダードを使用しています。すでに10年くらい使用していると思います。
 独自ドメインも持っていますがさくらのレンタルサーバ・スタンダードでは一つのサーバを複数のユーザで共有している事によっていくつか制限があります。root権限でのプログラムのインストールなどはできません。Ruby on Railsのインストールも出来ませんでした。ネット上にはインストールして動作させることが出来ているという記事もありましたが私にはうまく出来ませんでした。ruby自体は標準でインストールされています。
 年間5,142円はそこそこ高い、とは思うのですが、わざわざ比較して安いものを探そうという気にもなりません。サーバ上で5つくらいのWordPressを使用しているので、サーバを変更するためにデータベースの移行やwordPressを移行しなければならないことを考えるとその手間が大変です。ですからよっぽどの値上げをされないかぎりはこのままさくらのレンタルサーバを使用し続けると思います。

エックスサーバーは16コアのCPUと96GBのメモリを積んだ高速

エックスサーバーはプロの利用にも耐えうるパワフルなレンタルサーバーです。
利用できるDBの数は50個または70個と膨大で、大規模なサイトも運営可能です。
また、それを処理するハードも16コアのCPUと96GBのメモリを積んだ高速な物ですし、火事や地震への対策やデータの自動バックアップなど、信頼性を高める工夫もしっかりと行われています。
また、転送量による追加料金の請求がありませんから、月々のコストの見積もりも簡単です。
利用面でも、PHP7をはじめとした多くの言語に対応し、よく使われるWordPressなども缶単に利用できるような配慮がされています。

このように素晴らしいエックスサーバーですが、さすがに「万人におすすめ」というわけにはいきません。
たとえば、毎月の最低コストはすこし気になる部分です。
エックスサーバーの費用は、最安の「X10」プランなら月額1,000円(税抜き)と決して高くはないのですが、世の中にはより制限が厳しい代わりに、さらに安いプランを用意しているレンタルサーバーもあります。
あまりハードな利用を想定していないのなら、そうした安価なレンタルサーバーのプランの利用も検討すべきでしょう。
しかし、ある程度以上の利用が見込まれれる場合には、やはりエックスサーバーが有利となります。

この問題を含め、レンタルサーバーには実際に使ってみるまでわからないことも多いものです。エックスサーバーは10日間無料で試すことができますから、まずはこれで使い勝手や利用状況を調べてみるのも良いでしょう。

エックスサーバーはデータベースが最大50個使用可能

レンタルサーバー選びにおいて特に重要なのが、データベースの要素です。

そこが特に優れているのがエックスサーバーになります。エックスサーバーはデータベースが本当に多くて、1つの契約をするだけで、最大で50個ほどのホームページやブログが持てることになります。

データベースっていうのは、作成するサイトやブログの単位に該当し、50個のデータベースが持てるということは、それだけの数のサイトやブログを作成できるに等しいのです。

何個持てるか?についてはプランによりますが、1番多いので50個となっています。
今後サービスの変更で増える可能性もありますが、たいていの場合では50個あれば十分という方が多いでしょう。特にWORDPRESSを利用する方も多いのですが、これは複数使いたいという方も多くなっています。

2個以上作成する場合には新規にまた契約をしないといけないと思っている方も一部いるようです。しかし、エックスサーバーの場合にはそんなことはありません。

1つの契約で50個のデータベースが最大使用可能ですから、1人が1つ契約をしてしまえば、使用可能な範囲に限っては、好きなだけWORDPRESSを作成して、そこで運営ができるということになるのです。本当に便利な部分になると思いますから、今後レンタルサーバーを契約するうえで、複数のサイトやブログを運営したいと思っている場合には、1番おすすめなのはエックスサーバーになるのではないでしょうか?

エックスサーバーは運営が休まないのがポイント

レンタルサーバー選びにおいて、特に重要だといわれているのが、サポート体制です。
ここがしっかりしているところを選ばないと失敗するかもしれないという意見はよく聞きますが、まさにその通りでしょう。特にレンタルサーバーの利用自体が初めての方はたくさんいるはずですが、そういう人にとっては料金などの目立つポイントよりも、よりもこちらの方が全然大切な場合も多いと思います。

というのも、レンタルサーバーを初めて使う人は、かなりの確率で自力では分からない部分が出てくるからです。そして、それを運営側に質問する機会が恐らくあるでしょう。それはいつになるか?分からないわけです。


だから、困ったことがあった場合に、それがどんなタイミングで来るか?分からないので、いつ来ても良いような体制のレンタルサーバーが望ましいとなります。それはエックスサーバーのような365日24時間いつでも運営が働いているようなところになるでしょう。

こういった世界に詳しい人以外は、間違いなく運営に質問をしたりする機会が少なからずあると思います。それがたまたま休みの日だったりすると、回答がくるまでに数日かかったりするかもしれませんが、それだと遅すぎる場合もありますから、365日24時間常に運営につながるエックスサーバーは、いつトラブルが起きても大丈夫なようになっているということです。
どうでも良いような部分に感じるかもしれませんが、利用してみるとそのありがたさに気付くかもしれません。

ヤル気の見せ方はスピード

「のり」です^^

 

 

一流と二流ではヤル気の見せ方が違います。

 

 

 

「ヤル気は誰にも負けません!」

 

 

 

と言われても「ヤル気」は目に見えて確認出来ません。

 

 

問い合わせでも、

 

 

 

「ヤル気はあります。」

 

 

 

「本気です」

 

 

 

 

と想いを永遠に書かれている方が多いですが、それではヤル気は伝わりません。

 

 

書くことで満足してしまう感覚になってしまうのです。

 

 

あまり良いことではないです。

 

 

 

ヤル気の見せ方は結局「スピード」でしかないのです。

 

 

 

 

「ネットビジネスで稼ぎたいので、推奨されている『訳アリ★イリュージョン』を購入しました。」

 

 

 

コレがヤル気です。

 

 

例えが購入を促すような書き方ですが、極端な話こういうことなんです。

 

⇒ チャンスは早い者勝ち

 

 

 

コチラでも書いていますが、結局スピードなんです。

 

 

「訳アリ★イリュージョンは本当に稼げますか?」

 

 

この質問をもらっても、レビューを見てください。としか回答できないのです。

 

 

全てレビューに書いていますからね^^

 

 

このやり取りが既にチャンスを逃しているのです。

 

 

メールの回数とかでヤル気が伝わるものではないです。

 

 

リアルビジネスでも同じですよね?

 

 

 

『提案書の分厚さ』や『手土産』や『挨拶』

 

 

 

これらではヤル気は見られません。

 

 

一流の人は、訪問時に

 

 

 

「実はこういったものを持ってきております。」

 

 

 

こう切り出せるのです。

 

 

ネットビジネスに関わらず、こういったところを意識することでリアルビジネスでの評価も変わってくるでしょう。

 

 

以上、「のり」でした^^

 

 

急騰・急落に乗るべからず


バラックです。

先週、日銀によるマイナス金利導入という
サプライズ発表があった際には、
ドル/円は一気に3円も動きました。

そしてきょうは、アメリカで発表された
1月のISM非製造業総合景況指数の結果が
予想を下回ったことから、一気にドル/円が
元のレートまで戻されました。

そんな大きく動いた相場を後から眺めながら、
これに乗っておけば大きく儲かったはずなのに
と思うのは、まぁ、人情です。

ただ、それは競馬の万馬券を当てるようなもので、
安定的に利益を上げる、という目的から考えると
あまりよいトレードとは言えません。

なぜかというと、まずそんな急騰・急落時には
注文が約定しないことが多いからです。

約定したとしても、不利なレートで注文が通る
というのが“お約束”です。

で、その直後には、利確決済による揺り戻しが
あることが多いので、初心者は、たいていそこで
やられてしまうわけです。

私たち個人投資家がやるべきことは、
大きなトレンドに乗ることです。

このような大きな動きがあった場合は、
その相場の動きが、その後のトレンドになるかどうか
を見極めることが大切です。

そして明日は、米雇用統計の発表を控えています。
相場はそこでまた大きく動くかもしれませんし、
株価の動向も注視しておく必要があります。
原油相場も同様です。

ちなみに、日本の株価が下落した背景には、
中東の原油マネーが、原油安を受けて
日本株を大量に売却したことが大きく影響した
と言われています。

様々なニュースに目配せしながら、
落ち着いてトレードすることが大切です。

そして、急騰・急落に後からついていく
というのは、ケガの元だということを
忘れないでください。
私たちが気が付いた時には、すでにパーティは
終わってるからです。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.02.04

【障害・メンテナンス情報】【2/8】メンテナンスに伴うサービス停止のご案内

2016年02月2日 17時50分
                                    2016年2月2日掲載

                 メ ン テ ナ ン ス の お 知 ら せ

                                       Rebyc株式会社

          平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

          以下の日程におきましてメンテナンスを実施いたします。
          それに伴い、サービスを一時的に停止させていただきます。

          期間中、ご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
          ご理解とご協力の程お願い申し上げます。


                       < 記 >

          ■作業日程:2016年2月8日(月) 午前2時00分 ~ 午前5時00分

          ■影響範囲:FUTOKA共用サーバー 005.futoka.jp
                           006.futoka.jp
                           007.futoka.jp
                           008.futoka.jp

          ■作業内容:サーバーメンテナンス

          ■補足事項:上記作業時間内で最大15分程度サービスが停止いたします。


        ------------------------------------------------------------------------------------

                                          以上