私はイラストレーターです。ポートフォリオサイトを自作しています。

私はイラストレーターです。ポートフォリオサイトを自作しています。

最初はTumblrやJimdoを使って簡単に作る方法も考えましたが、ポートフォリオサイト自体も自分の作品だと考えて、自分なりのオリジナルサイトを作成しました。まず最初にぶち当たった悩みはhtml言語とcssが全く理解できないということでした。ですので、最初は文章の下に画像を貼り付けただけのような、本当に簡素なホームページとなってしまいました。

初期の頃はcssの存在自体よくわからなかったので基本的なhtmlのみで構成していた、というのがそうなってしまった要因だと思います。cssに出会い、知識を得たことでホームページのデザイン性は飛躍的に向上しました。一方で、cssはとても複雑でどんなことでも出来るという印象があり、デザインの自由度が高すぎてどうして良いのかわからなくなってしまった、という新たな悩みを抱えることになりました

。ホームページ作成、特にcssを使ってサイトを作る時には、あらかじめ自分の作りたいサイトのデザインをしっかり考えて紙に起こしておくのが、とても大切だと実感しました。

ホームページ制作は大変面白いです。

ホームページ制作は大変面白いです。自分の趣味や感性をオンラインで発表して多くの方の支持を得る事h今後の時代において大変重要な事故実現の方法です。

このようなページ制作を通じて事故実現を図る事は大変重要な事です。

現代ではこのようなビジネスも全盛の時代です。多くの方がインターネット等で商品の購入を行ったりしながら自分のライフスタイルをどんどん楽しんでいます。ホームページ制作はパソコンやITに関する知識に加え、マーケティングやデザイン性の学習等、大変多岐にわたる知識が必要となるのです。

まずは最低限HTMLやCSSを学習しましょう。これはそれ程難しい知識ではありません。参考書やオンラインで動画で学習をすすめる事でどなたでも、自分の時間を有効に使って学習を行えます。まずは習うより慣れろの感覚で徹底的にタグを書いていきましょう。段々とレイアウトや配色のコツが見えてきます。

一通りのコツやノウハウがわかったら後はどの分野に特化したサイトを制作していくかです。最近ではオンラインショップを構築したいと考える方が大変多いはずです。このような方はまずはアクセシビリティやユーザビリティに関してきちんとした理論を学んでいきましょう。

人が見たくなるサイトとはどのようなサイトなのかをきちんと考える事でより快適な自分らしいサイトをどんどん構築していく事ができるのです

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります。

なにぶん初めてだったので極力お金をかけるのは避けたいと思い無料のサーバーで無料のドメインではじめました。ホームページをはじめて作った時から数年がたったころ突然、そのサーバーの会社が潰れてしまいました。

無料のドメインの場合その会社がなくなるとドメイン自体も継続して使用することができなくなるため一からやり直さなくてはならなくなりました。

そのためつながりのあったホームページへURL変更の連絡をしなければならなくなったりバックリンクが無意味なものになってしまったのです。また、一からホームページを立ち上げるとなるとアクセス数も減ってしまったのです。

今思えば最初から独自ドメインでしっかりとしたレンタルサーバーを選んでおくべきでした。最初は右も左も分からないので知識のある方のアドバイスをしっかり聞いておく事がとても大切だということが分かりました。

ホームページ作成に必須のバージョン管理について

ホームページ作成に必須になってしまったもののひとつにバージョン管理があげられるかと思います。

そうです。gitです。プログラマーの間では当たり前だったのですが、いつの間にかデザイナーやフロントエンドエンジニアも使うのが当たり前になったように感じます。

gitというのは何かというと、先に書きましたがバージョン管理ツールのことで、作業の履歴をとることができるツールのことです。これを使ってホームページ制作している最中のデータの履歴を取っていくんです。

バグがあったとしても途中のデータを呼び出して戻したり、途中のデータからどのように変更を入れたのか確認をとったりすることができます。また複数人で開発するといったこともできます。

こういうツールがあるとホームページ制作の効率が大幅にあがります。もし何かあったときにも前のデータに戻したりできますので安心です。

gitをGUIで使えるようにするアプリもありますので、黒いコンソール画面が苦手な人も安心です。使ったことない人にはぜひ試してみてもらいたいですね。

Adobeのホームページ作成ソフトDreamweaverCS6を使用してみました。

Adobeのホームページ作成ソフトDreamweaverCS6を使用してみました。

このソフトはAdobeのマスターコレクションを買うと付属品のようについてくるソフトウェアです。

長らくほったらかしにしてたのですが、ウェブサイトを作る必要性が出てきたので使ってみた次第です。値段が高額なだけあり、プロ仕様でかなり豊富で様々な存在します。

ホームページ・ビルダーのように好きなテンプレートからサイトを作成することもできます。また、htmlやcssの入力補助機能も充実しておりますので、一からサイトを組み上げる際も非常に便利です。

ただ、機能がとにかく豊富で複雑なので、ある程度ホームページ作りの経験がないと、使いこなすまでには中々時間が掛かりそうに思えます。

慣れると本当に色々できるソフトで、他のソフトウェアを圧倒する性能を誇っています。これ一つ覚えればそれだけで仕事になるほどなので、ホームページ作成ソフトの一つの頂点と言えるのではないでしょうか。

はじめてホームページを作成しようとする人が注意したほうがよい点をまとめてみました。

ホームページを作ることはとても難しいです。今はSNSなどの利用が多くてホームページを作成する人は減ってきているかもしれません。

はじめてホームページを作成しようとする人が注意したほうがよい点をまとめてみました。

ホームページ作成を独学で勉強して作ることも可能です。しかし今はスタイリッシュで見栄えの良いサイトが好まれます。

そういったスキルを身に付けるには時間がかかります。

そのためプロに制作を依頼するのも一つの方法です。

またHTMLを自分でも少しは勉強しておくとちょっとした修正ぐらいなら自分でできます。例えば見出しのキャッチコピーを目立たせたいのでH2タグからH1にしたいとか。どこをどう探せば修正したいタグが書いてあるかも勉強して知っておくといいでしょう。

初心者の人がホームページを作成するときの注意点は自分でできることを知ってプロにお願いするところは依頼してそのかたわらで少し作成する技術を学ぶことが大切です。

ホームページ作成をする際にPreprosというソフトを良く使っています

ホームページ作成をする際にPreprosというソフトを良く使っています。最近のホームページ作成では、直接生のCSSを書くと言ったこともなくSassといったメタ言語を利用して最終的にCSSへコンパイルするということがほとんどです。

その方が効率化が図れるからなのですが、そのコンパイルの作業が面倒なんですよね。タスクランナーといってそういった処理を自動化するCUIアプリも色々とあって、ある程度の規模のものになるとそっちを使っているのですが、本当にちょこっとしたものを作るといった程度ですとその設定すら面倒に感じてしまうんです。

そこでPreprosの登場です。GUIのタスクランナーなのですが、プロジェクトを画面上にドラッグ&ドロップするだけでおおまかな設定をしてくれて完了です。

はい、おしまいといった感じです。もちろんLiveReload機能もついていますから、ホームページのHTMLやSCSS(CSS)を書き換えたら即時にブラウザ上の表示を変えてくれます。細かい設定もGUI上からすることが可能です。

以前は同様のソフトでCodekitというものを利用していたのですが、それがMac専用でしたので、Windowsへ環境を乗り換えたのと一緒にPresprosに乗り換えました。とてもお手軽に使えてオススメですね。

無料のサーバーで無料のドメインではじめました。

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります。

なにぶん初めてだったので極力お金をかけるのは避けたいと思い無料のサーバーで無料のドメインではじめました。

ホームページをはじめて作った時から数年がたったころ突然、そのサーバーの会社が潰れてしまいました。

無料のドメインの場合その会社がなくなるとドメイン自体も継続して使用することができなくなるため一からやり直さなくてはならなくなりました。そのためつながりのあったホームページへURL変更の連絡をしなければならなくなったりバックリンクが無意味なものになってしまったのです。

また、一からホームページを立ち上げるとなるとアクセス数も減ってしまったのです。

今思えば最初から独自ドメインでしっかりとしたレンタルサーバーを選んでおくべきでした。最初は右も左も分からないので知識のある方のアドバイスをしっかり聞いておく事がとても大切だということが分かりました。

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります。

ホームページを作るにはレンタルサーバーを借りる必要があります。

なにぶん初めてだったので極力お金をかけるのは避けたいと思い無料のサーバーで無料のドメインではじめました。ホームページをはじめて作った時から数年がたったころ突然、そのサーバーの会社が潰れてしまいました。

無料のドメインの場合その会社がなくなるとドメイン自体も継続して使用することができなくなるため一からやり直さなくてはならなくなりました。

そのためつながりのあったホームページへURL変更の連絡をしなければならなくなったりバックリンクが無意味なものになってしまったのです。また、一からホームページを立ち上げるとなるとアクセス数も減ってしまったのです。

今思えば最初から独自ドメインでしっかりとしたレンタルサーバーを選んでおくべきでした。最初は右も左も分からないので知識のある方のアドバイスをしっかり聞いておく事がとても大切だということが分かりました

さくらサーバーは、数々の多くのプランを選ぶことができて、料金が高くなるほど使える機能が増えていきます

sakura

 

初心者が何かしらのサイトを運営する上で、検索エンジンでできるだけ長く上位表示させるためにはやはり、レンタルサーバーを借りて本格的に運営しなければいけません。

レンタルサーバーはたくさんありますが、私がおすすめするのはさくらサーバーと呼ばれるレンタルサーバーです。

さくらサーバーは、数々の多くのプランを選ぶことができて、料金が高くなるほど使える機能が増えていきますが。

サイトを運営する上では最低限の機能を扱うだけで十分だと私は考えています。ですのでさくらサーバーならスタンダードプランという下から数えて2番めのプランがオススメです。したから数えて2番めと聞くとあまりいい印象を受けないかもしれませんが、サイト運営で必要な動作が速い、サーバーが重たくならないといいう最低限の機能は備わっていますので、初心者にとってはこの程度の機能でも十分お釣りがでるくらいさくらサーバーのスタンダードプランはオススメなのです。

年間5000程度で扱うことができるので初心者にとってもとてもオススメだといえます。マルチドメインの数が20個と限りがありますが、サイトを複数運営するとしても2~3個程度でしょう。そういった意味で、さくらサーバーのスタンダートプランはオススメなのです。

私はXSERVERを利用していました。

xserver

 

私はXSERVERを利用していました。
もう2年くらい前の会社で使っていたのですが、おすすめです。
メーリングリストも管理画面から簡単に作成できますし、DNSのレコードも管理画面上から設定できます。
インフラがあまり強くなくて、見た目で直感的にわかるのがXSERVERかな、と思います。

価格もそれほど高くなくて、今はわかりませんがプランもいろいろ選べたと思います。
FTPのアカウントも複数作れますし、IPの制限もできたはずです。

個人的にはメールサーバーとして使っていましたね。
他にもレンタルサーバーがいくつかありますが、安心感もありXSERVERを選びました。
Googleやアマゾンなど、クラウドのサーバーもありますが、料金的なことを考えてもそれほど変わらないと思います。
サポートも充実していますので、私も不明点あればカスタマーサポートなどに電話したり、メールで問い合わせたりしましたが、親切丁寧に対応していただけますので、そのあたりも良いかと思います。

有名どころを比較した結果、私が選んだのは「エックスサーバー」です。

xserver

 

私はウェブサイトを複数運営しており、サーバーもレンタルしています。
レンタルサーバーといってもたくさんの種類があり、すべてを比較するのは骨の折れる作業です。
まずは自分がサーバーをレンタルして何がしたいのかを考え、ある程度候補を絞ってからじっくり選択することをおすすめします。

私の場合は自身のブログや様々なジャンルに特化したウェブメディアの運営を考えていたので、複数のサイトを管理・展開するのにベストなサーバーを選びました。
有名どころを比較した結果、私が選んだのは「エックスサーバー」です。
ウェブサイトはWordPressで運営しているので、WordPressの自動インストール機能があるサーバーを優先し、容量はもちろん、1つのサーバーで複数のドメインを運営できるマルチドメイン機能なども比較対象でした。

実際に比較したレンタルサーバーは「さくらインターネット」や「ロリポップ」などです。
単純に月額費用重視で比較すると、エックスサーバーよりもこれらのサーバーの方が安いプランがあったりもします。
しかし前述したような条件で比較すると、エックスサーバーは容量が大きかったりマルチドメイン無制限やデータベース作成可能数で圧倒的に高機能だったのです。
月額1080円~と他社と比べるとやや高額ですが、費用対効果を考えると全く気にならないレベルです。

実際にエックスサーバーを導入して数年使用した感想として、エックスサーバーにして本当によかったと思っています。
それは基本スペックもそうですが、セキュリティー対策の面でも安心感があるからです。
一時期外部からのウイルスによるアタックが流行っていたことがあったのですが、ロリポップがサーバーダウンして撃沈しているときでもエックスサーバーは全く問題ありませんでした。
スパム対策への動きが速いのもポイントが高いところです。

数字で表れない部分も含めてエックスサーバーは信頼できるレンタルサーバーですし、特に私のように1つのサーバーで複数のサイト運営を考えている人にとっては本当にお勧めのレンタルサーバーです。

有名どころを比較した結果、私が選んだのは「エックスサーバー」です。

xserver

 

私はウェブサイトを複数運営しており、サーバーもレンタルしています。
レンタルサーバーといってもたくさんの種類があり、すべてを比較するのは骨の折れる作業です。
まずは自分がサーバーをレンタルして何がしたいのかを考え、ある程度候補を絞ってからじっくり選択することをおすすめします。

私の場合は自身のブログや様々なジャンルに特化したウェブメディアの運営を考えていたので、複数のサイトを管理・展開するのにベストなサーバーを選びました。
有名どころを比較した結果、私が選んだのは「エックスサーバー」です。
ウェブサイトはWordPressで運営しているので、WordPressの自動インストール機能があるサーバーを優先し、容量はもちろん、1つのサーバーで複数のドメインを運営できるマルチドメイン機能なども比較対象でした。

実際に比較したレンタルサーバーは「さくらインターネット」や「ロリポップ」などです。
単純に月額費用重視で比較すると、エックスサーバーよりもこれらのサーバーの方が安いプランがあったりもします。
しかし前述したような条件で比較すると、エックスサーバーは容量が大きかったりマルチドメイン無制限やデータベース作成可能数で圧倒的に高機能だったのです。
月額1080円~と他社と比べるとやや高額ですが、費用対効果を考えると全く気にならないレベルです。

実際にエックスサーバーを導入して数年使用した感想として、エックスサーバーにして本当によかったと思っています。
それは基本スペックもそうですが、セキュリティー対策の面でも安心感があるからです。
一時期外部からのウイルスによるアタックが流行っていたことがあったのですが、ロリポップがサーバーダウンして撃沈しているときでもエックスサーバーは全く問題ありませんでした。
スパム対策への動きが速いのもポイントが高いところです。

数字で表れない部分も含めてエックスサーバーは信頼できるレンタルサーバーですし、特に私のように1つのサーバーで複数のサイト運営を考えている人にとっては本当にお勧めのレンタルサーバーです。

様々な商品を比較した上でお勧めなのは、「エックスサーバー」です。

xserver

 

レンタルサーバーは、品質を選ばなければ、すごく安価な料金で借りることが出来ます。例えば月額100円でのレンタルできる商品などもあります。

格安レンタルでも用途によっては構わないのですが、様々な商品を比較した上でお勧めなのは、「エックスサーバー」です。

月額料金は、1000円と若干お高めですが、高速、多機能付きのレンタルサーバーとしては、申し分ありません。

SSHまで使えて、マルチドメイン・メールアドレス無制限なので、使い勝手は、非常に良いので、重宝します。

例えば、マルチドメインの場合、複数のドメイン設定ができるようになっていますし、ある程度の経験者の方だと、ドメイン設定は、それほど難しくありませんので、マルチドメイン無制限というレンタルサーバーは、魅力的です。

また、レンタルサーバーを選択する時の重要なポイントは、安定性です。実際に借りてみて、借りる前に期待していた機能や性能が不足していたり、コントロールパネルが全然使えなかったりしたら、サーバー機能に問題が出てきます。

さくらインターネットの一番のメリットはレンタルサーバ関連の申込みがすべて完了することです。

sakura

 

いろいろなレンタルサーバを利用してきましたが、一番のメリットはさくらインターネットでレンタルサーバ関連の申込みがすべて完了することです。

レンタルサーバを利用する場合、独自ドメインやSSLなどを使用することが多いと思いますが、それらが全て同じ画面上で申込みから設定まで完結するのは迷いませんし、支払いも一カ所で済むので大変に楽です。

さらにさくらインターネットの利用者は多いため、さくらのレンタルサーバを使用したTipsがネット上に多数公開されています。

例えば、私が開設しているサイトではWordpressを使用していますが、設置から設定、修正方法に至るまで、さくらインターネット特有の癖なども含めて、様々なサイトがあり、それらを参考にしながら構築することが出来ました。

上手く行かないケースでもたいてい解消方法がまとめられていますので、解決までの時間が短縮できます。

そして、コストパフォーマンスが一番良いと思います。安かろう悪かろうではなく、値段とサーバの反応速度などのバランスが一番取れていると感じました。サポート対応もなかなか良いですし、5年ほど使用していて一番お薦めできるレンタルサーバです。

Adobeのホームページ作成ソフトDreamweaverCS6を使用しています。

Adobeのホームページ作成ソフトDreamweaverCS6を使用してみました。このソフトはAdobeのマスターコレクションを買うと付属品のようについてくるソフトウェアです。

長らくほったらかしにしてたのですが、ウェブサイトを作る必要性が出てきたので使ってみた次第です。値段が高額なだけあり、プロ仕様でかなり豊富で様々な存在します。ホームページ・ビルダーのように好きなテンプレートからサイトを作成することもできます。

また、htmlやcssの入力補助機能も充実しておりますので、一からサイトを組み上げる際も非常に便利です。ただ、機能がとにかく豊富で複雑なので、ある程度ホームページ作りの経験がないと、使いこなすまでには中々時間が掛かりそうに思えます。

慣れると本当に色々できるソフトで、他のソフトウェアを圧倒する性能を誇っています。これ一つ覚えればそれだけで仕事になるほどなので、ホームページ作成ソフトの一つの頂点と言えるのではないでしょうか

私のお勧めするホームページ作成ソフトは『ホームページビルダー20』です

私のお勧めするホームページ作成ソフトは『ホームページビルダー20』です。今年7月に個人塾を開業する予定なのですが、それにあたりホームページを作成することにしました。

ホームページ作成に関する知識(HTMLやCSS)は全く持ち合わせていないため、ガイドブックが売られているソフトはないか、書店に足を運びました。

他社のガイドブックはあまり見当たらず、『できるホームページビルダー20(インプレス)定価1500円』が売られており、分かりやすそうでしたのでそちらを購入しました。

その後ソフトを購入したのですが、ガイドブックは中に入っていましたので、購入する必要はありませんでした。

さて、実際に使ってみた感想ですが、ホームページ作成に必要な知識はなくても、ガイドブックの解説で色の付いた枠で囲まれている部分を読むだけでも大まかな作成方法は理解することができました。細かな部分についてはガイドブックだけでは理解できない箇所もありましたが、いろんなところをクリックして経験を積み重ねるとそれ程難しい作業ではなかったです。現時点(6月)でホームページはほぼ完成しましたので、後は公開するのみとなっています。

他社にも付いているサービスかは不明ですが、ホームページビルダー20には無料電話サポートがガイドブックに付いていました。参考になさって下さい。

【障害・メンテナンス情報】【障害 復旧済み】017.futoka.jp サーバー障害のお知らせ

2016年05月10日 07時00分
                                    2016年05月10日掲載

                    障 害 の お 知 ら せ

                                        Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         本日、提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生いたしました。

         ご利用中のお客様には多大なご迷惑をお掛けしていること
         深くお詫び申し上げます。
                      < 記 >

          ■発生日時 : 2016年05月10日 6時50分 ~ 9時25分

          ■影響範囲 : FUTOKAレンタルサーバー 017.futoka.jp

          ■障害内容 :
           「017.futoka.jp」にてサーバー障害が発生し、
           サーバーへの接続が不安定な状態でした。
           サーバー機器が故障しておりましたので一部機器交換を行い復旧いたしました。
          ----------------------------------------------------------------------------------------

                                           以上

【障害・メンテナンス情報】【障害】017.futoka.jp サーバー障害のお知らせ

2016年05月10日 07時00分
                                    2016年05月10日掲載

                    障 害 の お 知 ら せ

                                        Rebyc株式会社

         平素よりFUTOKAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

         本日、提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生いたしました。

         ご利用中のお客様には多大なご迷惑をお掛けしていること
         深くお詫び申し上げます。
                      < 記 >

          ■発生日時 : 2016年05月10日 6時50分 ~ 

          ■影響範囲 : FUTOKAレンタルサーバー 017.futoka.jp

          ■障害内容 :
           「017.futoka.jp」にてサーバー障害が発生し、
           サーバーへの接続が不安定な状態です。
           サーバー機器が故障しており現在復旧作業中です
          ----------------------------------------------------------------------------------------

                                           以上

私がさくらレンタルサーバーと契約する理由

sakura

 

初心者が何かしらのサイトを運営する上で、検索エンジンでできるだけ長く上位表示させるためにはやはり、レンタルサーバーを借りて本格的に運営しなければいけません。

レンタルサーバーはたくさんありますが、私がおすすめするのはさくらサーバーと呼ばれるレンタルサーバーです。

さくらサーバーは、数々の多くのプランを選ぶことができて、料金が高くなるほど使える機能が増えていきますが。サイトを運営する上では最低限の機能を扱うだけで十分だと私は考えています。

ですのでさくらサーバーならスタンダードプランという下から数えて2番めのプランがオススメです。

したから数えて2番めと聞くとあまりいい印象を受けないかもしれませんが、サイト運営で必要な動作が速い、サーバーが重たくならないといいう最低限の機能は備わっていますので、初心者にとってはこの程度の機能でも十分お釣りがでるくらいさくらサーバーのスタンダードプランはオススメなのです。年間5000程度で扱うことができるので初心者にとってもとてもオススメだといえます。

マルチドメインの数が20個と限りがありますが、サイトを複数運営するとしても2~3個程度でしょう。そういった意味で、さくらサーバーのスタンダートプランはオススメなのです。

私がロリポップを練習用サーバーとして契約しています。

lolipop

 

インターネットってどういうものなんだろう、ホームページってどういうものなんだろうと、とりあえず一番安く使えるサーバーを探して、契約して早4年です。

ライトプランで契約しており、容量は50GBで月々250円という安さです。

初めにHTMLを練習し、次にWordPressを入れてマルチサイトの構築までできましたが、あくまでも練習用なので公開はしない設定になっています。

ただ、4年も経っているんだと思うと、他に移る必要もなかったようです。

mySQLが使えるのでデータベースの中を見たり、ほかにもPHPを勉強するときにも便利でした。

最近は必要な書類をアップしておき、外出先で必要な時に人に見せたりもしています。
ちょっと本来の目的とそれますが一番役立っています。

メールの設定をしてみたり、WebDavやECサイトってどんなものかを試したりもできます。本番ではないので気軽に試せるところが気に入っています。

Bizメール&ウェブビジネス口コミと評判

server

私は、NTTコミュニケーションがやっているレンタルサーバの「Bizメール&ウェブビジネス」ライトと契約しています。

導入したきっかけは、NTTコミュニケーション(OCN)が現在のプロバイダーだったからということと、レンタルサーバーを契約してホームページを運用していますが、PHPを使用しています。

こちらのレンタルサーバでは、PHPが対応しているという事も決め手でした。実際に1つのホームページですので、それほど容量も必要ないですし、メールアドレスもこちらのプランでは、10個まで作成できます。それで充分です。現状満足しています。

特別な機能をレンタルサーバーに求めているわけではないので、最低限の機能を価格との折り合いになるかなと思います。

不満な点として、レンタルサーバーのコントロールパネルのページが薄い青文字を使用したページなので、見ずらいです。